スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#178 新・五僧峠にて思うこと
~新・五僧峠にて思うこと~





林道や廃村、過疎の村などの美しい風景を求めて山間部を訪れた時、大規模工事などでそれまでの風景が大きく変貌してしまって失望することは決して珍しいことではない。しかし、この度訪れた滋賀県の多賀町と岐阜県の上石津町の境界線にある五僧峠には、その変貌ぶりに大いに失望することとなった。上の写真をご覧いただきたい。これは岐阜側から見た新・五僧峠である。五僧峠の風景をご存知の方はきっと驚かれることだろう。

サイトの廃村『五僧』の項にも書いてあるように、五僧峠は大変歴史深き峠だ。伊勢からの多賀大社詣の人々の道としてはもちろん、関ヶ原の合戦で西軍の名将、島津義弘の軍が徳川軍の意表を突く中央突破で戦地から逃げのびた後に越えた峠としても有名で、歴史にその名を刻む。以前から岐阜県側の『時山』から林道が延び、近い将来に五僧峠におよび、そして権現谷林道と結ばれることは知ってはいたが、実際こうして『五僧』の集落跡を押しやるかのようについた舗装路を目にすると、何とも言えない気持ちになってしまう。未舗装の段階ではそんなに違和感を感じたりはしなかったのだが、舗装された今の峠の風景を見ると、何とも言葉を失ってしまう。下の写真のように、一応今までの五僧峠も舗装路横に申し訳程度に残されてはいるが、その景観はこれまでの「山奥深き峠」というイメージからガラッと変わってしまったのである。




最近まで未舗装だった、峠から権現谷林道までの道もきれいに舗装されており、周辺道路が普通に車で通行する分には大いに走りやすくなったことは間違いない。これにより岐阜県側から五僧峠にはずいぶんと行きやすくなったことと思うが、それによって不法投棄が増えるのも心配だ。また、峠横に残っていた廃村の家屋はここ数年で心無い者たちにすっかり荒らされてしまったが、それに拍車をかけることも間違いないだろう。

それにしても、いったい誰がこの道を利用するのか。何も知らないドライバーが仮に岐阜県側から権現谷林道まで来ても、権現谷林道ならびに『保月』へと至るアサハギ林道はいずれも大変細く、落石などで思いっきり荒れており非常に危険である。とてもではないが一般のドライバーが訪れるような道ではない。それともいずれは岐阜と滋賀を結ぶ幹線道として、莫大な金と自然破壊の犠牲の上で道路を整備しようという計画があるのだろうか。また周辺の林業を営む上で、どうしてもきちんとした車道が必要とされた、ということなのだろうか。以前このあたりの森林の手入れをされている方が「木を切って出荷しても、安価な輸入材がある今の時代、切れば切るほど赤字になる」と言われていたのを思い出す。そのことを考えると、大規模な伐採や植林がされるとは思えない。この林道工事に費やした費用がかなりなものになるということは、素人の私でも想像がつく。この工事によって多くの助かる人がいて、生活する人たちに待ち望まれていた道なのであれば多少の犠牲もやむなしと思うのであるが、素人の私の考えではどうしてもそれが浮かんでこないのである。(もし詳細の事情をご存知の方がおられましたら、教えていただければ幸いです)

峠を護っていた地蔵さんは今も健在。新たな道路を背にして、以前と変わりなく静かに佇む。私が地蔵さんなら「おい、おい、何だか背中の方が落ち着かないぜ。お!何してんだよ。まわりの空気を読めよ。」なんて言ってしまいそうだが、もちろん本物の地蔵さんはそんな下品なことを言うはずがない・・のである。







http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
スポンサーサイト
【2009/03/29 09:37】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
#177 まだまだ福寿草(旧脇ヶ畑村にて)
~まだまだ福寿草(旧脇ヶ畑村にて)~





久しぶりに、滋賀県多賀町にある旧・脇ヶ畑村を訪れた。集落跡に咲く水仙の花が見たかったからである。今年はいつもより春の訪れが早く、下界?では梅が咲き誇り、所によっては桜の蕾もほころび始めているという。当然、この日の目的である水仙も下界ではとうに咲いている。この日も多賀大社前を通りかかったあたりで、黄色く咲いた水仙の束を抱えた女性を見かけた。それを見て、ますます期待感は高まる。下界より気温が低いとはいえここ数日の暖かさ、さすがに山の集落『杉』『保月』あたりでも、冬枯れの葉をかき分けるようにして水仙の花が顔を出しているはず。

