スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#149 奥川並の桜らしくない桜
~奥川並の桜らしくない桜~

春の廃村。夏場には、何とも重い感じの緑の雑草で全体が覆われ、蒸し上がるような暑苦しさとともに何人も近づけない雰囲気を全面に押し出そうとする廃村も、この時期は様々な色の花や新緑の木々の葉で美しく彩られる。

下界の桜が葉桜となりつつある日、1年ぶりに余呉町の廃村『奥川並』を訪れた。ここを訪れる時は、なぜか曇り空や小雨などのどんよりとした天候となってしまうことが多いのだが、この日はいかにも春らしい爽やかな好天。空には青空が広がり、そこに浮かぶ白い雲が爽やかさをさらに強く演出する。今回の訪問でぜひ見たかったのが、この集落の中央部にある桜の木。昨年の春の訪問でもその花を見ることができたのだが、あいにくの雨。さらに枝全体に雑草がからまっているため幹や枝などの桜独特の姿が確認できず、どうにもこうにも‘桜を見た’という気がしなかった。よく目にする、栄養たっぷりで大地にしっかりと根をはった花見桜とは全く違って、何とも弱々しい感じの細身の桜という感じだった。この‘桜らしくない桜’は、日照時間の短かさゆえのものなのか、それとも周囲の雑草に負けてしまっているからなのか。

早速、集落の坂道の先に見える桜の木へと近づく。周囲の緑の中で控えめに咲く白い花が目に入る。その存在にホッとしながら、さらに近づく。やはりそこにあったのは、他とは一味違った‘奥川並の桜’。全体に雑草がからみつき、どうにも異様な雰囲気なのは昨年と同じ。その枝振りはどう見ても桜とは思えない雰囲気で、一般の桜のイメージとは何か違っている。しかし昨年と大きく違うのは、この日は春の青空をバックに白桃色の花が映えて、何とも美しいこと。からみついている雑草の新緑がみずみずしく、春の彩に花を添えているのも印象的だった。木の下から見上げると、控えめに広がる枝や花が何とも言えずいい感じだ。同じ桜なのに昨年とは全く違って見えるのは、何とも不思議なもの。決して他では見ることのできない‘奥川並だけの桜’など感じてしまうのは、人間の身勝手以外の何ものでもない、ということか。

そういえば『奥川並』では、これの他に桜の木が見あたらない。通常、学校周辺や神社、川沿いなどには必ずと言っていいほど桜の木を見ることができるのだが、ここではそういった跡でも桜を全く見ることができない。集落に人が住んでいた当時は普通にあったものが、人が去っていった後に杉の木などの植林のため全て切り払われてしまったのか‥。それとも元々桜が育ちにくい地であったため無いものだったのか‥。『奥川並』は昭和44年の集団離村。人が去ってすでに40年もの年月が過ぎたことになる。しかしこの桜らしくない桜が樹齢40年以上のものとはどうも思えない。ということは廃村後に生まれた桜ということなのか‥。などなど、一本の桜を見て勝手にいろいろなことを考えたりしたのも、春の陽気の中では心地良いこと。

奥川並に残るこの弱々しくも美しい一本の桜、春の風景の中ではやけに目立ってカッコよく、美しく感じた。廃村の中のたった一本の桜(勝手にそう思っているだけ?)、冬期の豪雪、そして夏の雑草に負けず、この先もその不思議な姿を見せてほしいものだと思うのである。













http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
スポンサーサイト
【2008/04/29 09:24】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
#148 故郷への思い
~故郷への思い~





「生きる×2 ~ふるさとダムに消えても~」
(メ~テレ制作)より


間もなく放送が予定されている、ある番組を紹介させていただく。「生きる×2 ~ふるさとダムに消えても~(メ~テレ制作)」という番組である。徳山ダム建設によって故郷を離れざるを得なくなったあるご夫婦の故郷への思いを描いたもので、以前このコーナーでも紹介させていただいた、‘源流をたずねて’の著者であり、水中カメラマンであり、(有)アアクエイトテレビの代表取締役である吉村朝之氏が撮影、企画をされている。ご存知のように徳山ダムは、一昨年の試験湛水以来着実に水が溜められ、かつての徳山村の集落や数え切れない程の動物や植物など、多くのものを湖底に飲み込み今に至っている。唯一ダムに沈むことを免れた集落『門入』も、そこに至る道路が水没したため容易には訪れることができなくなっており、元の住民にとっては何とも‘遠き故郷’となってしまっているのが現状。その遠き故郷に、険しい山道を踏みしめ、山を越え谷を越えて通い続けるあるご夫婦、その姿をカメラは追う。

