スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#184 綾部市の木造校舎?
~綾部市の木造校舎?~





山村を目指して何気なく車を走らせていると、予想外の出合いをすることがよくある。この日は京都府の綾部市を特に目的もなく移動中だった。車窓から、田園風景を貫く線路を隔てて細長い集落が見えて来た。ごく普通の山村集落の風景だ。運転しながらなので、もちろんゆっくりその風景を見ることなどできない。チラ見である。するとチラ見の視界にチラッと見えたのが木造校舎らしき建物。「お!もしかして!」と車を停めて確認する。どうもそれは、やはりそれ(校舎)らしい三角屋根の建物。さっそく引き換えし集落への道を入ってゆく。

自分で言うのもなんであるが、遠くから木造校舎を見つける眼力はけっこうあるように思う。遠くからそれらしき建物をみつけて近づいて確認すると、ほぼ100%で木造校舎もしくはもと元校舎だ。大きなグランドなどがあればわかりやすいのは当たり前だが、それがなくてもけっこう見分けがつく。もちろん民家とは違う大きさと形なので区別しやすいということはある。しかしそれ以上に‘雰囲気’の違いが判別材料となっている。家並みの流れの中でそれは微妙に違っているのだ。といっても決して違和感があるわけで無く、うまく風景にとけ込んでいるのが面白いところ。農協の古い建物や古い小さな工場、公民館などもけっこうそれに似ているが、やはり違うのである。

この日の‘木造校舎’は少し驚きだった。褐色の二階建ての窓から滑り台がグランドに向かってのびているのだ。「なんだ、これは?」と一瞬感じたりするが、それは、壁面の「東八田幼稚園」の大きな看板を見て納得。木造校舎ではなく‘木造園舎’だったのである。園庭には様々な遊具。この日は日曜日なので誰もおらず寂しい感じだったが、その遊具の使い馴れている様子からここがまだ現役であると判断。「そういえば以前に見た大きな木造園舎もこの周辺(奥上林)だったなぁ」など思い出す。奥上林の木造園舎は残念ながら現役ではなかったが、ここは現役のにおいがプンプンする。以前このコーナーで現役の木造校舎の中学校「何北中学校」を紹介したが、京都府北部のこの辺りは,本当に美しい木造校舎がある(何北中学校は本サイトの写真帳コーナーでも紹介しています)。この日出合った木造園舎に感謝しながら、写真撮影をする。残念ながらフェンスの鍵がしっかりと閉められているため園庭には入れなかったので、道路からの軽い撮影だけをしてここを後にすることにした。




それにしてもこの二階からの滑り台は何とも魅力的だった。普段は遊具として使われているのだろうか、それとも緊急避難用としてつけられたもので普段は使用されていないのだろうか、小さい子供なら絶対に下から登ったりするだろうが危なくはないのだろうか、などなどいろいろ考えてしまう。そして「滑ってみたい」とイイ年をしながらも思ってしまう。おそらくこれを見た人の10人中8人は年齢に関わらず「滑ってみたい」と感じるのではないだろうか。たしかどこか忘れたか,同じような滑り台を見たことがあるように思うのだが、思い出せない。

帰ってから早速この東八田(ひがしやた)幼稚園を調べてみた。そして驚く・・。現役と思われたこの東八田幼稚園は木造園舎の老朽化に伴い移転していたのだ。東八田小学校の校舎として1950年に建設され、1964年の小学校の移転時に今の幼稚園となったこの園舎、地元の人たちに惜しまれながら、この春に60年の歴史を閉じていたのである。さらに驚いたのは、耐震面の問題から2009年度中に取り壊されてしまうということ。幼稚園自体は近くの八田中学校に移転するということなので無くなってしまうわけではないのだが、何とも早い取り壊しだ。具体的な取り壊し時期は書かれてないものの、この美しい木造園舎の姿を見れるのもあとわずかということだけは間違いない。これも時代の流れということなのだろうか。残りわずかな時にその姿を偶然見ることができたこの出合いに、ただ感謝するばかりなのである。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
スポンサーサイト
【2009/05/30 20:18】 | 木造校舎・廃校 | page top↑
#183 廃校前で記念写真
~廃校前で記念写真~





