スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#84 この秋が最後の秋
~この秋が最後の秋~

おだやかに流れる清流。川にかかる古びた橋、河原に咲く花がその風景に彩りをそえる。9月の中頃だったか、ここを訪れた時は日差しが少し強かったものの、お弁当でも広げてのんびりとしたくなる、そんな風景が広がっていた。ただしここだけを見れば・・である。

周囲を見るとかつて集落や中学校などがあった地は不自然な更地に変わり、今は何もない。何より遠く山肌から見下ろすコンクリートの巨大な橋脚に強く違和感を感じる。なぜあんな高い所に橋があるのだろう?何も知らずにこの風景だけを見れば、そんなことを思うだろう。

静かだった村に大型ダンプや重機の音が響くようになって一体何十年になるのか・・。ようやくその重機の音が消える時が来た。しかしそれは音が消えるだけではなく、周囲の全ての風景も消してしまう時でもあった。全てのものが水に飲み込まれ、もう二度と現れることはない。今、美しく目の前を流れる川の水が、もう間もなく行き場をなくして溢れ、広がり、あたり一面を覆う。そして冷たい静寂となってその地を深く包み込む。そのことを考えながらこの風景を目にすると、全くの部外者の私でさえ悲しく切なくなってくる。しかしそれは、この地で幼き時から老いたる時まですごした人たちの心情を思うと、安っぽい感傷にすぎない。今は亡き愛する人の眠る地、多くの思い出のしみこんだこの地、それらが程なくして水に沈むこと、そのことをいまだ処理しきれないかつての住民も、決して少なくないことだろう。

私はこの地『徳山』とは何の関係もない人間であるし、訪問回数も決して多くはない。しかし、こういったことを始めるきっかけを与えてくれた『徳山』には、自分なりの思い入れも持っている。14年前に初めて実際に見た『徳山』の風景は今でも鮮明だ。ゆがんで倒れた村内案内の大きな看板、中学校体育館、それに架かる橋、元は商店と思われる黄色い公衆電話のある家屋、他にもポツンポツンと家屋が残っており、生活している方の姿を見ることもできた。そして高台の小学校‥。

最後まで残されてそのまま水没することになったこの地の象徴でもある小学校も、あとわずかでその姿を水の中に隠すことになる。もしかして水はもう既に校舎の一部にかかっているのかもしれない。そのことを思うと、小さな安っぽい感傷ではあるが「やはり最後にその姿を見ておきたい」など思ってしまうのである。

2006年の秋、この秋が、徳山を見ることのできる最後の秋となった。












http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
スポンサーサイト
【2006/10/29 00:00】 | 岐阜県山村・廃村・自然 | page top↑
#83 続・峠をまもる一軒家
~続・峠をまもる一軒家~

山で出会う一番危険な動物といえば「熊」という答えが一般的だが、実際に出合う確率が高く、一番戦闘的で注意しなければならない動物といえば「猪」、というのはよく聞く話。しかも子連れの母猪となると危険度は極めて高い。できれば出合いたくないものだ。

その子連れ猪との視殺戦の話である。

いつも生活を共にしている犬たちの、けたたましく鳴く声が家屋裏の山道から聞こえてきた。その異常な鳴き声から、普通の状況でないことはすぐにわかる。そして山道から逃げるようにして帰ってきた犬たちの後ろには、大きな猪・・そして横にはウリ坊。この家屋のご主人はすぐに鍬を手にし、犬たちを守るべく立ちはだかる。大猪とのにらみ合いが始まる。視殺戦の開始だ。戦闘体制に入った猪の二本の牙が、今目の前にある。母猪も我が子を守るためには死も辞さない覚悟。僅かでも弱気を見せれば、本能的に猪は襲い掛かってくるだろう。視殺戦をする主人の後ろで犬たちも吼え、威嚇する。人の武器である鍬の届く範囲内に、決して入ってこない大猪。間合い合戦である。その間も視線をそらすことのない両者。しばし続いた視殺戦。周囲に緊張感がはりつめる。しかしやがて猪は視線をはずし山へ帰ろうとする。犬たちがあとを追いかける。

これで緊張がとけたかに思えた。しかし再び、けたたましく吼える犬たちの声。そして山道を、威嚇する犬たちを蹴散らして興奮しきった大猪が戻ってきた。一度は戦いをやめた大猪だが、犬たちに追われることで危機感を感じたか、プライドが傷つけられたのか・・。そして再び始まる人との視殺戦。人は唯一の武器である鍬の柄を猪の鼻先に突きつけ、向かってくるなら突いてやる!と身構える。共に体を張った戦いだ。
しかし二度目の刺殺戦でも、大猪は自ら視線をはずし山へ帰ることを選ぶ。人の気合が二度の視殺戦を制したのだ。こうして子連れ猪との危険な戦いは終わった。

