スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#135 狛犬の見た秋(廃村・茨川)
~狛犬の見た秋(廃村・茨川)~

先日、久しぶりに廃村『茨川』を訪れた。途中、茨川林道から見える美しい清流や紅葉の風景を目にすると、つくづくと「永源寺第二ダム計画が凍結となって本当によかったなぁ‥」など感じてしまう。この美しい自然を壊す。何てとんでもないことを人間は‘正しいこととして’やろうとしていたのだろう。はたして何人の人間がダムを必要としていたのか。失われるものに見合うほどの必要性が、本当にこのダム建設にはあったのか。自然をまるで自分の物のように次々と壊してゆくことの罪、このことを考えようという時代になった次、人間はどのような道を選ぶのだろう。

訪問前日よりうっすらと白くなった鈴鹿の山並みの頂部。ここ『茨川』にもその影響が残っており、家屋の陰になったところには雪が残る。今も残る元分校のあたり一面には銀杏の黄色の葉が敷きつめられ、見事な秋の風景を見せてくれている。鮮やかな赤!という紅葉のクライマックスとなる風景は残念ながら見ることはできないが、それでも色とりどりの葉の色が、日ごろは寂しさばかりが目立つ廃村の風景をやけに賑やかにしてくれている。時おり、はるか上空を飛ぶジェット機の音が不自然に聞こえるだけで、あと聞こえるものは自然の声だけ。他に人の気配もまったく無い。林道入り口あたりのトンネル工事の賑やかさとはまるで別世界の最奥の地『茨川』、そこでの秋を一人味わえることに感謝する。

集落を一通りまわった後は、いつものように神社へと向かう。いつかのこのコーナーでも紹介させていただいたように、神社の鳥居や祠は最近になって新しくされたもの。設置当時は真新しくて不自然だったが、それも今は段々とまわりの景色になじみつつあるように感じる。それとは対照的に苔むして貫禄十分なのが、無人の村をまもる狛犬たち。どんな季節の中でも見事に主人公を演じているように見える彼らに出会えるのが、ここを訪れる時の大いなる楽しみの一つでもある。この日はちょっと失礼して、狛犬の裏にまわってみる。台座には大正十三年の文字が見える。大正十三年といえば西暦でいえば1924年。ということは、もう83回もの茨川の秋をこの狛犬たちは見てきたことになる。『茨川』が廃村になったのが昭和40年(西暦1965年)だから、そのうち人のいる秋、いない秋は、それぞれがほぼ半数ずつ。しかしこの先、人のいる秋の数字が増えることはなく、人のいない秋がただ増えていくだけ。

この狛犬がかつて見た、人のいる茨川の秋の風景。寄り添うように並ぶ茅葺家屋を紅葉の木々が彩り、その中に人もごく自然の一部として風景の中に溶け込む。神社の苔むした石段に腰をおろし集落跡を眺めると、その風景がおぼろげながら見えてくる気がする。その何とも言えぬ心地よさに、しばし時間を忘れて廃村の秋に浸りきるのである。













http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
スポンサーサイト
【2007/11/29 23:59】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
#134 「源流をたずねて5」
~「源流をたずねて5」~

昨今の廃虚ブーム。そのためか廃墟写真集やそれに類似するような書籍をけっこう書店で見かけたりする。しかしながら、社会問題として長きにわたって注目されていた徳山村などを除き、廃村などに関して書かれたものを目にすることは滅多に無い。そのため廃村のことを調べる際は、各地の地誌や地名辞典に大方を頼り、たまに登山や山釣り関係の書を参考にする程度。深く調べたい時は、民俗学の調査報告書や専門書、地方で発行されている各種調査冊子等に頼ることとなる。いずれにしても一般に出版されているものの中で、廃村に関してふれられているものはほとんど無い状況だ。

今回のこのコーナーでは一冊の本の紹介をしたい。「源流をたずねて5」(著者:吉村朝之/発行:岐阜新聞社、発売:岐阜新聞情報センター)である。このシリーズは既に1~4巻が刊行済みで、今回の5で完結となる。岐阜県の河川という視点から、その周辺の歴史や自然そして集落、道、生活‥などなど様々なことについて書かれており、タイトルの‘源流’ということばからも想像できるように、当然廃村や過疎集落などについいてもふれられている。著者の吉村朝之氏は水中カメラマンであり、テレビ番組の企画・製作などもされている方で、広い視野からのアプローチや、氏自ら足を運んでの取材の内容の濃さには本当に驚かされるばかりだ。他の書籍などでは決して得られないような貴重な情報が多く、私にとってこのシリーズは、同氏により制作された岐阜テレビ放送の番組「ぎふ川物語」とともに岐阜訪問の際のバイブル的存在となっている。本サイトに興味・関心を持たれている方にとっては、間違いなく貴重な資料となるのではないだろうか。

