スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#185 ミノガ峠(林道御池線)からの林道
~ミノガ峠(林道御池線)からの林道~





滋賀県の多賀町と旧・永源寺町の山間部を走る林道御池線が全線舗装されてもうかなりの年数になる。そのためこの林道を訪れることはほとんどなくなってしまったのだが、先日久しぶりに訪れてみた。というのも、5年程前に訪れた時に見つけた、林道途中にあるミノガ峠から延びる未舗装の支線林道が気になっていたからだ。その時は残念ながら倒木のため通行不能となって引き返したのであるが、その後も、あの先はどうなっていたのだろう、もしかしたら延長されてどこかに通じているのかもしれない、いや舗装されてしまったか・・などと、けっこう気になっていたのである。

今回は旧・永源寺町の『君ヶ畑』方面から入ることにした。途中、今年の3月で134年の歴史を閉じ閉校となった政所小学校に立ち寄り、少しだけ写真撮影。子どもたちの姿が消えて間もないせいか、廃校という感じはまだまだしない。ただ名物?だったイワナの養殖池に水が無く空っぽとなっているところに、もうこの学校は動いていない、という現実を確認する。2004年の政所中学校、そしてこの春の政所小学校といずれも閉校となり、ついにこの地域から学校は姿を消すこととなった。地域から学校が消えるという教育環境の変化は、学齢期の子どもを持つ家庭にとってはまことに深刻な問題であり、地域の過疎化に拍車がかかるのも自然の流れなのか。




君ヶ畑の林道起点から林道御池線に入り、ミノガ峠まで一気に走る。途中、支線の瀬川林道の舗装化と支線入り口のゲートを見て時の流れを感じたりするが、車窓からモリアオガエルの卵を見て何かホッとした気分になる。とはいえ、この自然もいつまで見ることができるのだろう、など考えるとやはり悲観的になったりするのである。この日も何台もの大型オンロードバイクが爆音を鳴り響かせ林道を走り抜けていった。決して広くはない道の端に人の姿があろうとも、スピードを緩めることなく走るその姿に違和感がなくなってしまう時が来るとしたら、それは実に悲しむべきことなのだろう、など考えてしまう。

峠から早速林道に入る。未舗装で大変ワイルドな感じは、以前のまま変わりはない。尖った落石に覆われた路面がしばらく続き、気を使いながら車を走らせる。ふと前を見ると、山の斜面に一匹の鹿の姿。あちらからすると「珍しく車が走ってるなぁ」という感じなのだろうか、相手も立ち止まってじっとこちらを見ている。鹿の姿はよく見るが、大抵が逃げてゆく後ろ姿ということが多く、これまでほとんど写真撮影ができていない。チャンスとばかりに車を降りて写真を撮る。林業や畑をする人たちにとって、鹿は大変な害獣だという。そして近年その数も増加していると聞く。この日もわずか数時間の間に鹿の群れを何度か目にしたところを見ると、この地域にもかなりの数が生息しているように思える。おそらく植林された杉の木などへの被害も少なくないはずだ。




5年前の訪問時に倒木で通れなくなっていた所を過ぎて、ワイルドな林道は標高を上げてやがてひらけてくる。しかし残念ながらガスがかかっており,この日はほとんど下界を見ることができない。それでもわずかな晴れ間を見つけては写真撮影をする。さらに先へ進み、ピークを過ぎて下りになる頃からワイルドな様相は姿を消し、けっこう踏みしめられた路面へと変わってゆく。程なくして道は突き当たり、左右二手に分かれる分岐へと行きつく。この日はどちらも行ってみた。左へ行くと林業の作業用の行き止まりの林道で景色は大変開けたものだったが、ここもやはりガスが多く、下界を見下ろすことはほとんどできない。分岐店まで引き返し今度は右の道を行ってみる。とてもよく踏み締められた、昔からある林道といった感じだ。こちらの道は、そのままどんどん標高を下げていき、しばらく走ると『大杉』集落に行き着いた。おそらく以前は山仕事に入るのに、この『大杉』集落からの林道が使われており、それが後になって林道御池線とミノガ峠線でつながったということなのだろう。

この林道周辺は今も植林,伐採など積極的に林業が行われている。植えられたばかりの苗木、伐採されて禿げ上がった山の斜面、伐採された材木を運搬するケーブル等々の風景から、間違いなく活発な林業用道路ということがわかる。訪れたこの日は休日だったので林業関係の車とは全く出合うことはなかったが、おそらく平日などは作業用のトラックが入っていることだろう。平日の‘趣味の走行’をする際は、林業仕事の邪魔にならぬよう十分に注意をしなければ、などと感じたりもするが、それ以上に何か場違いな所に来てしまった恥ずかしさ、申し訳なさ、そんなことを感じたりもするのである。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
スポンサーサイト
【2009/06/17 21:52】 | 林道 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。