というわけで脇ヶ畑村をめざして、鈴鹿の麓の集落『栗栖』からの一本道を入っていく。相変わらず道は狭く荒れて、うす暗い感じだが、さすがにもう雪の姿はない。杉坂峠を越えると一旦軽い下りとなり再び上る、そして見えてくるのが『杉』の集落。以前、通り沿いにあった茅葺き家屋は今は残骸のみとなってしまい、道から見る集落の雰囲気は以前とはかなり変わって感じる。車を広場に停め、早速、水仙の咲いているであろう場所に行ってみる・・・が、何も無い。水仙の花どころか、その緑の葉っぱさえなかなか見つからない。そこにあるのは幾重にも重なった冬枯れの植物だけ。まだまだ早すぎたということ。下界からの想像と、山腹の集落の現実はかなり違っていたようである。

それにしても久しぶりに訪れた『杉』の空気はとても冷たくておいしい。水仙の花が見れなかったのは残念だが、それはそれで気にならないほどの心地よさを十分に与えてくれる。少し集落を歩いてみる。この冬は雪が少なかったとはいえ、残っている家屋の傷みは一冬ごとに増しているようである。傷んでいくのは仕方の無いことかもしれないが、やはりそこには寂しさを感じざるを得ない。ただ、集落全体が冬枯れの植物に覆われていても暗いイメージを感じないのは、バックに広がる爽やかな青空と暖かさのせいだろうか。何よりも春の訪れが間近ということが、こちらの心を和ませてくれているのかもしれない。ここに人々在りし頃は、冬枯れの植物などはとっくに取り払われ、もっと緑と土が見えていたはず。他には、庭に干された洗濯物や車、自転車などの生活の様々な道具・・・。その時は、きっと集落の色も今とはだいぶ違った感じだったのだろうなぁ、など勝手に考える。

始めは冬枯れの色ばかりが目立っていた『杉』だが、よく見ると見慣れた黄色い色が目に入ってくる。福寿草だ。それもけっこうある。家屋の裏、石垣にはたいてい咲いている。下界では本格的な春を告げる花が誇らしげに咲きつつあるが、ここではそれはもう少し先のこと。それまではこの福寿草が早い春を彩る。脇ヶ畑の春は、まだまだ福寿草が主役なのである。で、水仙はというと、今はまだ元気よく、緑の硬めの葉をまっすぐのばしているだけ。その様子は、開花に備えて太陽の光、春の空気を思いっきり吸収しているようにも思える。よく見ると蕾も見えるが、まだ尖った感じで、美しい花を咲かせるまではもう少し時間がかかりそう。ついでに桜も見てみる。ここにも蕾を見ることができたが、まだまだ硬く、花となるにはかなりの時間がかかりそう。

春はやはり植物が楽しい。自然にあるもの、人の手によって植えられたもの、それらは様々だが、旧脇ヶ畑村のこの地では、今は全てが自然のままに生きている。冬枯れの中からのぞく葉の緑は、まぎれも無くこれから弾けるエネルギーの色。春の彩、植物たちの様々な色でにぎやかになるまで、あと少しである。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2009/03/24 03:24】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
#176 芹谷集落にて春を感じる
~芹谷集落にて春を感じる~





芹谷には多くの美しい集落、かつての集落が存在している。その昔、鉱夫たちやその家族たちで賑わっていたこの山腹にある集落も、今では冬場には人がいなくなる無住の集落となっている。訪れたこの時は、いつもより早い春の訪れのある晴れた日。村へと通じる道の正面を見上げると、鉱石採掘のために削り取られたままむき出しになった山の岩肌が見え、それが砂防ダム工事のために開け広げられた空間から集落を見下ろす。集落内は、今も使われている家屋や閉ざされた家屋、崩れかけた家屋、そして石垣と住居の痕跡を残す荒れた空き地が入り混じる。

初めてここを訪れた時は、以前に鉱山があったことなど全く知らなかった。また今のように集落から鉱山跡が見えることなどもなかった。道の終点に車を止めて集落を見ると、寂れてはいるもののごく普通の山村風景。集落入り口付近の崩れかけた廃屋の写真を撮っただけで撮影を終えていたのもそのためだったと思う。だから私の関心は、集落そのものより途切れた道から山の中に延びる電線に向けられた。なぜ山の中に向かって電線が?という素朴な疑問のまま、道のない山の中を電線を頼りに登っていったのを覚えている。どれくらい登ったのだろうか記憶は無いが、登りきった所で見た鉱山施設跡や削り取られてむき出しの山肌を目にした時は、その荒廃した風景に驚いたものだ。後に読んだ登山関係の本から、このむき出しの岩の山肌が「イワノス」と呼ばれていると知り、まさに‘岩の巣’だなんて一人で大いに納得したりした

