スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#112 土倉鉱山跡より
~土倉鉱山跡より~

土倉鉱山跡を訪れた。最近は年に数回は訪れている。選鉱場へ行くとアベックがお昼ご飯を仲睦まじく食べていたので、邪魔をするのも嫌な感じがして、結局通りかかってすぐに引き返すことにした。その他にも車が数台停まっており、梅雨の前の土倉鉱山跡は初夏の陽気とともににぎやかな雰囲気であった。

今回この地を訪れたのは、実は選鉱場ではなく社宅跡方面へ行くことが目的だった。以前このコーナーで紹介させていただいた(かつて土倉で働いておられた)土屋様の手記、ならびに掲示板で書き込みいただいた(幼少期を土倉ですごされた)多幸山様の書き込み、いずれにもふれられてあった、昭和34年の伊勢湾台風時の山崩れ災害の慰霊碑をこの目で確かめたいと思ったからである。梅雨に入ってしまえば植物に覆い隠されて見えなくなってしまう、近づけなくなってしまう。その前に何とか見ておきたかったのだった。

慰霊碑は社宅跡の杉林の中にすぐに見つけることができた。天気が良いこともあり、慰霊碑上の木々の葉が光り、とても美しい。その下にひっそりと佇む慰霊碑。今のこの時期でも、もう多くの草に覆われている。その草や、倒れた杉の木の枝をかき分けて慰霊碑にたどり着く。この地で10人もの犠牲者が出たことを物語るものは、この慰霊碑以外に何も無い。多幸山様のお話によると、崩れた跡が崖となって長らくの間見ることができたということだが、今はそれももう確認できない。

杉林の中には住宅跡と思われるコンクリートの基礎が多く残っている。中にはアンカーボルトが突き出て、そこに土台となっていた木材が残っているものもある。もちろん苔むして今にも崩れそうであるが‥。慰霊碑を振り返る。そこにきれいな花が供えられているのが見える。ちょうど杉林からの日差しが、その花を照らし輝かせる。遺族の方が備えられたのだろうか‥。災害から50年近い歳月が過ぎてもなお、遺族や関係者の犠牲者を思う気持ちや悲しみは変わることはない。年老いた身で、杉林の中の草をかき分け慰霊碑までたどりつく。当時の悲しみが昨日のことのように蘇る。そして花を供え、手をあわせる。その光景を思い浮かべると、思わず胸が熱くなる。

今、慰霊碑のすぐ横には巨大な橋げたが完成し、快適な道路が八草トンネルまでつながるのを待っている。そしてこの工事により故郷『土倉』の住宅跡地も変貌を遂げた。かつての災害の地にできた巨大な道路、夏場には草に覆われてその姿さえ見えなくなる杉林の中の慰霊碑。対照的なその姿を、素直に受け入れるのは難しい。この地に眠る、災害の犠牲となった多くの方たちの思いはいかなるものなのだろう、など考えてしまうのである。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
スポンサーサイト
【2007/05/28 04:39】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
#111 マキノ黒河林道
~マキノ黒河林道~

久しぶりに訪れた「マキノ黒河林道」・・・やはり、いい。

滋賀県で残り少なくなった、峠越えの未舗装林道。四方を陸で囲まれている滋賀県には、峠越えで他府県へ抜ける道が少なくない。そのうち主要道は当然舗装されているのだが、ほとんど車が通ることのない未舗装路もここ10年のうちで次々と舗装され、今や未舗装で残るのはごくわずか。先日、そのわずかに残る未舗装林道のうちの一つで、福井県へと抜ける「マキノ黒河林道」を訪れた。

