スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#173 国道303号、金居原バイパス
~国道303号、金居原バイパス~


昨年の11月14日に、岐阜県の揖斐郡郡揖斐川町坂内地区(旧坂内村)と滋賀県木之本町を結ぶ、国道303号八草バイパスと金居原バイパスが開通した。1994年に開始されたこの事業、実に14年もの年月と130億円もの工事費が費やされての完成という。その結果、これまで離合困難な道を延々と走って峠(八草峠)越えで結ばれていた両地区がわずか十数分で行けることになり、さらに冬期でも閉鎖されることなく、一年中通行できるようになった。国道303号線は、もう‘酷道’などという、ありがたくない呼び名で呼ばれることもなくなったのである。


先日この道を走りに行ってみた。このバイパスの巨大な陸橋から見える土倉鉱山跡を確認したかったからである。まだ完成していない頃に見たこのバイパス上からの土倉鉱山選鉱場跡は、夏の暑い日ということもあり覆い繁る木々の緑にわずかにのぞくという感じであった。そして訪れたこの日は雪の降る、冬真っ盛りの日。積もる雪がまだまだ少ない中で木々の緑もほとんどなく、選鉱場のむき出しのコンクリートの柱が細かく降る雪のベールの向こうに霞みながら遠く確認することができた。

そういえば雪の中の土倉鉱山跡を見るのは初めて。土倉の冬には、雪との戦いの歴史がある。‘あわ’と呼ばれる表層雪崩に多くの犠牲者を出し、冬の恐怖と戦い続けてきた土倉の人々の生活も、過ぎてゆく年月とともに今は全国に散ったかつての土倉の町の人々の記憶の中に生きるだけとなりつつあるのだろうか。ここから見える静けさの中のわずかな‘土倉’からは、その白い恐怖を想像することはできない。伝え聞いただけの者と、その恐ろしさを目の当たりにした者とは、同じ景色を見ても全く違ったものに見えるのは仕方のないことかもしれないが、この地で多くの尊い命が雪の下に消えていったことを、決して忘れることなく伝えていきたい、など考えたりする。

この金居原バイパスの巨大な橋脚の下にはもう一つ忘れてはいけない、失われた多くの尊い命がある。昭和34年の伊勢湾台風の時に発生した山崩れで犠牲になった人たちである。この時の救助にあたられた、本サイトの自由帳「わがふるさと土倉鉱山」の白川雅一氏が、以前にお話をうかがった時に当時の様子を50年たった今でも昨日のことのように生々しく語られたのが大変印象的であった。また現在広島に在住の土屋様からいただいた手記の中にも、当時の様子が鮮明にえがかれており、その悲しみの大きさと失われた命の重さを大いに感じたりしたものだ。バイパスの橋脚に隠れるかのように、今も犠牲となったその地には慰霊碑が残り、当時の思いを静かに今に伝えてくれているのである。

完成したこのバイパス。訪れたこの日は雪ということもあり、すれ違った車は10台にも満たなかった。どれほどの車が今後通ることになるのかは知らないが、この道を通る時に「ここにかつて鉱山の町があり、多くの人々の暮らしがあり、ドラマがあった。」ということを少しでも多くの人たちが感じてくれればと思う。ふと通り過ぎる何気ない風景の中にも多くの泣き・笑いがあるのである。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
スポンサーサイト
【2009/01/12 06:51】 | | page top↑
#133 山間の狭路で
~山間の狭路で~

山深き地の山村や廃村、林道などを好きで訪れるようになって15年、その間様々な道を訪れた。通常山間部の道は、山深く入って行くほどに細くなってゆく。そしてそういった所では車一台通るのがやっとという、極端に幅の狭い道が延々と続くというのも珍しいことではない。まあ大抵は適当な所に待避所があり、対向車が来た時にはどちらかがそこまで下がればすれ違うことができるのではあるが‥。と言っても、細い道をバックで何十メートル、何百メートルと下がってゆくなど、できることならばしたくないものだ。こういった所は山間部ゆえ坂道も多く、またガードレールがない所も多い。さらに路肩はゆるく崩れそうで、場所によっては植物が覆って路肩の判別がつきにくいこともある。一歩間違えば転落事故となってしまう、危険いっぱいの所なのである。

