スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#143 ダムの上と下の風景
~ダムの上と下の風景~

当たり前のことであるが、ダムから見る風景は、その上流側と下流側とでは全く違う。上流側では、堰堤でせき止められた川の水が全てのものを飲み込み、静かな湖面のダム湖が作られる。下流側では、ダムから放水された水が、かつての面影を残す風景の中を川となって流れる。そのためか堰堤で分断された二つの風景は、何とも不自然につながっているように感じられる。最近は平常時は水をそのまま流す‘穴あきダム’などもあるようだが、今目にする多くのダムは水を満々と貯えるスタイルのものが多い。

雪が降ったある朝、永源寺ダム(滋賀県東近江市)を訪れた。年末には湖底近くまで水位が下がっていたこのダムも、この日は鈴鹿の谷より流れ出た水が集められ、かなりの水位となっていた。いかにも山上湖という雰囲気のその湖面には、雲のわずかな隙間から顔を出した朝日が反射し、何とも美しい冬の風景を朝の山間に作り出していた。昭和47年に完成したこのダム、やはりその建設の際には多くの家屋が立ち退き移転となっており、いくつかの集落が水没している。今見える湖面に映る朝日の下には、多くの人たちの生活があり、人々の温かみがあったのである。

ふと、ダムの下流側を見る。そこにはかつてダム上流部にも広がっていたであろうと思われる、愛知川谷の風景の面影を見ることができた。この日は少し雪が降ったこともあり、谷の面影はうっすらと雪化粧しており、いかにも冷たそうな川の風景となっている。ダムから流れ出た水が作る川の横には雪化粧をした集落。きっとこのような風景がダムができる前は、普通にずっと上流まで続いたのであろう。愛知川谷ののどかな風景‥だったはずである。しかし残念ながら、ダムができる前には見られたであろう、斜面を利用した段々畑のある集落の風景は、もうここでは見ることはできない。

このダム建設の際には、やはり多くの地元の方たちの反対があったという。そしていくつかあった集落のたどった運命もまちまちだ。全く違った所への移転という道を選ばず、水没を逃れる形でかつての故郷の名を残し、ダム周辺に今も住まわれている方たちのいる集落。また一部水没が免れるものの、もう集落としての機能の維持が難しく、住民全員が移転して、地図から集落としての名前を消すこととなった集落。故郷の地に残った者、その地を離れた者、形は違っても、水の中に沈むとともに故郷への思いまでが水の中に消えてしまうということはないはず。果たしてその人たちの目に、四季折々に美しい風景を見せるこのダム湖の風景が、どのように映っていることなのか。

ダム湖畔を通る道は近い将来、鈴鹿をトンネルで貫き三重県とつながる。今も峠越えでつながってはいるものの、道は狭く冬季には閉鎖されてしまう状況。開通後は多くの車が通り、紅葉などの観光シーズンになると今の何倍もの交通量になるはず。トンネル完成による地元の経済効果も大いに見込まれるのである。それによりダムを訪れる人が増えることも間違いない。ただ、たとえ周辺の風景や状況が大きく変わっても、ダムから見える上と下の風景の違いを思う、そのことを忘れてはいけないと感じるのである。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
スポンサーサイト
【2008/01/27 23:37】 | ダム | page top↑
#142 ‘君ヶ畑’にて
~‘君ヶ畑’にて~

ここに来るといつも立ち止まり撮映する場所、というのが私にはある。鈴鹿の山間の美しい集落『君ヶ畑』では、この水場がそれである。いつ訪れても、何とも冷たそうな水が出っ放しで、その水の流れる音が大変心地よく耳に響く。蛇口につけられたホースから流れ出る水は、下に置かれた年季の入った金属製の桶から溢れ流れる。なぜか右端の桶には青々とした葉が置かれている。これは確か以前見た時も、そうだったような気がする。

この日も水場に近づき、へばりつくように写真を撮っていた。すると背中から「熱心に撮ってはりますなぁ」という声。そういえば以前もここで同じような感じで声をかけられたような気がする。その時は女性のお年寄りの方だったが、今回は男性。「写真を撮らせてもらってます。きれいな所ですねぇ」と返す。早速いろいろとお話をうかがう。いつも出っ放しのこの水道のことをうかがってみた。すると、以前に集落で火災があり多くの家屋が焼けてしまったという。それ以来、谷から水を引き、集落内にいくつかの水場を作ったそうだ。そういえばここの他にもいくつかの水場があるが、全て水は流れっぱなしになっている。「御池岳からの水は枯れることはないからな。けっこう有名で、これを見に来る人もおるんや」だそうである。もちろん、私もその一人だ。

