スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#95 谷の奥の、その学校
~谷の奥の、その学校~

その学校とは多賀小学校霊仙分校。前々回の「たまに一言」で多賀小学校芹谷分校にふれたが、それの遙か谷深い所にある学校だ。

芹谷深く入ってゆく。いくつかの過疎集落を通り過ぎる。山肌が道に迫り、進むほどに落石も目立ってくる。車一台がやっと通れる道はさらに奥へと続き、道はさらに狭くなる。芹谷の最終の集落『落合』に行き着く頃には、道は極限まで狭まっていた。そこから廃村『男鬼』へと向かう道、そのきわめて細い道沿いの石垣の上に見える、大きくゆがんだ青いフェンス。そしてその石垣の切れ目には石段。よく見ると石段を上ったところには石の門柱も見える。やはり紛れもなく、ここは学校跡。通りすがりの風景だけで「ここに学校があった」と気づく人は、おそらく地元の人か芹谷のことに精通した人くらいのもの。夏は草に覆われ「多賀小学校霊仙分校跡地」と書かれた石碑も姿を消す。日照時間がきわめて短いこともあり、冬場の雪はながらく残る。そのため夏場に見えなかった碑もこの時期はよく目立つ。

それにしても今のこの学校跡の風景を見て、ここに学校があったということがどうしても私の中で映像化できない。多賀町史を見ると三角屋根の二階建ての美しい校舎の写真が載っている。しかし実際の学校の写真を見ても、どうしてもこの風景からはそれが結びつかない。写真に写っている石垣、フェンスは紛れも無くこの地であるのに・・。

今でこそ学校の存在がどうしても信じられない周囲の風景であるが、この学校が休校となったのは昭和60年と、そんなに古いことではない。昭和の燃料革命以前は30数名いた児童も昭和40年以降は急激に減少し、児童数は一桁を推移する。そしてついには休校前の数年間は2名となってしまう。ちなみにこの霊仙分校は1~4年生までが在籍し、5年生になると子供たちは芹谷分校へと通っていた。無理とはわかっていても、この山奥の学校に小さな子供たちが、元気に通っていた風景を何とかして見てみたい、なんてことを思ってしまう。今はもう建物の姿は無く、フェンス、門柱、石碑そして校舎のコンクリート基礎が残っているくらい。またそれに加えてイノシシ捕獲用のオリ、そして後から作られたと思われる小さな倉庫が、荒れた空き地にポツンとある。そしてこの荒涼とした風景に、杉林特有の薄暗い光が追い討ちをかける。

今のこの風景からは到底想像できないかつての活気ある学校風景、今はただ小さな写真のみを手がかりにそれをイメージするだけ。今残る学校存在の証もやがて消え、周辺の集落からも人が去る。その時は学校があったことを思い出されることさえ、無くなってしまうのだろうか。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
スポンサーサイト
【2007/01/28 00:00】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
#94 やけにきれいな廃屋の空
~やけにきれいな廃屋の空~

ここのところ、好きな写真を撮りに行くことができずストレスはたまる一方・・もう爆発寸前・・という時、ようやくわずかな時間を確保し廃屋撮影に出かけることができた。そこは私がよく訪れる山村ではなく、ごく普通の田園風景の広がる所。しかしなぜかここの集落のある一画の数軒だけが廃屋となっている。など言うと何か心霊じみたことを想像される方もいるかもしれないが、決してそういうことではない。この土地の所有者が事業に成功され、この地を離れられたというだけのことである。

ここには、これまでも度々訪れている。初めて訪れた時はもっと廃屋が残されており、そこだけを見ればまるで廃村にいるかと錯覚するような光景だった。崩れかけた家屋に、すでに形を失った家屋。のび放題の雑草がそれにからみ覆い隠そうとする、そんな典型的な廃墟の風景だった。これら崩れかけた建物は大変手の込んだものだったようで、その残骸を見るだけでも廃屋たちのかつての優雅な姿が想像できた。きっとこの一画は、周りの風景とは一味もふた味も違う雰囲気を持っていたに違いない。残されたもの一つ一つに何か気品を感じる・・そんな感じがしたものだった。

そんな田園地帯の一画にある廃屋風景も、訪れるたびに整備され姿を変えてきた。残された建物の一部は既に改装工事を終え、資料館として生まれ変わった。また倒れた家屋、崩壊した家屋の多くも片付けられ、もうかつての廃村に近いようなイメージはなくなってしまっている。しかし、その変わりゆく姿になぜかホッとさせられる。たとえばこれが山奥の廃村となった集落であるなら、崩れかけた家屋であれ残骸であれ、片付けられて整地されてしまうことに違和感を感じてしまうのであるが、ここではなぜかそのようには感じない。おそらくここは、あとしばらくしたら廃屋があったことさえも信じられなくなるような、そんな風景に変わってゆくことだろう。山では自然が廃屋を元の自然へと導き、変えてゆく。ここでは人の力が人工のものへと導き、風景を変えてゆく。