対向車と出くわした時、まず待避所の位置を確認する。自分の近くにあるなら、下がるなり進むなりしてそこで対向車をやり過ごす。こういう所ですれ違う車の多くは地元の一般車や工事関係、林業関係の車両、できるだけ迷惑はかけたくないものだ。だから、明らかに対向車のほうが待避所に近いという時以外は「こちらから下がるもの」という姿勢を持つようにしている。お互いがそのような気持ちであるならば、出くわした時など、一旦停まって互いに位置を確認した後に待避所に近い方が気をきかして下がってゆくことになるので、何のトラブルも起きず嫌な思いをすることもない。

ところが最近これで嫌な思いをすることがやたら多い。明らかに自分の車が待避所が近く相手が待避所から遠く離れているという状況がわかっているのに、全くお構いなしで突っ込んでくる車が目立つのである。自分が待避所に入って待とうという気など、ハナから無いのである。結局こちらが延々とバックすることになる。相手はほんの数メートル下がればいいだけなのだが‥。土日など特にこの傾向が強く感じられるのは、外部からの車が多いからなのだろうか。そういえば、このような状況で相手が下がりこちらが譲ってもらったという記憶はここの所ほとんどない。唯一、ダンプやトラックなどの工事車両が積極的に譲ってくれるという印象があるだけだ。そういう時は、さすがにプロだなぁと思ったりもする。

先日、奈良県境に近い三重県の美杉という所を訪れた。そこへ向かう峠の手前付近の数キロが大変細いクネクネ道となっている。さっそく、対向車があった時に備えて‘延々とバックをする’心の準備をする。やがて対向車が現れた。こちらは少し対向車と離れてると思いながらも待避所で待つ。しかし相手はこちらにやって来ない。少し待ったが車は来ない。相手が待避所で待ってくれているのである。こういうのは何か久しぶりで、ちょっと嬉しく感じた。少し走ると、また対向車の姿が見えた。やはり先程と同じで待ってくれている。その後、何台も車とすれ違ったが、ほとんどが同じような感じで道を譲ってくれるのだ。嬉しさ以上にちょっと驚きだった。そしてすれ違う時にお礼の意を示すと、ほとんどのドライバーが笑顔で会釈してくれる。地元の方が多かったようだが、多府県ナンバー車もあった。どの車も無理に突っ込んでくることなど全く無かった。結局そこだけではなく、その周辺で出合ったほとんどの対向車がこのような感じだったのである。

とても爽やかな気分になった。ここはマナーある運転、思いやりある運転ができる地域??こういうことってあるのだなぁ‥など勝手に思ってしまう。たまたまそういうドライバーが続いただけなのかもしれないが、それでも非常に爽やかな気持ちで峠を越えることができたことに、素直に感謝する。人を爽やかにさせる、自分もそういう余裕ある運転が山でできればなぁ‥など思ったりもするのである。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2007/11/10 07:39】 | | page top↑
#65 峠の監視カメラ
~峠の監視カメラ~

このサイトでも紹介している林道に、滋賀と三重を鈴鹿越えで結ぶ『安楽越え』がある。今では舗装されてしまい当時の面影は無いのだが、私がオフロードや峠に興味を持ち始めた頃によく訪れていたものだ。
その後訪れた時には道は舗装されおり、県境となっている峠(安楽峠)には焼け焦げた2台の車が放置され、大変情けない思いをしたのを覚えている。それからは第二名神の工事などもあり、しばらく訪れることは無かった。