この集落、今でこそ自動車道が着いているが、その方が子どもの頃は8kmもの山道を毎日学校まで通ったそうだ。「そのおかげで、今も元気や」と筋金入りの健脚であろう足をポンとたたく。やはり幼い頃に「一山越えて‘茨川’へ行ってな、そこからさらに鈴鹿の峠(治田峠)を越えて伊勢まで行って、それで今度はまた山を越えて戻ってきてお多賀さんまで行ったもんや」と懐かしそうに話される。いろいろお話をうかがっていて、ずっとこの地で暮らしてこられたものとばかり思っていたが、うかがってみると仕事を定年退職されてこちらに帰ってこられたという。何十年もの勤労生活を終えた後に、懐かしき故郷の地で静かに第二の人生をすごす。この地は冬場にはかなりの雪が降り積もる。それでも「何年か前の大雪の時は、役場から50人もの人が雪下ろしの応援に来てくれはってな」と話される姿に、そのことを疎ましく思う気持ちはまるで感じられない。

その方にお話をうかがった後、しばらく村を散策する。すると以前、分校跡地にあった二ノ宮金次郎像の姿が見えないことに気がついた。金次郎像のあったあたりで工事がされているのだ。「工事で、とうとう取り壊されたのか‥」と思いながら、近くで雪かきをされている方にそのことをうかがってみた。すると「今工事で、校庭の奥にのけられてますよ」とのこと。そちらの方に行ってみると‘木地師の里の金次郎’を見つけることができた。「やぱり大事にされているんだなぁ‥」と何とも嬉しくなる。

山村を訪れるといつも「なぜ、こんなに心が落ち着くんだろう‥」と思う。五感に感じるもの全てに心がなじむ、そんな感じがする。今は人が少なくなり、寂しさが強調されがちであるが、数十年前は多くの人と賑やかな子どもたちの声が響いていたはず。「一度でもいいからその頃の様子を見てみたい」なんて、かなわぬことであるがいつも思ってしまうのである。













http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2008/01/20 22:49】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
#141 狛犬のワタ帽子
~狛犬のワタ帽子~

「おぉ!(何とも可愛らしい!)」とそれを見た時、思わず声が出てしまった。邪悪なものから、祀られている神を護り続け、ひたすら寡黙で勇猛な狛犬が、何とも可愛らしいワタ帽子をかぶっているのだ。それも二頭ともお揃いでかぶっている様が何ともほほえましい。神聖な場でこのようなことを思うのはよくないことなのかもしれないが、思わず心温かくなる光景だった。

山村を訪れるとよく目にする狛犬。一つの集落には必ずといっていいほど神社があり、そこには必ず一対の狛犬たちがいる。狛犬について詳しいことはわからないのであるが、なぜか私はこの狛犬には大いに惹かれるものを感じてしまうのだ。村人たちの思いや願いを背負い、物言わずその役割を果たす。雨が降ろうが雪が降ろうが、朝も夜も関係ない。特に廃村となった集落で、人がいなくなってもなお忠実に神を護り続ける狛犬たちの姿は何とも頼もしく、そしてそのけなげな姿が意地らしい。

この日訪れたのは、鈴鹿の山間部の集落『君ヶ畑』。雪の降った正月明けのことだった。『蛭谷』とともに木地師発祥の地として有名なこの地『君ヶ畑』にも、例外なく過疎の波が押し寄せ、人口の減少そして高齢化も著しいという。ずっと以前に訪れた時には真新しく感じた‘木地師の里’の村入り口の看板も今はすっかりと古びてしまっている。今年は雪が少ないとはいえ、集落内にはけっこうな量の雪が残っており、そのためか屋外に出ている人もほとんどなく、寂しさが増幅される感じもする。

この歴史ある地には、木地師・轆轤師の祖とされる惟喬親王を祭る‘大皇器地祖神社(おおきみきじそじんじゃ)’がある。鳥居あたりから参道に立ち並ぶ見事な大杉には、何者にも有無を言わせぬ迫力と厳格さを感じる。雪多い周囲の風景であるが、立ち並ぶ大杉が雪を遮るからなのか、思いの他、境内には雪は少ない。その中で見た狛犬たちのワタ帽子。周囲を見るとこのあたりには雪が降り落ちていたようで、狛犬だけでなく横の石灯篭などにも雪がかぶさっている。ちょうど大杉たちが雪を遮りきれない所に狛犬たちがいた、ということなのだろう。いや、もしかしたら大杉が、生真面目な狛犬たちに少しばかりのいたずらをした??

