スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#31 ふるさとの寺子屋
~ふるさとの寺子屋~

寺子屋。そのように地元の方は表現されていた。もちろん昭和の時代に寺子屋などあるはずがないが、そのように表現されていたのである。おそらく、この村ありし頃、村の人たちはそのようにこの学校のことを呼んでいたのだろう。親しみをこめて。1階がお寺と1,2年生の教室。2階が3,4年生と5,6年生の教室。お寺を学校とし学びの場としていたこの校舎が使われなくなって久しく、今は崩れ落ちて自然にかえるのを待つだけとなっている。ただ校庭に残っている学校跡の碑、そして鉄棒、雲梯(うんてい)が、かつての様子を伝えてくれるだけである。

この集落だけではなく、周辺の集落からも多くの子もどもたちが、1時間もかけてやってきたというこの学校、時には登校途中に熊の姿を見ることもあったそうだ。雪の日は、大人が先頭になって雪を踏み固め、その上を子どもたちが続いて歩く。それでも休む生徒などいない。登校時は集落単位で登校するが、下校時は学年単位となる為、時間もばらばら。だから人の通らない山道を一人で帰ることも多い。

学校の残骸が残るこの集落、そしてその周囲の集落、それら全てが廃村となっている今の風景からは、かつて100人もの児童数でにぎわった光景を想像するのは、何とも切ないのである。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
スポンサーサイト
【2005/09/25 00:00】 | 木造校舎・廃校 | page top↑
#30 林道からの風景「滝谷武奈林道」
~林道からの風景「滝谷武奈林道」~

先日、掲示板で「まりーんさん」から話題提供をしていただいた滋賀県彦根市の『滝谷武奈林道』ですが、そこから見える風景はなかなかのものです。山、平野、琵琶湖を見おろすことができるこの風景、その昔、このあたりに「高取城(男鬼城)」というお城があったそうですが、おそらくその天守閣からも同じような風景が見えたことでしょう。なぜこんな所にお城が??なんて思ってしまいますが、きっと今とは全く違った雰囲気だったのでしょうね。

米原と彦根を起点とするこの『滝谷武奈林道』ですが、レポート時よりも更に舗装工事が進み、今は米原側にわずかの未舗装を残すのみとなっています。しかし未舗装部の地面にもリボンが打ち込まれており、完全舗装も時間の問題だと思われます。
またこの林道周辺には『男鬼』『明幸』『武奈』そして芹谷方面の廃村群、新たなダム計画の為に消えようとしている『水谷』、旧脇ヶ畑村の『保月』『杉』『五僧』など、多くの廃村、過疎集落、消えゆく村が存在しています。
都市部とはそう離れていないのに、少し車で走るだけで急に寂しげな様相に変わる不思議なこの地域、10年後、20年後はきっと大きく姿を変えていることでしょう。

彦根周辺に来られる機会のある方は、一度またこの林道と周辺の廃村群を訪れてみてくださいね。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2005/09/18 00:00】 | 林道 | page top↑
#29 「わがふるさと、土倉鉱山」公開
~「わがふるさと、土倉鉱山」公開~

長らく更新が滞っていましたが、ようやく『e-konの自由帳~わがふるさと、土倉鉱山~』を更新することができました。土倉鉱山で生まれ育ったという白川雅一氏にいろいろなお話をうかがい、さらに当時の貴重な写真を公開することにも快諾いただき、充実した内容のものになったように思います。ただ私の表現力不足で、お話いただいたことが十分に伝わっていないのが残念なのですが・・。ただその点は白川氏の写真が十分に補ってくれていることと思います。

また今回の公開は、当ホームページを見ていただいたある方のメールがなくてはありえないものでした。詳しくは『e-konの自由帳~わがふるさと、土倉鉱山~』をご覧いただければと思いますが、その方「草野邦典さん」には心から感謝しております。ありがとうございました。

また、いろいろご感想など聞かせていただくと嬉しく思いますので、よろしくお願いします。

なお下の写真は白川雅一氏が撮影されたもので、土倉鉱山繁栄当時の選鉱場です。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2005/09/11 00:00】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。