今回の‘5’では、揖斐川水系に視点が当てられている。その中味を目次から一部ひろってみると‥「もう一つの源流の谷 道谷とウソ峠」「揖斐川最源流で凍結されたダムの建設」「旧徳山村集落 塚と二条天皇」「門入、戸入集落とホハレ峠」「根尾東谷川の過疎と廃村」「五僧峠にたたずむ五僧集落」「夜叉ヶ池の潜水調査」「八草峠と戦国武将 島左近」「こつ然と消えた八草集落」などなど、本当に胸がワクワクしてしまう。私など、これらの字を見るだけでじっとしていられなくなる。このシリーズを読んだ翌日に何度岐阜の山奥に出かけたことか‥もう刺激されっぱなしなのである。

しかし残念なことにシリーズの1~3は既に絶版となっている。新聞社の出版は利益を目的とした出版ではないので損益分岐点の範囲の出版しかせず、再販もしないそうだ。つまり損益分岐点の出版部数の4000~5000部が売れてしまえばそれで終わりとなってしまうのである。また部数の関係で置かれる書店も限られており、岐阜県では「自由書房」だけで、名古屋は「丸善」、東京は「紀伊国屋」「アマゾン」あたりで直接の入手が可能という。この他、直接「岐阜新聞情報センター(出版室)/TEL058-264-1620)へ連絡して入手というのも可能だそうだ。

‘貴重’と思えるものに出合えることはなかなか無い。それだけに出合えた時の喜びは格別。人によって価値観は全く違うものであるが、ここで紹介させていただいたものは私にとっては大変貴重で価値あるもの。興味関心を持たれた方は、ぜひとも一読されることをおすすめする。





「源流をたずねて5」(著者:吉村朝之/発行:岐阜新聞社、発売:岐阜新聞情報センター)
※タイトル文字の‘5’は、正しくはローマ数字での表記なのですが、機種依存文字の為‘5’と表記させていただきました。

http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2007/11/18 13:56】 | その他 | page top↑
#133 山間の狭路で
~山間の狭路で~

山深き地の山村や廃村、林道などを好きで訪れるようになって15年、その間様々な道を訪れた。通常山間部の道は、山深く入って行くほどに細くなってゆく。そしてそういった所では車一台通るのがやっとという、極端に幅の狭い道が延々と続くというのも珍しいことではない。まあ大抵は適当な所に待避所があり、対向車が来た時にはどちらかがそこまで下がればすれ違うことができるのではあるが‥。と言っても、細い道をバックで何十メートル、何百メートルと下がってゆくなど、できることならばしたくないものだ。こういった所は山間部ゆえ坂道も多く、またガードレールがない所も多い。さらに路肩はゆるく崩れそうで、場所によっては植物が覆って路肩の判別がつきにくいこともある。一歩間違えば転落事故となってしまう、危険いっぱいの所なのである。

対向車と出くわした時、まず待避所の位置を確認する。自分の近くにあるなら、下がるなり進むなりしてそこで対向車をやり過ごす。こういう所ですれ違う車の多くは地元の一般車や工事関係、林業関係の車両、できるだけ迷惑はかけたくないものだ。だから、明らかに対向車のほうが待避所に近いという時以外は「こちらから下がるもの」という姿勢を持つようにしている。お互いがそのような気持ちであるならば、出くわした時など、一旦停まって互いに位置を確認した後に待避所に近い方が気をきかして下がってゆくことになるので、何のトラブルも起きず嫌な思いをすることもない。

ところが最近これで嫌な思いをすることがやたら多い。明らかに自分の車が待避所が近く相手が待避所から遠く離れているという状況がわかっているのに、全くお構いなしで突っ込んでくる車が目立つのである。自分が待避所に入って待とうという気など、ハナから無いのである。結局こちらが延々とバックすることになる。相手はほんの数メートル下がればいいだけなのだが‥。土日など特にこの傾向が強く感じられるのは、外部からの車が多いからなのだろうか。そういえば、このような状況で相手が下がりこちらが譲ってもらったという記憶はここの所ほとんどない。唯一、ダンプやトラックなどの工事車両が積極的に譲ってくれるという印象があるだけだ。そういう時は、さすがにプロだなぁと思ったりもする。

先日、奈良県境に近い三重県の美杉という所を訪れた。そこへ向かう峠の手前付近の数キロが大変細いクネクネ道となっている。さっそく、対向車があった時に備えて‘延々とバックをする’心の準備をする。やがて対向車が現れた。こちらは少し対向車と離れてると思いながらも待避所で待つ。しかし相手はこちらにやって来ない。少し待ったが車は来ない。相手が待避所で待ってくれているのである。こういうのは何か久しぶりで、ちょっと嬉しく感じた。少し走ると、また対向車の姿が見えた。やはり先程と同じで待ってくれている。その後、何台も車とすれ違ったが、ほとんどが同じような感じで道を譲ってくれるのだ。嬉しさ以上にちょっと驚きだった。そしてすれ違う時にお礼の意を示すと、ほとんどのドライバーが笑顔で会釈してくれる。地元の方が多かったようだが、多府県ナンバー車もあった。どの車も無理に突っ込んでくることなど全く無かった。結局そこだけではなく、その周辺で出合ったほとんどの対向車がこのような感じだったのである。