狛犬は単なる石像。人工物だ。感情も意思などを持つはずがない。当然、動くわけもなく神社で神を護るなどの行為をするはずもない。しかしその背景には多くの人たちの思いがあり、願いがあり愛情がある。そしてそれは限りなく深い。そう思った時にそこに命に近いものを人々は与え、そして感じる。だからこそ人々はそれらを大事にし、思いを託し、そして感謝の意を表す。これは狛犬に対してだけのことではない。木々に、花に、水に、天に、陽に、動物に‥自然のもの多くに人々は感謝してきた。そしてそうすることによって、長年にわたって自然とともに生きてくることができた。今、自然に対して人間はどう接しているのかということを考えると、人間の限りない驕りを感じてしまう。何とも可愛らしいワタ帽子をかぶった狛犬を見ながら、このようなことを感じてしまうのである。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2008/01/13 21:02】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
#140 新春・芹谷にて
~新春・芹谷にて~

年明け最初に大好きな芹谷(犬上郡多賀町)を訪れた。2~3日程前に雪が降ったものの、幹線道においてはその多くが融けてしまっており、訪問時には道の両脇に残っている程度。今回は雪景色の美しさを望むのは「ちょっと無理?」、という感じでの芹谷訪問であった。しかしそういう不安を見事に吹き飛ばしてくれたのは、さすが芹谷というべきか。

ダム問題で揺れている『下水谷』で道を折れ‘河内の風穴’方面へ向かう。この日は『下水谷』にお住まいの方が、シャベルで家の前の雪を除雪されていた。日頃は閉め切られているようであるが、お正月ということもあり、帰って来られているのかもしれない。ダム建設工事が始まると、工事用の道が着けられ、このあたりは大きく変わることになる。このような昔ながらの風景を見られるのも、あとわずかのことになるのだろう。家屋が傷んでも直すに直せない状況。ダム計画で消えゆく村であるから生活環境の諸整備もストップされ、不安定な状況の中で時間だけが過ぎてゆく日々。迷走するダム計画に振り回されている住民の思いは、いかなるものなのか。

程なくして芹谷分校跡地に着く。何のためかはわからないが、ここは最近になって多量の土が運ばれ盛り上げられている。すぐ脇のお地蔵様が何とも居心地悪そうに見えるのが、気の毒な感じがする。この地蔵様は、以前に学校裏の山崩れか何かの時にその中から偶然に見つけられたという。山崩れで一人の犠牲者を出すことも無かったのは、地蔵様のおかげということで、地域の人に大事にされているそうだ。今はもう学校も消え、周辺の景色も大きく変わりつつある。時の流れと共に変わりゆく芹谷の風景を、静かに見守る地蔵様なのである。

芹谷には自分なりの撮影ポイントがいくつかあるのだが、この学校跡地をもう少し奥に行った所に私の好きな撮影ポイントがある。早速ポイントの橋から川を見下ろす。まず橋の上流に目をやると、うっすらと雪化粧した山と、そのバックの青空と白い雲。何のことは無い普通の冬の風景であるのだが、それが私にはけっこう美しく感じてしまう。夏の重々しい緑の暑苦しさとは全く正反対の、爽やかな澄んだ空気を感じる、心地よい冷たさに包まれた冬の風景といったところか。次に橋から下流を見る。思わず驚く。「これ、これ!これこそ芹谷の風景!」という風景がそこには広がっていた。透明で、激しく流れる水。冬の厳しさ、冷たさを思いっきり感じさせてくれる川の風景。そしてそれのバックには川から、木々や岩から滲み出るような水蒸気。さらには霧のカーテンの向こうに逆光の中で光る山々。霧と白い雲がうまく混じりあい、冷たくも暖かいトーンを作り出す。

そういえば昨年も新年最初に訪れた地は芹谷だった。今年も新年最初に見た美しい風景は、やはり芹谷。この先ここの風景がどのように変わってゆくのかわからない。もうこのような美しい芹谷を見れるのもあとわずかなのかもしれない。そのことを切なく思いながらも、この日いつもに増して美しい芹谷を一人感じたりした。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2008/01/05 21:14】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。