これは 「たまに一言#75」で紹介させていただいた峠の一軒家に、先週再び訪れた時、そこのご主人からうかがった話だ。自然の厳しいこの峠で、茶屋番(関所のような役割も担っていた茶屋?)として何百年という歴史のある老家屋を今も守る。領地を争う戦いの時代もとうの昔に終わり、便利になった今の時代にこのような生活をしなければならない理由などどこにもない。それをさせるのはやはり「血」と「誇り」か・・。しかしそのことをうかがっても「どこも居心地悪かった。ここが一番ましだったからだけ」と、薄暗く炎の燃える囲炉裏の前で栗の皮をむきながら語るご主人。ちょっと・・、その答ってかっこ良すぎるのでは?・・なんて思い、一人うなる。まさに男の美学。

昔の風景のままの峠で、3匹の犬と1匹の真っ黒な子猫たちとともに歴史のつまった老家屋を今も守り続ける。この風景、おそらく日本全国ここでしか見られない風景・・。この時見た風景と焼き栗の味はずっと忘れそうにない。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2006/10/22 00:00】 | 福井県山村・廃村・自然 | page top↑
#82 ある休校校舎の風景
~ある休校校舎の風景~

前回のこのコーナーで長野県の山村の「阿南町立和合小学校」の運動会のことを紹介したが、今回はその分校の話をしてみたい。

『和合』より舗装林道を車で30分ほど山越えの道を走った川沿いに、その村はあった。とても静かだ。人の姿がほとんど見えないのは、たぶん和合小学校で保育園、小学校、町民の合同運動会が開かれているからだろう。学校を探す。目印になる青いフェンスがすぐに見つかり、それにそって裏門?へ続く坂を上ってゆくと簡単に学校は見つかった。小さいながら平屋の美しい木造校舎。申し訳程度の校庭には鎖から下のない錆びたブランコ。秋の日差しがとても心地よく、地面に生えた草も暖かく、しばし私は腰を下ろして写真を撮る。一通り撮影して今度は校門?から道に出る。

「あれ??」もう一つ学校らしき建物が道を隔てて向こうに見える。入り口には『和合小学校日吉分校』の碑。「こちらが小学校分校かぁ、じゃあ今のは何だろう・・」
手前に小さな校庭があり、その奥に校舎が見える。しかし全校生徒6名とはいえ現役の和合小学校と違い、ここは残念ながら現在休校中。石碑裏には「いつの日にか、この学舎にふたたび、子らの声のこだますることを願いて」というメッセージとともに昭和60年休校と記されている。休校となった時の村の人たちの学校への思いが伝わってくる。
昭和5年に建築されたというこの校舎の正面上部にある時計、その横には「贈 昭和52年卒業生」と書かれている。休校となる8年前のこの卒業生たちも今は40才を少し越えたあたりだろうか‥卒業生の何人がこの村に残っているのだろう、などつい考えてしまう。
ここでもしばらく写真撮影をする。秋の日差しによって作られる木々の影がやさしく校舎にのび、とても美しい。今でも夏の「○○教室」などでここは使用されているようであるが、日頃、子どもたちの声が聞こえてくることはもう無い。

静まり返った校舎を見ながら、石碑にあるように、いつの日か子供たちの元気な声がこの校舎に戻ってくることを祈りつつ帰路につく。その時、校庭片隅に何か不器用な感じに置かれたコンクリート製のコートローラー(重いコンダラではありませんぞ)が目に入る。何だかいびつな感じがするのでよく見てみると「昭和27年5月吉日、日吉青年会寄贈」というように書かれてある。どうやら手作りのようだ。勝手に、これが青年会の人たちから小学校生徒たちに手渡された時のことなどを想像してみる。小学生一人では引けないような重さのローラーだから、きっと何人もの生徒がキャーキャーと声を上げて元気に引いたことだろう。

しかし半世紀以上もの年月が過ぎ、既に鉄の支柱も曲がってしまい、もう引かれることはない。何よりそれを引く子供たちがいなくなってしまった現実が今ここにある。
そして子供たちの喚声の代わりに、秋の日差しの中にそのことが寂しく響くのである。












http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2006/10/15 00:00】 | 木造校舎・廃校 | page top↑
#81 小さな村の運動会
~小さな村の運動会~

この連休に長野県を訪れた。何の下調べもなく訪れる、まったくの気まぐれ旅である。着いた先で地図を見て行き先を決めるといういい加減さ・・。しかしこういういい加減な旅で、思いもかけずすばらしい風景・光景を目にすることがなぜか多い。その為、私の中で‘気まぐれ旅’は、けっこう癖になってしまっているのである。