その風景を撮影した。廃屋はやはり美しい。そしてこれらをひととおり撮影したあと、ふと空を見る。夕焼けというのか、青空が夕焼けへと変わりつつある状態というのか、空がやけに美しく光って見える。青からオレンジのグラデーション。その空をバックとして蔦のからまる廃屋の風景がとても美しい。その美しさに感動し写真を撮る。撮り終えた後に廃屋の向こうに歩を進める。その時、廃屋の向こうに見えた風景に驚く。木々をシルエットとしたその空の風景、そこで見た風景は本当に美しかった。この日一番のきれいな風景・・。

ストレスに追われ、わずかな合間を見つけて撮影に出かけた時に見たこの風景、それは、やけにきれいな廃屋の空・・だった。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2007/01/23 00:00】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
#93 久しぶりの芹谷
~久しぶりの芹谷~

多賀町芹谷。かつては『芹谷村』として一つの行政区分が存在していたが、今はもう地名としては存在せず、谷の呼び名として残っているだけ。

周囲の山々の標高は決して高くないのに、妙に山深い印象を感じさせてくれるこの谷。重苦しい杉林の緑と、両側から迫る急峻な山の斜面がそのような印象を持たせるのだろうか。奥へ行けば行くほどその印象は強くなり、日差しも遠くなる。その迫る山の隙間を縫うように流れるのが芹川。そこを流れる白く透明な水は、この谷の重苦しい雰囲気を随分と和らげてくれているように感じる。鈴鹿の北端近くに位置するこの谷間の地には集落がいくつか存在するが、その大部分は過疎化が激しく、廃村と過疎の村が入り混じる。谷を流れる芹川沿いに点在する集落、そして川からかなりの急坂を山間部に入ってゆくと現れる集落、ともにその風景は何とも言えず物悲しく寂しいが、それが私にとってはこの上も無く美しく感じる。この美しい谷に魅せられて、一時期は毎週のようにカメラを持って訪れていたものだ。

初めて訪れた時、確か天然記念物に指定されている「河内の風穴」を見学に行った時だったと思う。その時は「何と道が細いんだろう」という印象が強く残っている。両側が山に挟まれた圧迫感と日差しの少ない薄暗い道を車で走る不安感、それらによって重苦しさでいっぱいになった時、道沿いに現れた小学校にホッとし安心したものだ。ちっちゃな子どもが普通に通っている道に不安を感じてどうする、そんな感じで元気づけられた。しかしこの「多賀小学校芹谷分校」も今は姿を消し、もう見ることはできない。記録を見ると平成5年に多賀小学校に統合されたとあるので、私が見たのは廃校となる直前だったようである。道もずいぶんと広くなったが、かつてあった風景が変わりつつあるのも事実。

久しぶりに見た芹谷、やはりその風景は美しく、独特の雰囲気は何ともやさしく私を刺激してくれる。本当に心安らぎ癒される。道には年末に降った雪がまだ残っており、とっくに溶けてしまった谷の外の風景との違いに改めて驚く。歩く道も凍結で足元が不安になるが、それもなぜかホッとする。川を見る。水量は多くなかったが、石灰分を含んだ水は相変わらず白く美しい。この白い水、川底の白い石は、ここを独特の風景とするのに一役かっている。時折通る車は地元の方と思われる小さな車。谷の道を走るのにピッタリの車だ。道に映る木々の影、道の脇の老家屋やかつて家があったことを示す苔むした石垣、狭い空からのぞく太陽、それを反射した川面の光、そのどれもが心の中に心地よく響く。

しかし、谷の安らぎに浸ろうとしていたその時に無情に電話が鳴り、そして現実へと引き戻されてしまう。

久しぶりの芹谷の訪問は、わずかな時間で終わることとなってしまった。それでもこの谷の美しさを十分に味わうことができた喜びが、心に残る。きっとまた再び「谷通い」が始まるだろう、そんな気がしてきた。







http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2007/01/15 00:00】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
#92 行き止まりの道からの風景
~行き止まりの道からの風景~

昨年末に飛騨地方を訪れた。しかし昨年、一昨年と岐阜を訪れる時は必ず雨に見舞われている。今回も天気予報を見ると雨マークが多い。何とか山村の美しい風景が撮影できればなぁ、などと思いながらの出発であったが、それもかなわず、やはりこの訪問も三日間のうち二日間が雨となってしまった。唯一晴れた日が一日目。移動もあったのであまり時間は取れなかったが、以前から訪れてみたかった旧神岡町の山之村周辺を訪れることにした。