ゴールデンウィークの子どもの日に、福井県の小浜市にある上根来小学校(廃校)を訪れた。今は‘山の家’として第二の人生を送っているこの木造校舎が大好きで、私はこれまでにもよくここを訪れている。振り返るとこの時期に訪れていることが多いのは、やはり春の新緑の風景の中での美しさを求めてのことだろう。3年前も同じように‘子どもの日’に訪れており、その時のことはこのコーナーでも紹介させていただいている。この新緑の時期に勝るとも劣らない美しさを見せてくれるのが、秋の紅葉の季節。この時期の燃えるような校庭の紅葉、それと木造校舎の作り出す風景はもう言葉では言い表せない。今年は何とかして訪れてみたい、など今の時期から思ってしまったりする。

この上根来小学校に関してネット検索をしてみると、山の家としての情報は出てきても、歴史的なことや現役の頃の様子などの情報は皆無に近い。そのため私の中では、絵画的な美しさは感じても、どうしても学校としての現役の頃のにぎやかな映像がうかんでこない。子どもたちの温かみがイメージに加わってこないのである。訪れたこの日も、小鳥のさえずりしか聞こえない春の静寂が広がっていた。その中でのんびりと写真を撮る。時折横の道を車やバイクが通るが、エンジン音はすぐに遠ざかってゆく。これもいつものここの普通の風景。

玄関の写真を撮っている頃、また一台のエンジン音が聞こえてきた。また遠ざかってゆくのだろうと写真撮影していると、珍しくエンジン音が校庭の中まで聞こえ一台の車が入ってきた。そして中から出てきたのは一人の男性と、その方の母親?くらいと思われる女性。「こんにちは」と挨拶をすると男性が「ここで働いてたんや」とその女性を示す。突然のことに驚いた、その女性の方は元教師の方だったのである。急にこの地の静寂に過去の温もりが出てくる、そんな感じがした。女性に話をうかがうと、その方は以前に教師をしておられて「40年ほど前(かなぁ・・)」に僻地教育の研修会でこの上根来小学校を訪れられたという。ちょうどこのあたりに来て、懐かしくこの地に立ち寄られたということらしい。上根来小学校で勤務されていたわけではなかったが、現役当時のこの学校と大いに関わりをもたれていたのである。とその時、車からもう二人の女性。そのお二人は、この方の教え子だったということだそうだ。そしてかつての恩師の方と一緒に木造校舎の風景の中。

研修会の当時のお話しをうかがった。児童生徒は30人くらいで「そら、にぎやかでしたよ」とのこと。今のこの静寂さからは想像がつかないが、紛れのない事実。「クラスは3クラスあり、たぶん複複式学級やったん違うかなぁ・・」ということで、分校ならではの学年をまたがっての学級編成だった。「学校には教師をされているご夫婦がおられ、この校庭で女の先生(奥さん)が体育の授業をされていました。」「そら、にぎやかでしたよ」この「そら、にぎやかでしたよ」の言葉は、お話しをうかがう中で何度も出てきた。やはりこの元教師の方も、当時の活気と今の静寂とのギャップを強く感じておられるのかもしれない。その言葉の裏には、懐かしさと寂しさが混じりあう、そんな風にも思われた。

その時、校舎の裏にまわられていた男性の「タヌキやー!タヌキやー!」という声。タヌキが校舎の床下へコンクリート基礎の通気口から入っていったという。なるほどいくつもある通気口の格子がはずれて、まったくの出入り自由状態。かつては子どもたちの声で「そら、にぎやかだった」この木造校舎も、時の流れとともに自然の静寂の中で獣(タヌキ)たちの住居となっているのかもしれない。まさか月夜の夜にタヌキたちの腹鼓の音が鳴り響くということはないだろうが、今ここでは新たな住人たちの声が静寂の中で聞こえていることだろう。

お話しをうかがった後、その元教師の方から「あ、そうだ。写真撮ってもらっていい?」とのことば。「ええ、いいですよ」とすぐに返す。こういう自然の流れは大好きだ。「みんなで写真撮ってもらうよー」の声で、車に乗り込んでいた二人の教え子の方たちも集まり、急遽4人で記念撮影となる。ファインダーからのぞいた廃校の玄関前の4人の姿は、何とも温かい。何か自分の中では、今まで絵画的美しさしか感じることのできなかった上根来小学校の風景が、まるでタイムスリップでもして当時の温もりを運んできてくれて温かみあるものとなったような気がする。そして後日写真を送ることを約束し、エンジン音が遠ざかるとともに廃校は再び静寂の風景に戻っていった。

