スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#168 霊仙分校跡で見たもの
~霊仙分校跡で見たもの~


芹谷(滋賀県犬上郡多賀町)の最奥の集落『霊仙・落合』。その集落の一番奥に、山にへばりつくようにして多賀小学校霊仙分校はあった。今はもう校舎は全く残っておらず、注意深く見るとフェンス、桜、門柱に何とか気づく程度。知っている者でなければここに学校があったなど思うことは無いだろう。私自身これまでに何度も訪れてはいるものの、いまだここに学校があったということが実感できないでいる。

前回のこのコーナーでも書いたが、この地は植林された杉が空を覆い隠し、日中もほとんど日が当たらない。そのためいかに天気の良い日に訪れても薄暗く、道や家屋の多くは苔むして何ともいえない独特の雰囲気を作り出している。当然この学校跡地にも日は当たらず、秋晴れのこの日も薄暗いままだった。

学校跡は夏場は雑草に覆われてしまって、朽ちて崩れかかった門柱より中にはとてもじゃないが入ることができない。コンクリートの門柱ととそこにボルトで固定されていたであろう木の柱、それと雪の重みでたわんでしまった金網の青いフェンスだけが、雑草に覆われる時期には見ることができるもの。秋もそろそろ本格的になろうかというこの時期であれば、おそらく雑草の勢いも無くなりグランドにも入れるだろうと思って訪れたこの日であるが、現実はそうではなかった。夏場より幾分ましだとはいえ、この日も背の高い秋の‘雑草’に覆われて、やはりグランドの土は見ることができない。冬場は雪で覆われてしまうので、やはり地面を見ることは不可能。一体いつに、この多賀小学校霊仙分校のグランドの土を見ることができるのだろう‥など思わず考えてしまう。

ところで‘グランド’ということばを先程から使ってはいるが、ここは鈴鹿の山中の芹谷最奥にある小さな分校跡。通常の広さを持ったグランドということは到底あり得ない。小さな体育館くらいの広さの敷地に小さな校舎が立ち、その余ったスペースがグランドという感じだったのだろう。ことばとしては、グランドというより‘分校の校庭’といったほうがしっくりくるのかもしれない。今の様子からは、ここに学校があったということはまことに受け入れ難い。校舎在りし日のこの地を訪れているはずなのだが、残念ながら当時の学校風景の記憶が全く無く、実際の校庭のイメージを持つことができないのが何とも歯がゆい。

ふと見ると門柱横のフェンスに何かがからんでいる。鎖だ。その先を目で追ってゆく‥「おお!」と思わず声が出る。ブランコである。フェンスの柱にブランコが絡み付いているのだ。わざわざ他の地からブランコの残骸を持ってきてここに絡みつけるなんてことはあり得ない話、間違いなくこの霊仙分校にあったブランコなのだろう。ずっとここにあるのなら以前に来た時に気づいていたはずなのだが、全く気づかなかった。誰がいつフェンスにこのブランコをかけたのかはわからない。残骸となって雑草に埋もれていくのを哀しく思ったのか、草刈の際に草刈機にチェーンが巻きつくのを嫌ってどけようとしたのか‥いずれにしても、現役の頃のイメージの沸かない分校跡に、何かわずかなイメージのきっかけを与えてくれたような気がする。普通に見たら単なる残骸、しかし私からするとこれは輝く光。以前、余呉町の尾羽梨分校跡でやはりブランコの残骸を見つけたが、その時とはまた違った嬉しさを感じたりもした。

1年生から4年生までの小さな子どもたち。その子たちが小さな机を並べて学んだこの地は、長い年月をかけて静かに自然の中にとけこもうとしている。学校のすぐ横に二軒の民家があるが、そのうちの一軒はまだまだ十分に人の温かみが感じられるが、もう一軒は傷みつつある状態。村が活発な頃は、さぞかし子どもたちのにぎやかな声で悩まされていたのであろうこの二軒の民家であるが、今は静けさの中でゆっくりと流れる時をすごす。ここで見たブランコがわずかではあるが、消えてしまった子どもたちの声や、にぎやかな子どもの声を聴きながら生活していた‘学校横の民家’の当時をイメージさせてくれる。そのことを思うと、静寂のこの地にも様々な声が聞こえてくるのである。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
スポンサーサイト
【2008/10/30 22:39】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
#167 最奥の村の黄色い道
~最奥の村の黄色い道~