双六川から山吹峠を越えるというルートで訪れた。例年なら一面が銀世界のはず。しかし今年は雪不足ということもあり、峠近くになるまで雪はほとんど見当たらない。さすがに峠辺りには雪が残っていたが、それでも峠を下って集落に降りると、やはり雪は日陰に残っている程度。山之村小中学校のグランドの雪もまばらで、何とも景色全体が中途半端な感じがする。「中途半端な残雪というのはどうも絵になりにくいものだ」など考えながら、雪景色を求めてさらに山へと向かう道を進む。これは有峰湖へ向かう道でもある。ほとんど車の通らないこの道は、標高が上がるにつれて積雪が多くなり、やがて道全体が雪で覆われるようになると程なくして‘飛越トンネル’のある県境となる。残念ながら有峰に抜ける飛越トンネルは冬季封鎖中であったが、そこには待望の雪景色が広がっており、幾重にも連なる山々のグラデーションを雪景色とともに味わうことができた。さすが標高1460mの地だ。そして誰も来ないこの行き止まりの道で、控えめながらも幸せなひと時をすごす。

私の中には‘恋焦がれる地’というのが、その時その時にある。現在は岐阜県の『加須良』『山之村』、富山県の『桂』『有峰』がそれである。いずれも「弧村のともし火(桂書房:海野金一郎著)」「さよなら桂(桂書房:寺崎満雄著)」「有峰物語(NTT出版:飯田辰彦著)」「源流をたずねてⅣ(岐阜新聞社:吉村朝之著)」などの書を読んで沸いてきた恋心である。今回『山之村』を訪問することができたが、何とも不完全燃焼の感が否めず、恋心はさめない。もう一度必ず訪れることになるだろう。また『加須良』『山之村』『桂』『有峰』も今年中には必ず訪れようと考えている。現在『加須良』への道は一般車は通れないという話も聞くが、何とか実現させたいものだ。

年々強くなってくる山村、廃村、山‥への思い。訪れられない日々や訪れても天候に恵まれない日々などが続くと、妙なモヤモヤ感がたまってしまうが、それが次の訪問へのエネルギーとして蓄積されてゆく。今年はどのような訪問で、どのような出合があるのか本当に楽しみだ。


※「たまに一言のあしあと」をブログに整理してみました。今後もこの形態で整理してゆこうと思っていますので、よろしくお願いします。







http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2007/01/08 00:00】 | 岐阜県山村・廃村・自然 | page top↑
#91 新年のごあいさつ
~新年のごあいさつ~

みなさん、あけましておめでとうございます。旧年中は、たくさんの方に当サイトをご覧いただき、とても嬉しく思っています。また掲示板やメールなどで励ましの言葉をいただいたり、貴重な情報をいただいたりなど、本当にありがとうございました。スローペースな更新で、ヤキモキされることも多いかと思われますが、今年もよろしくお願いします。

昨年も滋賀県を中心に岐阜、福井、長野、石川、富山などのいろいろな地域の山村、廃村、林道、木造校舎などを訪れました。それぞれを訪れる道々や訪れた先々で、山や川、家屋や町並み、動物、植物、そして人など様々な出あいがありました。一年を振り返り、自分自身でも「たまに一言」を読み返してみたのですが、その時その時の出あいというのは、本当に大事なものだと改めて感じた次第です。出あいの中には、本当にその時のタイミングにしか出あえなかったものや、その時の条件でしか出あえなかったものなどが少なくありません。違う日や違う時間の訪問だったら全く違ったことになっただろうなぁ、などと思うこともしばしば‥。そしてやはり『そこへ行ってみる』ということの大事さを、何よりも感じます。

今年もいろいろな道を通り、いろいろな所に出かけて行きたいと思っています。そしてそこで出合った様々な風景を伝えていければと思っています。廃村や林道、木造校舎、茅葺家屋、美しい川、雄大な山、昔ながらの街並み‥等々、もしそれら情報をお持ちでしたら、教えていただけるととても嬉しく思います。またサイトで紹介もしくは紹介予定の廃村や木造校舎などのご出身の方がおられましたら、ぜひお話などをうかがいたく思っています。ご本人でも、お知り合いの方でもけっこうです、おられましたらご一報いただければ幸いです。

ということで年始の挨拶ということでしたが、それに加えて最後は厚かましくお願いまでしてしまいました。懲りずに今年もよろしくお願いいたします。

なお新年にあわせまして『掲示板』を新装してみました。ちっちゃなものであれば写真も貼れるようです。気楽に書き込みいただければと思いますので、またご覧ください。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2007/01/01 00:00】 | その他 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。