さて、この日ここを訪れたのは、気になる一軒の家屋があったから。2年ほど前に訪れた時に、トタンがかぶせられたその茅葺き家屋は既に傾き、屋根は崩れかけていた。この冬は雪が少なかったとはいえ、崩れかけた老家屋にとっては冬を越すのは大変辛いもの。もしかしたら既に倒壊しているかもしれない、など考えながら早速見に行ってみる。赤く錆びた大きな屋根が見える。前よりかなり傾きが大きくなっているが、まだまだ健在。ホッとする。壁にはたくさんの支柱が立てかけられ、それによって何とか倒壊を免れているような感じ。立てかけられているだけだが、その支柱の力強さを改めて感じる。その時、私の姿を見て驚いてその家屋に逃げ込むフサフサしたタヌキの姿。残念ながら写真撮影は間に合わなかったが、この家屋の主なき後の新たな主なのかもしれない。それにしてもやけに黄色っぽいタヌキだった。

何か安心した気持ちで帰ろうとする時、桜の木に結わえられた小さな鯉のぼりの姿が目に留まる。「そういえば前にきた時もあったなぁ」など思うが、前回の訪問は2年以上も前のこと。それにしては色あせもしていない鯉のぼり。新しいものに付け替えられたのだろうか、など考えてみるが、わかるはずもない。オールシーズン、風の中で泳ぎ続ける鯉のぼりが本来の鯉のぼりのシーズンを迎えるのは、もう少し先のこと。しかしこの姿を見て大いに春を感じるとともに、本格的な温もりの訪れを感じることができた。そしてその嬉しさを味わいながら、この季節の鯉のぼりもなかなか良いものだぁ、など勝手に思うのだった。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2009/03/15 00:42】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
#175 春は芹谷と福寿草
~春は芹谷と福寿草~





年明けから春にかけて、私はよく芹谷地区(滋賀県犬上郡多賀町)を訪れる。雪が降り積もる季節から、春の訪れを感じるこの時期まで様々な美しい表情を見せてくれる芹谷、この地を訪れるのは私の中ではもうこの時期の恒例行事の一つなのである。そういえばこのコーナーでも何度かその時のようすを報告したことがあるのだが、それを読み返してみると、毎年同じようなことをしているということを再認識し、思わず苦笑いしてしまう。それでもその度に感動があるのは何とも嬉しい。

芹谷は名の通り‘谷’である。鈴鹿山脈北部にある小さな谷だ。そしてそこには、谷を流れる芹川沿いにある‘谷底の集落’と、標高500メートル前後の山腹にある‘谷を見下ろす集落’が点在しており、そのほとんどが過疎集落や冬期には人がいなくなる集落、もしくは廃村となっている。この日は『後谷』『屏風』『向の倉』『桃原』という4つの‘谷を見下ろす集落’を訪れた。いずれも今では谷からの便利な林道が着いているが、かつては人一人が通れるほどの山道しかなかった。林道は何度も折れながら標高を上げてゆき、やがて集落へと行き着く。途中、林道から谷を見下ろす景色が見られるが、そこからはまだまだ春の色を感じることができない。しかし山の中に入ってしまうと、随所に春の色を見ることができるのである。またこの日の暖かさは、思いっきり春を感じさせてくれるものだった。

この日、私は福寿草が見たかった。早春の山の春を彩るこの花が大好きで、毎年この時期には見に行く。以前書いたように思うが、この福寿草そしてスノーフレーク、ねじ花が‘好きな花ベスト3’なのである。何がいいのかって、この花が開きかける時に見せる透き通って輝くような透明感のある黄色に何とも惹かれてしまうのだ。苔むした石垣やあまり日当りのよくない土手の斜面などでよく見ることができる福寿草は、冬枯れの寂しい色の中で何とも新鮮ででよく目立つ。薄暗い山の風景の中で、独特の黄色の花はみずみずしく、まわりのくすんだ色が多い中で輝いて見えるのである。そのため私のような人間でもすぐに探すことができる。この日見た福寿草の大部分は石垣や斜面に自生したものであったが、中には人家の前の‘かつての花壇’らしき所に咲くものもあった。それについては人の手によって植えられたものが、主なき後も咲き続けているものかと思われる。

地面に這いつくばって思う存分に福寿草を撮影する。少し角度を変えるだけでまったく違った花のように、いくつもの表情を見せる。また、開ききった花と蕾は全く別物に感じられる。山の静寂の中で時折聞こえる動物たちの声、それらをBGMにしての2時間ほどの撮影は久々の至福の時間。撮影を終えてふと見上げると、そこにはちらほらと咲く白梅の姿。下界では普通に咲いている梅の花だが、ここ‘谷を見下ろす集落’では、ようやく咲き始めたばかり。これからいよいよ本格的な春の色が展開していくことを思うと、なんだか心が温まってくる感じがする。猛烈な花粉を吸い込み、くしゃみと鼻水でヘロヘロになりながらも、芹谷で味わった春の匂いは本当に最高だった。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2009/03/10 03:12】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。