スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#151 春をふり返る
~春をふり返る~

赤やオレンジなどの色鮮やかな紅葉の秋が終わると、山の色は一気に彩度を落とし、冬枯れの地味な色へと変わる。そして冬の深まりとともに降り積もる雪は、それら地味な色の風景を覆い隠し、最も明度の高い雪の白い風景を作りだす。しかしその時期の空の多くが雲に覆われた薄暗い雪空、そのため光量が十分でなく、明るいというイメージはあまり感じない。静かなモノトーンの風景といったほうがしっくりくるのである。

やがて春が近くなると雪も融け始め、長い冬の間隠れていた地面が顔を出し、枯れていた植物からもみずみずしい緑が現れ始める。下界から少しばかり遅れての、山村の春の到来なのである。そして来る本格的な春。この時期は私にとって本当に楽しみな時期だ。そんな‘春’をふり返ってみた。

廃村『小原』には水仙の花が咲き乱れていた。人がいた頃は庭に植えられていたものなのだろうが、それがどんどん拡がり、今では隣家をつないでいたであろう斜面にまで咲き広がる。斜面の下から見上げると、青い空をバックに、何とも生き生きした姿に見える。よく見ないと見落としてしまいそうだが、水仙にまじって、春の定番ツクシの姿も見える。また桜の木も静かに控えめであるが、桃色や白色の花をつけて廃村の春を彩っている。近づいてみると一つ一つの花が実にかわいらしく美しい。『小原』の象徴である半鐘の支柱、それにその下にある井戸跡は今も健在で、変わることなく透明の水を流し続けている。そこの溜りに見た小ぶりのイモリも印象的だった。

廃村『奥川並』では、以前にもこのコーナーで紹介した桜の他に、緑鮮やかなシダ植物の葉、そして名前はわからないがたくさんの小さな黄色い花をつけた植物も集落のあちこちで見ることができた。林道脇の川の、勢いよく流れる雪融け水の流れも大いに春を感じさせてくれる。ふと水たまりを見ると、クネクネとした何か透明の不思議なものがある。両生類の卵だ。何の種類なのかはわからない。雨が降ったからできたと思われる道端の水たまりだから、晴天が続けばすぐにでも枯れてしまいそう。車が通ったら轢かれてつぶれてしまいそう。こんな水たまりに産みつけて大丈夫なのだろうか、など心配になる。しかしこれもほとんど人の来ない廃村ならでは、といったところか。

この春訪れたいくつかの山村や廃村、それぞれの場所でそれぞれの春を感じさせてもらった。整備された公園の花や観光地などの桜並木にあるような豪華さは全く無いのだが、このように山で普通に春を告げる植物たちは実にみずみずしく美しい。長く厳しい冬をじっと耐えてきた多くの命が、待ちに待って一気に吹き出す、そんな感じだ。どこを見ても、春!春!春!そしてこれら春を演出する植物たちを、じつに愛しく感じたりする。主をなくしても元気に咲き続ける花のたくましさを感じたりもする。その多くがよく見ないと見過ごしてしまいそうなものであるが、これらを満喫できることを本当に幸せに感じ、この先も見続けられることを願うのである。














http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
スポンサーサイト
【2008/05/28 14:46】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
#150 観音峠(下呂小阪林道)からの風景
~観音峠(下呂小阪林道)からの風景~

峠には何とも言えない魅力がある。‘峠(とうげ)’に魅せられ、それを目当てに各地を訪れる人も少なくない。長い上り坂を時間をかけて登りつめ、ようやくひらける風景。行き先を見上げながらの景色はそこで終わり、次には下り坂が新たな景色を作ってゆく。峠の地で、多くの人は足を止め一息を入れる。眼下の今まで上ってきた風景、これから下ろうという二つの風景を両側にして、その心地よさに心癒される。人それぞれ、魅力に感じる部分は違うのかもしれないが、私の場合の峠の一番の魅力は、一口で言うと「二つの風景の境目にいる心地よさ」といったところだろうか。もちろん普段見ることのできない高所からの風景の美しさや見晴らしの良さにも、魅せられる部分が多いのではある。

5月の連休、久しぶりに岐阜県下呂市にある観音峠を訪れた。今から3年半ほど前に小坂町鹿山からのアプローチで訪れた時はあいにくの小雨で、峠に着く頃には大雨となっておりガスで視界ゼロの状態。したがって峠からの風景の美しさをいっさい見ることができなかった。峠に至るまでの下呂小坂林道は雨の中でも美しい景色を見せてくれていただけに、大いに悔いが残ったものだ。その後リベンジをかねて訪れた時は、国道41号線側からのアプローチで迷ってしまい、結局途中でやめてしまった。そういうわけで今回は迷うことを避けて、一度目に訪れた時と同じく小坂町鹿山から林道に入って峠を目指すことにした。

新緑の季節と言うこともあり、林道周辺の木々は大変美しい。やや曇りがちの天候ではあったが、時折晴れ間も見えて、林道ツーリングには申し分無い条件。このぶんだと峠からの風景も期待できそうということで、期待感も自ずと高まってゆく。途中下車して写真を撮ったり、ゆっくりと周辺を散策したりして林道の春を満喫しながら2時間ほど走ったであろうか、やがて見覚えのある峠が見えてきた。なんか懐かしく感じる風景。前回は雨の中で薄暗い無彩色の風景であったのが、今回はすっきりとクリアで明るく高解像度の風景、といった感じだ。早速峠に立ち反対側(南側)の風景を見に行く。モヤがかかってはいるものの、そこには見事な山並みの風景が広がっていた。前回の訪問では決して見ることのできなかった風景。雲の切れ間からの陽差し、重なる山なみのグラデーションが何とも美しい。時間が過ぎると共に雲の形が変わり、それに伴って陽差しの具合が微妙に変わることでグラデーションの色や濃度も変わってゆく。この風景が見たかった‥ということで、しばし時間を忘れ写真撮影をする。

観音峠からの風景に大いに満足して、写真撮影を終えた。そして車に戻り運転すべく眼鏡をズボンのポケットから取り出そうとする。すると、手ごたえがない。入れておいたはずの眼鏡が無いのである。奥を探し、反対側のポケット、さらには車の中も何度も捜す。それでも無い。これだけ捜しても無いということはきっと撮影中に落としたのだろう、と峠の草原を捜す。それほど雑草がのびているわけでもないのに見当たらない。しばらく捜したが結局出てこなかった。周囲はすっかり薄暗くなっている。これ以上時間をとって、さらに暗くなっては裸眼での運転が危険であるので眼鏡は諦めることにした。

どうも最近はこういったミスが多い。人並みにしばらくの間は落ち込んだりもする。しかし宿に帰ってのデータ整理時、峠の美しさを改めて感じることで、すぐに凡ミスのことも忘れてたちまち心地よい眠気の中に落ちてゆく。いろいろあったが、観音峠からの風景の美しさは忘れることの無い風景、だったのである。












http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2008/05/19 18:48】 | 林道 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。