今回気まぐれに訪れたのは、長野県最南部の下伊那郡阿南町にある『和合』という山間の集落。過疎化による人口減、子どもの減少で全国の多くの学校が休校~閉校という運命をたどっている。10年ほど前の地図を見ると、この『和合』という山村に小学校の印がある。10年たった今、その学校がどうなっているのだろうか、などの思いで訪問してみることにした。

何とも美しすぎる川の水。その美しい川に沿って走る峡路をしばらく行くと見えくる『和合』は、山間にあるとても静かな集落。車を降りて学校を探す。ちょうどこちらに歩いてくる方がおられたので尋ねてみた。すると「今日は運動会やってるよ」とのこと。「もしかして休校になっている?」という不安はこれで消え、ホッとする。そういえば、時おり風に乗ってスピーカから流れる声や音楽らしきものが聞こえてくる。その音を目指して進むと、やがて鉄筋の小ぶりな校舎の上部が石垣上のフェンス越しに見えてきた。
グランドへの坂を上ると見えてきたのは風に揺れる万国旗、そして手作りアーチ。そしてその向こうには何ともかわいらしい小さなグランド。その小さなグランドで子どもたちが元気に走り、村の人たちがのんびりと応援する。大規模な学校とは違った感じの、ほのぼのとした雰囲気の運動会をしばし見学。小学校の運動会という割りに、小学生らしき子どもの姿があまり見られず不思議に感じたが、それも「全校生徒が6名なんです」ということばに、「なるほど~」と納得する。
‘町民、小学校、保育園’合同で行われているこの運動会、村の人たちみんなの大切なイベントだ。前日まで台風の強風が吹いた後の快晴だけに、多くの人たちがホッとし、そして今日の日を大いに楽しんでいることだろう。

正体不明でよそ者の私へも「どうぞ、ご覧になってくださいね」という温かい声かけ。本当に心が温かくなる思いがした。そして何より、小さな学校の小さなグランドでの‘村人みんなの運動会’に、私の心は温められた。
今回の気まぐれ旅、やはり思いもかけないすばらしい風景・光景を目にすることができた。私は運がいい・・など勝手に思う。改めて気まぐれ旅のすばらしさを再認識するとともに、この地を再び訪れることを決心する。

やはり、気まぐれ旅はやめられない・・。










http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2006/10/11 00:00】 | その他山村・廃村・自然 | page top↑
#80 『在原』にて
~『在原』にて~

久しぶりに琵琶湖の北にある山間集落『在原』を訪れた。ここは茅葺き集落としてけっこう有名で、旅行案内誌などでも紹介されており、休日などカメラやスケッチブックを片手に訪れる人も多い。隣の集落から車で20分くらい走ると、静かにならぶ茅葺き家屋が見えてくる。この道も、以前に比べると随分立派になっている。それでも山を背にする集落の風景は、いかにも‘隠れ里’っぽい雰囲気だ。『在原』という集落名からも、その歴史の古さがよくわかる。しかしここは決して観光地化されているわけではなく、実際にそこで人々が生活している普通の集落なのである。そのため所々に観光客のマナーに対する注意書きが張られており、写真撮影などにも何か気が引ける思いがする。

こういった山間の集落を訪れる時、季節を彩る植物が必ずある。それを見るのは訪問の際の楽しみの一つだ。自然に咲く花、木々の葉や実、畑に植えられた作物、花壇の花、中には主を失って久しいものもあるが、そのどれもが美しい。
この日印象に残ったのは、茅葺き家屋をバックにしたそば畑。小さな白い花はとても地味だが、それが無数に集まる風景は素晴らしい映像となって脳裏に焼きつく。

そういえばここには学校がある。マキノ北小学校在原分校だ。だが残念ながら現在は休校となっている。少し草がのびたグランドには、学校が再開される日を待つ遊具が並ぶ。そしてその向こうには平成2年に建てられたという鉄筋校舎と茅葺き家屋。
この日はビデオカメラを持った父親に連れられた幼子が遊具を独占し、とっかえひっかえ楽しそうに遊んでいた。やはり学校に子どもはよく似合う。遊具も楽しそう?に見える。しかし今、遊具で遊ぶ子が帰ってしまうと、グランドは再び無人の地となり元の静寂に包まれる。

過疎地の学校で、休校後に再び学校として再開されたという話を私は知らない。しかし「この学校、この後どうなってゆくのだろう・・」など感傷的になっても仕方ないこと。私は少し青空が見え始めた『在原』の美しさを喜び、茅葺き家屋の撮影を再開することにした。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2006/10/01 00:00】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。