このサイトの大きなテーマである‘故郷への思い’とまさに重なっており、私はこの番組を心待ちにしている。もし興味関心をお持ちの方は、ぜひご覧いただければと思う。なお番組はメ~テレ制作で、放送予定は「テレビ朝日4月20日(日)朝5:20~」「メ~テレ4月26日(土)朝5:20~」「朝日放送4月26日(土)朝5:05~」となっているが、各地域の放送予定は以下の「民間放送教育協会」のサイトに、番組の詳細とともに紹介されているので、そちらもご覧いただければと思う。

http://www.minkyo.or.jp/


下の写真は水没前の徳山の風景。今はもう湖深く沈み、当然ながらもう二度と見ることはできない。そして最後の写真は満々と水を湛える徳山ダム湖の風景。多くの人の様々な思いが、この湖底には存在する。故郷への思い、それは人によって様々だろう。故郷ですごした年数によって変わるだろうし、どのように生活し、どのような思い出が積み上げられてきたかによっても変わるはず。また故郷がどのような環境にあったのか、今その故郷の地がどのようになっているかによっても大きく変わることだろう。すでに故郷を離れている場合、どのような離れ方をしたかによっても違うだろうし、男女という‘性’の違いによっても、その思いは違うのかもしれない。この「生きる×2 ~ふるさとダムに消えても~」で、我々はどのような故郷を知り、そしてどのような思いをそこに感じるのだろうか。


















http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2008/04/16 22:54】 | 岐阜県山村・廃村・自然 | page top↑
#147 春を感じる
~春を感じる~

寒さ厳しく、彩度の低い色が厚く塗られた冬の風景が終わり、多くの新しい命が芽生える春がやってきた。低彩度の風景に、少しずつ花や木々の葉の鮮やかな色が散りばめられてゆき、これからのブレイクを感じさせてくれる季節。冷たかった風も暖かい風に変わり、山の風景を味わいながらのんびりと散策するには最高のシーズンだ。

ところがここのところずっと慌しさが続き、こんなすばらしい季節なのに、ゆっくりと山村を訪問することができないでいた。勝手気ままに走り回っていた犬が、短い鎖につながれっぱなしになって身動き取れないという感じで、ストレスはたまる一方。「もう限界!」状態だった。しかし先日、わずかな時間ではあったが、ようやく近くの山村を訪れることができた。訪れた集落は、木地師発祥の地『君ヶ畑』。私はこの集落が大好きで、最近は年に何度も訪れるようになっており、このコーナーでも何度か紹介させていただいている。

前回訪れた時は冬。一面が雪で覆われ、モノトーンの景色が実に美しかった。厳しい寒さと冷たい風、そして透明感に満ちた空気に心洗われたのを覚えている。うって変わってこの日は実に春らしい陽気。柔らかい日差しと、暖かい風がまことに心地よく刺激してくれる。冬場は雪で隠れていた茅葺家屋もその姿を見せ、苔むした分厚い屋根が春のエネルギーを思いっきり浴びて、少し残った冬の冷たさを蒸発させている、そんな感じがする。緑の木々の葉も少しずつ鮮やかさを加え、春の色を演出しいる。下界?では桜が本格的に花開こうとしているこの時期、ここではまだ桜の花は見られず主役は梅の花。家屋の庭先に植えられた木々の新芽も可愛らしい。

川に下りてみる。前回は雪帽子をかぶった河原の石もすっかり‘春’になっている。雪解けの季節には遅かったのか、川の水量はそんなに多くはない。石を渡って川の中央に移動できるのもこの季節だから。冬場と違い、足を滑らせても何とかなってしまいそうなのも嬉しいところ。水の流れる音を聴きながら、ここでボーっとすごすのも最高だろうなぁ‥など思いながらも、それは次回のお楽しみとしてこの日は帰路につく。

人間、動くといろいろなものに出会うことができる。中には出会いたくないものもあったりするが、この日は素晴らしいものに出会えた、そんな感じがする。わずかな時間ではあったが、日ごろたまりにたまったものが一気に吐き出せ爽やかな気持ちになれたのも‘出あい’があったから。それに加えるように、下界に下りて見た桜の清楚な美しさが爽やかさに追い討ちをかけてくれたのも、また嬉しく感じたりした。春に感謝!出会いに感謝!なのである。

















http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2008/04/08 00:46】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。