先日久しぶりにこの安楽峠を訪れた。山女原の集落あたりには第二名神工事用のものなのか、立派な二車線道路がついていた。しかし安楽峠へと向かう道は昔のままの細い舗装路が残っている。懐かしいなぁ・・など感じながら峠へと向かう。走って程なく峠が見えてきた。焼け焦げの放置自動車はもちろんもう無い。しかしやはり何か違和感を感じる。よく見ると、何とこのほとんど人の来ない所に立派な監視カメラが設置されている。その横には不法投棄を戒める看板もある。

やはりここはその後も不法投棄が横行していたのか・・。そうでなければ監視カメラなど設置することはないだろう。何とも情けなくなった。こうしている自分も今、誰かに監視されているのだろうか・・など沈みがちに考えていると、三重県側から一台のスポーツサイクルが峠目指して上ってくる。急な峠道、その息遣いが遠く離れていても聞こえてくる。見ると年配の男性である。一言挨拶を交わす。爽やかに返事が返ってくる。そして「これくらい越えないと話しにならんですよー。」と男性。こちらも「気をつけて」と返す。男性はそのまま滋賀県側へ・・。

監視カメラで情けなくなった気持ちが少し爽やかになった。そして私はその男性とは逆の三重県側に下り、石水渓の美しさを味わうことにした。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2006/06/18 00:00】 | | page top↑
#14 林道情報「寒風麻生林道」「小入谷林道」
林道情報「寒風麻生林道」「小入谷林道」
旅人ライダー様より~


このサイトと相互リンクを貼らせていただいております『日本の旅再発見!』の管理者であられます旅人ライダー様より、先日「寒風麻生林道(旧今津町)」と「小入谷林道(旧朽木村)」の、崩落による通行不能情報を掲示板にいただいたのですが、その後写真も送っていただきましたので、みなさんにも紹介させていただきます。
写真はいずれも「寒風麻生林道」だそうです。今津側と福井側から撮られたというこの写真、なんともすごい状況になってしまっていることがわかります。これではさすがのオフロードバイクでも無理ですね。
「ハッキリ言って歩いてでも無理(´ヘ`;) です。 復旧なるのでしょうか? 」と旅人ライダー様が言われてますように、あまり利用されることのない道だけに復旧が一体何時になってしまうのか心配されるところです。

旅人ライダー様、情報ありがとうございました。また林道情報等ありましたらよろしくお願いします。







http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2005/05/14 00:00】 | | page top↑
たまに一言#07
先日、滋賀県多賀町の芹谷上流の集落を訪れました。と言っても最近はほとんど毎週のように行っているのですが・・。
今回は『明幸・武奈』から『男鬼』そして『落合』の集落という彦根からの経路を取ったのですが、そこで思わぬハプニングがありました。『男鬼』の極狭路を無事抜けて『落合』まで予定通りに進み、そして芹川を下ってゆき、『入谷』『山女原』『河内』まで順調に来た所で何と通行止めの看板が・・。見るとそこは大きく崖くずれが発生しており、多賀醒ヶ井線は『河内』あたりで完全通行止めとなっていたのです。地元の方に伺うと「発破作業の必要があり、あと3~4日は復旧は無理だろう。」とのことでした。別に大雨が降り続いたと言うわけではなかったのですが・・。結局その日は夜道の中、超極狭路の道を逆戻りすることになりました。「対向車が来なかったらいいのになぁ」などと思うなり、あちらから対向車のライトが・・。ということで結局、夜の超極狭路を逆走することになり思わぬスリルを味わうことになりました。でも、地元の方は、常にこういう危険の中で生活されているんだなぁなどと考えると、何とも言えなくなります。対向車に道を譲ったあと、助手席のおばちゃんが会釈される姿が見え、何だかホッとして嬉しくなりました。
週末にこのあたりを訪れようと思われてる方は注意してくださいね。


河内崖崩れ


http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2005/03/25 00:00】 | | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。