とても爽やかな気分になった。ここはマナーある運転、思いやりある運転ができる地域??こういうことってあるのだなぁ‥など勝手に思ってしまう。たまたまそういうドライバーが続いただけなのかもしれないが、それでも非常に爽やかな気持ちで峠を越えることができたことに、素直に感謝する。人を爽やかにさせる、自分もそういう余裕ある運転が山でできればなぁ‥など思ったりもするのである。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2007/11/10 07:39】 | | page top↑
#132 冠山林道の秋の風景
~冠山林道の秋の風景~

久しぶりに冠山林道を訪れた。前回訪れたのが徳山ダム湛水前なので、それからもう1年以上も過ぎたことになる。その間のこの地域はまさに激動の時。その結果、周辺の景観は激変することとなった。秋の冠山の風景の美しさは通の間では有名な話だが、今はそれに加えて林道から遠く徳山ダム湖の湖面も見えるという。その風景が一体どういうものなのか、やはり見ておかなければいけないということで、紅葉にはちょっと早い時期の冠山林道訪問となった。

この日は木之本~坂内~徳山と訪れ、そのまま一気に冠峠を目指すことにした。徳山ダムにはもうかなりの水が貯まっている。見覚えある山並みを見ると鮮明に浮かんでくるかつての村の風景。しかしその冷たく横たわるダム湖の重々しい湖面を目の当たりにすると、もうダム底のかつての風景はぶっ飛んでしまい、全く別のものに変わってしまったということを感じざるを得ない。ダムサイトより少し走ったところにある徳山会館には、この日も多くの車と何台かのバスが停まっていた。村出身の方も、そうでない方も訪れているようだったが、この先、訪れる人は増えるのだろうか減るのだろうか、など考えてしまう。

徳山を後にして冠山林道に向かう。林道といっても、ここはもうずいぶん前に完全舗装となっているので、道を走る楽しさはさほど感じない。それでも山深い感じと圧倒される程の雄大な景色が素晴らしいので、私の中では大好きな林道の一つとなっている。林道起点あたりは、まだ紅葉も色づき始めの前段階という感じだったが、標高を上げるにつれ少しずつ色づき始めてくる。平日というのに、このような地にしてはけっこう車は多いほう。登山で人気のある冠山なので、この時期にはかなりの数の訪問客があるのだろう。休みの日などには、きっと多くの人が訪れたはずだ。

林道の脇で目立つのは、風にゆれる柔らかい真綿のようなススキの穂。光があるともっと輝き美しいのだろうが、残念ながらこの日はあいにくの曇り空。それでも秋の雰囲気を十分に味わうことができ、疲れた心を癒してくれる。さらに林道をのぼる。山肌の木々の色が黄色味を帯びてくる。そして所々に紅葉した木々を見ることができるようになってくると、周りはもうすっかり秋の色。雄大な山並みの景色に加えて、この秋の色、もう文句のつけようが無い。紅葉の最盛期だったらもっと美しいのに、これに青空が加わっていたら‥など野暮なことは言いっこなしだ。これにはこれの美しさがあると言うもの。

ふと下界を見る。何かが遠くに白く光っている。以前だったらそこには見事なV字谷が見えていたはずなのだが、今は違った風景が広がっていた。モヤに霞んだ中で白く光って見えていたのは、V字谷を飲み込んだ徳山ダム湖の湖面。それが曇り空の雲を反射している。何とも見慣れない風景なのだが、これからはこれが普通の風景となる。これだけを見たら美しく感じるのかもしれないが、これまでの経緯を考えるととてもじゃないがそのようには思えない。湛水前に訪れた時に揖斐川の河原で見た美しい素朴な風景、それらが全てこの下に沈んでいることを考えると、人間って何てとんでもないものを作ってしまうのだろう、など感じてしまう。反対側の冠山に目を向けると、いつもどおりの‘冠山林道からの風景’が広がっており、ささやかではあるが、そのことにホッとする。

秋の冠山林道は本当に美しい。今回の訪問が、これからクライマックスを迎えるであろう紅葉の時期でなかったのが、少しばかり残念に思ったりもするのだが、それでもこの美しさは本当に格別。今までとは少し違った林道からの風景に気づきながらも、この秋の風景を味わうのがこれからの冠山林道‥なのかもしれない。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2007/11/01 21:01】 | 林道 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。