ダム建設の有無で揺れているこの地‘芹谷’に久しぶりに訪れた。この日も、芹谷の入り口の『下水谷』の集会所前の空き地には多くの軽トラックが停められており、開け放された戸からは多くの人たちが何か話し合っている姿が見られた。その多くが高齢者の方たち。先頃、県がダム建設中止の方針を明確にしたことを受けて、地元の人たちが寄り合っていたのだろうか。この地のダム建設の是非は別として、ダム建設計画によって地元の人々の生活が揺れ動き、行き先の定まらない不安な日々を送ってきたということは間違いない。

その芹谷をずっと奥に進む。この日は休日ということもあり‘河内の風穴’を目当てに訪れる車も時折見られる。風穴手前は非常に道幅が狭く、対向車と出合うと往生する。風穴の駐車場手前に来ると、駐車場の係りの人(オバチャン)が駐車場へと手招きをする。私を風穴目当ての観光客と思ったのだろう。ここより奥へ行く一般人はほとんどないので、そのように思われるのも仕方が無い。しかし私はここを通過して、もっと奥に行きたいのである。何度も手招きをするオバチャンに軽く頭を下げ手を横に振る。しかしそこを通過させくれという合図が通じることはなく、結局窓を開けてその旨を口頭伝えた次第である。それにしてもあのオバチャン、どこかで見たことがあるなぁ‥など思ったりしたのだが、結局思い出すことはできなかった。この辺のあちこちをウロウロして出会う人たちに話を聞いたりしているので、その時出会った方だったのかもしれない。

芹谷には過疎集落や既に人が住まなくなった集落が多い。『妛原』より奥は冬場の雪も除雪されないので、多くの雪が積もる時期には車で訪れることができなくなってしまう。ここを訪れるには、今頃から雪が降り始めるまでの期間が一番いい時期だ。杉林独特の薄暗さはどうしようもないものの、あの不快なジメジメ感が無くなり、ヒルややぶ蚊に襲われることも無い。雑草も少なくなるので、かつての人の跡もよくわかる。この日は最奥の集落『霊仙・落合』を目指した。途中『入谷』に寄るが、やる気満々の数匹のスズメバチがブーン、ブーンと羽音をたせて道をふさいでいたのであっさり退散することにし、そのまま最奥の『霊仙・落合』へ向かった。

『霊仙・落合』。この美しい集落は、年々人の気配が薄くなってきている、そんな感じがする。この日も人の気配はなかった。それにしても、崩れ落ちつつある家屋を整理したのだろうか、何か以前訪れた時よりずいぶんとすっきりとした印象がある。この地を初めて訪れた時から、なぜか印象に残るたたずまいの寺「蓮休寺」は今も健在。昭和23年に本堂が全焼し、その後再建されたというから、人間で言えば約60才といったところか。それにしても自然と一体化しつつあるこの寺の姿は、寂しさを感じるものの実に美しい。本堂やその周辺は自然のもので彩られている。土台の石垣はオレンジ色、本堂前の道は黄色‥等々、通常ではあり得ない色彩で構成されているのに全く違和感を感じさせない。また窓に映った木々の緑と苔むした建物の壁面の一体感も実に美しい。そしてそれぞれが、陽射しから遠ざかる日々を何十年もすごしているこの地の歴史を静かに物語る。

黄色い道、オレンジ色の石垣、今にも木々の緑に溶け込んでしまいそうな一体感ある彩り、その中に浸りきったわずかな時間は、紅葉を前にした‘緑の秋’での最高の時間だった。静寂の中で時折通る車の音にこの村の人の気配を重ねようとしたが、それは全く違ったもの。そしてそれが嬉しくもあり、寂しくもあった。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2008/10/23 21:54】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
#166 思わぬ光景
~思わぬ光景~