わずかな時間であったが、ここがにぎやかだった頃のお話しをうかがえたことで私の中の上根来小学校の風景は大きく変わった。この時のファインダーからのぞいた4人の記念撮影の姿は、この先もずっと忘れることはないだろう。自分の中で輝き続けるシーン、そんな気がする。このような写真を撮らせてくれた4人の方々に本当に感謝、そして写真撮影が好きでよかった・・そんな風に思ったりもした。











http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2009/05/10 07:33】 | 木造校舎・廃校 | page top↑
#182 ゴールデンウィークの芹谷
~ゴールデンウィークの芹谷~


今、ゴールデンウィーク真っ最中。毎年この時期には泊をともなって岐阜や長野、富山など県外の少し遠くの地に遠征しているが、今年は残念ながら諸事情でそれが実現しなかった。そこでこの日は県内の最北地、余呉町を訪れようと高速に乗る。目的地は『針川』。先日も訪れたのだが、お気に入りの地で写真を撮ったところ帰宅後にカメラの設定がおかしくなっていたことに気づき、悔やむことしきり・・。そして今回は何とかリベンジを図りたくての訪問計画。

爽やかな春の青空の下、機嫌よく高速を走らせる。ところが名神高速で多賀SA手前辺りからノロノロと渋滞が始まる。周囲の車を見ると大部分が遠く他府県からの車。少し進んでは停まるを繰り返す超低速運転となってしまい、渋滞が大の苦手な私にとってはまるで拷問状態。「ひこにゃん観光の車がほとんどで、彦根ICで多くの車が降りるだろう」という楽観的な予想もあっさりと裏切られ、結局、彦根ICを過ぎても渋滞が続くのを目の当たりにした段階で、高速を降りることを決意する。そしてそれにともない予定もあっさりと芹谷方面へと変更となった。




しかし運がいいのだろうか、こういう時にけっこういい風景に出合うのである。この日も訪れた芹谷は、まさに春まっさかり。普段なら谷に覆いかぶさるような両脇の山の緑が重々しく感じたりするのであるが、それらが春の爽やかな光に明るく輝いて実に軽やか。そして川の水もまるで透明なガラス細工のように、川底を透かす。水量もほどほどで、所によっては激しい流れを見せてくれたりしている。狭い河原には色鮮やかな花が咲き、思いっきり‘春’を演出する。そして流れる水の音が、川沿いの道を走る車のエンジン音を心地よく消してくれるのである。







この‘狭い’芹川を流れる水の表情がまた美しい。流れのない溜まりの静かな表情があるかと思えば、激しい流れで水しぶきや泡によって普段決して見ることができない自然の造形の美のような表情も見せる。こういう時はカメラは実に便利。その一瞬を写し出すことができる。人間の目では成し得ない業である。川面には木々の隙間からの光が所々を明るくし、幻想的なシーンを演出する。こういう風景を撮っていると誰もが、自分がプロになったかのように思ってしまうのではないだろうか

芹川を離れ廃村へと続く林道に入ってみる。ここでも春爛漫。林道の斜面一面にシャガの花が咲き乱れている。このシャガの花であるが、花の模様や配色は決して好きではないのだが、こうして群生している風景を見ると実に美しい。もう少し林道を登って谷むこうの山の斜面を見ると、ここより更に広い範囲でシャガの花が群生しているのが見えた。遠く離れていても斜面が白くなっているのがハッキリと確認できるのである。他の季節では決して見ることのできない風景だ。

当初の予定を変更して訪れた芹谷。やはり期待を裏切ることなく春の美しい風景を思いっきり見せてくれた。予想をはるかに超えた美しい風景だった。こういう美しさを味わせてくれる自然に感謝するとともに、こういう自然を守っていくことの重要性を改めて感じる。そしてこの美しさを感じることのできる自分を、ほんの少しだけ見直したりもするのである。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2009/05/04 09:59】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。