この林道は杉林が少ない。従って杉林の多い地独特の、うっそうとした薄暗い雰囲気がほとんどない。この時期は雑木林の新緑の緑がとても美しく、逆光になると、まるで‘緑のステンドグラス’のように緑がグラデーションとなって輝く。その‘緑のステンドグラス’にアクセントを加えるのが、黒い影となった枝々。その対比が何とも美しいので、何とかして写真におさめたいのだが、なかなか実際の美しさを写真で表現することができない。この美しい風景は、杉林が中心の林道では絶対に見ることができない風景だ。ここでは、峠を越えて福井県に入るあたりから随所にその‘緑のステンドグラス’を見ることができるのが嬉しい。さらに所々に川が流れ、林道の風景に潤いを与えてくれる。また、林道脇の崖から染み出た水が澄んだ水たまりを道に沿って作り出し、そこをのぞくと多くのアカハラが気持ちよさそうに泳いでいるのが見える。その水たまりの上にのびる木々の葉には、モリアオガエルの卵・・。

この林道では多くの生命を身近に感じることができる。みずみずしさを全身に浴びるかのように、木々の葉に全身を浸すことができる。この日は福井県側に抜けるのではなく、もう一度その林道のみずみずしさを味わいたくて、滋賀県側に引き返すことにした。そして日頃の生活の疲れやストレスなど洗い流してくれたことに感謝しつつ、林道をあとにする。

滋賀県に数少なくなった貴重な未舗装林道。もしこの林道も舗装されてしまうとしたら、もう林道脇の水たまりを泳ぐアカハラや、その水たまりを頼りに産み付けられるモリアオガエルの卵などは二度と見ることはできなくなる。それとともに、舗装されることで多くの車が入り、ゴミが散乱し、不法投棄による廃棄物が溢れることにもなる。

どこからか「もういいじゃないか、やめてくれ・・」と言う声が聞こえてくる、そんな気がするのである。










http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2007/05/21 22:43】 | 林道 | page top↑
#110 山村の‘普通の風景
~山村の‘普通の風景’~

新緑の時期に山を訪れる。この時期の山の緑はとても美しい。いろんな色の緑がグラデーションとなり、山の風景を見事に彩る。この日訪れた山の風景も実に新緑の緑が美しかった。この美しい山の緑は、この季節、この時期の普通の風景なのである。

京都の丹後地方の山村にも、この新緑の普通の風景があった。緑の葉と、生き生きとした黄緑の葉の対比、それらが逆光になることでよりコントラストが明確になる。緑が一面に広がり、その背景となるものまでも生き生きとさせる。この日背景となったものは人が住まなくなった集落‥というか老家屋。集落というには、もう残っている家屋が少なすぎる。もう2ヶ月もすれば、雑草に覆われてその姿の半分が隠れてしまうであろうと思われるその家屋、この時期は植物の背も低く、まだかつての生活の場を見ることができる。まだまだ建物はしっかりとしている。集落の墓地横に建つこの家屋、もしかするとお盆の時期には草が刈られ、先祖の霊を供養する人たちを迎い入れる場となるのかもしれない。

新緑の山村の普通の風景の中に身を置くと、いろいろな勝手な思いが次から次と湧き出てくる。目にするあらゆるものから、イマジネーションが勝手に沸いてくるのである。私は何の関係も無い部外者。勝手な想像をされて、老家屋にとっては迷惑なことかもしれないなぁ‥など思いながら写真を撮影する。そこに人がいるなら、話を聞くことでイマジネーションと現実との距離が縮まるのであるが、そういう所で人と出会えることはごくわずか。

範囲はごく狭いのであるが、ここ数年いろいろな山村を訪れている。季節季節に見ることができる普通の美しい風景を、時期時期に味わい堪能できることの幸せをいつも感じる。そして普通の風景の美しさを感じれるということは、ささやかな自慢でもあるのである。

美しい山村の普通の風景とは別にもう一つ、山村の普通の風景がある。それは人の姿が無く、草に覆われた老家屋や残骸がひっそりと残る風景。地図を見た時、山間部に記された細い実践の道の消えるところ、その地の多くでそれが普通の風景となっている。その地から人が消え、家屋が消えることが特別なことでなくなっているこの現実が、山奥の集落の普通の風景となって、もう何十年にもなるのである。










http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2007/05/13 03:14】 | その他山村・廃村・自然 | page top↑
#109 現役の木造校舎、何北中学校(京都府)
~現役の木造校舎、何北中学校(京都府)~