気ままに山村や廃村・林道などを訪れると、思わぬ光景に出くわすことがある。普通に生活している中では、絶対に出合うことの無いような光景。そして私のような人間にとっては、そのような瞬間に遭遇できたことは何ともいえない喜びとなる。

岐阜県の廃村『椿』を訪れた時のこと。『椿』に至るには、最奥の集落から少しばかり車で走らなければならない。幅の狭い川に沿った峡路だ。ほとんど車は通らないとはいえ、見通しが決してよくない道なので、ゆっくりと慎重に車を進ませなければならない。もうすぐ集落入り口あたりという所で、ふと見ると10メートルくらい先に何か鳥らしきものが倒れている。何の種類なのかはわからないが、鳩より少し大きいくらいの鳥だ。車が近づいても身動き一つしないところを見ると、どうやら死んでしまっているようである。私は車でひかないように横を避けてゆっくり通ろうと考えた。そしてそれが前輪タイヤ横あたりに来た時、大いに驚くことになった。

何とその鳥には、蛇がぐるぐるにからみついていたのである。よく見ると、ごく普通に見るシマヘビだ。そのシマヘビが鳩よりも大きいその鳥に巻きつき、締めつけている。鳥は身動き一つしない。スズメくらいの小鳥であればヘビに襲われ丸飲みされるのはよくある話だが、まさかこんなヘビがこのような大きな鳥を襲うことはないはず。おそらく道端で弱っていたのか死んでいたのか、すでに倒れていたこの鳥を見つけてからみついたのだろう、など考えながら車を降りる。そしてドアを閉めて鳥を見にまわる。しかしそこには、あるはずの鳥の姿がない。どこにも見えない。周囲を見渡しても、もちろん車の下ものぞきこんでみても鳥の姿は見えない。今 先程まであった、ヘビにからまれた鳥の姿が見えないのだ。そしてそこには、ただ一匹、鎌首を持ち上げて怒りに満ちたシマヘビの姿があっただけだった。

何が起こったのかわからなかったが、とりあえず急いで成り行きを整理してみた。ぐるぐるに巻かれて死んでいると思われた鳥は実は生きていて、ヘビに襲われているところだった。そこに大きな車が近づき、それに驚いたヘビが思わず獲物の鳥を解放してしまい、その隙を見て鳥はヘビから逃れ飛び去った。そして後に残ったのは、捕獲した大物を逃すことになってしまって怒りに満ちたヘビ一匹だけだった、ということのようである。

それにしても獲物を逃したヘビの怒りは尋常ではなかった。何と獲物を逃がす原因となった大きな敵(私の愛車)に対し思いっきり威嚇の姿勢をとり、そして襲いかかってきたのだ。怒りの矛先は車のタイヤに向けられた。シマヘビは勢いよくタイヤに飛びかかり牙をたてる。しかしゴムとはいえ、固いタイヤがヘビの牙を通すはずがない。それでも何度もタイヤに飛びかかる。怒りの矛先が私でなくてよかった、など思いながらその光景を写そうとカメラを用意した時は、残念ながら既にもうヘビの姿は見えなくなっていた。

あんな大きな獲物を捕らえたシマヘビ、そしてそれを邪魔した自分より遙かに大きな敵(車)に対して、果敢に立ち向かおうとするその勇敢な姿が無茶苦茶かっこよく感じられた。またあんなに大きな鳥をどのようにして生け捕ったのだろう、さらに締め落としたところでどのようにしてあんな大きな獲物を食することができるのだろう、など何とも不思議に感じられた。そして考えれば考えるほど、あのシマヘビがかっこよく思えてきた。写真におさめられなかったことは残念だったが、この光景を見ることができたことは私にとっては思わぬ感動。特別なものではなく、日頃よく目にするシマヘビが主人公だったということが何より輝いて感じられたのかもしれない。この日以来、シマヘビへの印象が大きく変わったことは言うまでも無い。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2008/10/17 00:19】 | 自然・動植物 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。