この連休に、現役の木造校舎を訪ねた。その木造校舎とは京都府綾部市にある何北中学校。以前からその存在が気になっており、ぜひとも訪ねてみたいと思っていたところである。これまで私が現役の木造校舎の姿を見たのは、廃校となる直前の滋賀県余呉町の丹生小学校だけ。同じ滋賀県内の信楽町(現甲賀市)にある小原小学校の木造校舎を訪ねた時は、残念ながら既に校舎は取り壊されており、新しい校舎が建築中で、その姿を見ることができなかった。

山間の田園地帯に、黒っぽい板張り壁面のその校舎はすぐに見つかった。道路より少し高い位置にあるため、車からは校舎二階の窓が見える。「あれ?電気が点いている」連休中の休みだというのに教室には電灯が・・・。そして人の声も中から聞こえてくる。補習か何かかな、など思いながらスロープを上がって玄関へ。するときれいな花や木々に彩られた美しい校舎が視界に入ってきた。木造校舎といえば人のいなくなった廃校舎のイメージの強い私にとっては、実に生き生きとした木造校舎。周りの田園風景、玄関前に植えられた色とりどりの植物、そして黒板張りの校舎、本当に美しいその姿に思わず見とれてしまう。

古めかしく何か懐かしい玄関、その横の職員室を訪れようと中へ入る。するとその木の戸が開き、女性の職員の方が出てこられた。玄関前をウロウロする不審な男に見られたのかな、など思いながら挨拶をし、写真撮影の許可を得るべくその旨を伝える。聞くと今日は参観日とのこと。なるほど、それで教室に電灯が、など一人納得していると隣の部屋から出てこられたのが校長先生。恐縮しながらも、木造校舎が好きで滋賀県周辺の地域をまわっていることを伝えると、全くの突然で勝手な訪問にも関わらず、快く撮影の許可をいただくことができた。ただこれから参観日のため父兄も来られるので外観のみの撮影ということであったが、ただただ感謝である。

それにしても美しいこの校舎、というか美しい学校全体の風景。中庭にまわると、そこはまるで映画『少年時代』のよう・・。ことばにならない。今も使われているということは、建物に命が宿っているように感じる。エネルギーを感じるのである。撮影中も二回の教室からは授業の声が聞こえてきて、何か懐かしい感じがする。この美しい木造校舎「何北中学校」の風景は『写真帳』のコーナーで近々必ずお伝えしようと思う。何度も言うが、本当に美しい風景なのである。

最近この地域を続けて訪れている。そこで目にするのは統廃合によって生まれた多くの廃校舎。この地域に限らず地方の山間の町では、生徒の減少により存続の危機にある学校が少なくないことだろう。学校が消えてゆくことは、単に一つの学校が姿を消すということだけではなく、その美しい風景とともに大きな何かが失われてゆく気がしてならない。この美しい何北中学校、この先も現役であり続けてほしい、などよそ者の私でも強く感じてしまうのである。

帰り際、再び校長先生とお出会いすることができ、校舎写真のサイトへの掲載も快く承諾していただけた。「もう少し早いと、桜がきれかったのにねぇ。」ということばに学校への思いを感じる。突然の不躾な訪問にもかかわらず、丁寧な対応をしていただいたことに心より感謝し、そして校舎を後にする。その頃には授業が終わって休憩時間になっており、さっきの二階の教室の窓からは生徒の姿とともににぎやかな声。その元気な姿を見て「この子達もやがては村から出ることを望むのだろうか・・」など、ふと考えたりもした・・。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2007/05/05 16:23】 | 木造校舎・廃校 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。