スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#200 春を知らせるもの
~春を知らせるもの~






この季節、休みの日の朝など布団の中でボーッとしていると聞こえてくる声、それはウグイスの鳴き声。小学生の頃、都会に住んでいた私が林間学校へ行った時に初めて聞いたウグイスの生の鳴き声、この時のことは今も忘れない。「本当にウグイスって、ホーホケッキョって鳴くんやなぁ・・」なんて妙に感動したことを覚えている。そういえばこの時に、マムシの死体を見て「わ!マムシって本当に日本にいるんや・・。この辺に住んでいる人は大変やなぁ・・」なんてことも思ったりした。まだまだ、かわいかった頃のことである

社会人となって田舎に住むことを求めたのも、その頃の感動があったからなのかもしれない。実際、田舎に住むようになって、多くの驚きや感動を日常の生活の中で体験する時、やはり初めてウグイスの声を聞いた時と同じような気持ちになったりする。道ばたで狸の礫死体見た時も、ずっと長毛の猫だとばかり思っていた。狸や狐、猿などという存在は、自分の中では動物園かおとぎ話の中でだけの存在の動物だったからだ。どうやら狸であるとわかった時から、冷静に礫死体を観察するようになったのも変な話。アナグマの礫死体を見た時は、最高に驚いた。アナグマと言えば、白土三平氏の劇画『忍者武芸帖』で見ただけで、まさか死んではいたが実物にお目にかかれるなんて思っていなかったからである。そういうわけで田舎で生活している中で、今でも多くの感動をもらっている自分は、なかなか幸せな奴だなど思ったりしている。









先日、早朝にキジの鳴き声で目が覚めた。雌を呼ぶ雄が、大きな声で鳴くのである。庭を見ると、朝もやの中に一羽のキジの姿。このキジはたびたび庭にやってくる。同じキジかどうかはわからないが親子で来ていたこともある。「今度休みの時にじっくり写真を撮ってやるぞ」など思っていると、約束したかのように次の休みの日の朝にそのキジが鳴きながらやって来た。しかし餌付けしている訳ではないので、遠くから望遠で狙うのものの、なかなかその姿をゆっくりと見せてくれない。カメラを構えると薮に隠れ、カメラを下ろすと薮から出てくる。それを何度か繰り返し、最終的には私の姿を見つけて一目散に走って行ってしまった。





キジの写真が少ししか撮れず残念に思ってボーッとしていると、耳に聞こえるのは小鳥のさえずり。見ると庭に知らない小鳥の姿。それも一種類ではない。鳥と言えば、カラス、鳩、すずめ、つばめくらいしかわからない自分なので、ほとんどが‘知らない鳥’になるわけだが、その知らない鳥の様子を見ていると、これがなかなか面白く退屈しないのである。丸々した姿も愛嬌があって可愛らしい。どれもが朝の食事に、いろいろなエサを探しているらしい。荒れ放題の庭だけに、エサは豊富らしい。いろんなものを見つけてはクチバシでくわえて食べている。その様子を写真に撮ろうと思うのだが、手持ちの望遠撮影で鳥のチョコチョコした動きを捉えられずピンボケの連発。それでも一応写真撮影して、早速名前を調べてみた。









「キジ(キジ目 キジ科)」「ヒヨドリ(スズメ目 ヒヨドリ科)」「ハチジョウツグミ(スズメ目 ツグミ科)」「ベニマシコ(スズメ目 アトリ科)」「ジョウビタキ(スズメ目 ツグミ科)」ネットでの検索であるが、この日見たのはどうやらこれらの野鳥らしいということがわかった。お恥ずかしい限りの写真であるが、特に見るに耐えないジョウビタキの写真以外は一応載せてみた。ウグイスは、声は頻繁に聞こえるのだが、どうしてもその姿を捉えることができず残念だった。





どこにでもいるような野鳥たちであるが、これらが庭にやってきていたということは、私にとってはちょっと感動。ただ何も彼らはこの日だけ来ていたのではなく、いつも通り普通に来ていただけだ。単に私が気づかなかっただけのこと。「そういえば慌ただしく過ぎてゆく毎日の中で、自分の周囲さえじっくりとみることができていなかったなぁ」と今の自分に改めて気づいた次第。ふと足下を見ると、ツクシもたくさん出ている。春を知らせるものは、自分のまわりにたくさんあったのである。

自然にふれていることが普通の時代から、自然にふれないことが普通の時代になってゆく中で、幸いにも自然の中にいる恵まれた環境に有りながら、その中に自分がいることを気づかなくなってしまっている自分を強く感じた。日頃の慌ただしさに心の余裕が失われていきがちであるが、やはりいつまでも自然を感じられる人間であり続けたい、など思ったりするのである。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
スポンサーサイト
【2010/03/21 00:24】 | 自然・動植物 | page top↑
#199 スタック(多賀町の山中にて)
~スタック(多賀町の山中にて)~






私が住んでいる地域の最近の冬は、やけに暖かい。今年の冬も例外ではなく、というかここに住み始めて一番と言える程の暖かい冬で、雪も少なかった。そんな冬も終盤に入ろうかという2月のある日、残雪の間から顔を見せる福寿草が見れたら嬉しいなぁと思い、旧・脇ヶ畑村の『杉』『保月』方面に向かった。いつもなら道は雪に閉ざされているのだろうが、‘寒くない’この冬なら大丈夫だろうと考えての出発だった。





下界となる芹谷入り口あたりには全く雪はない。谷を見おろす鈴鹿の山々も、所々が白く見えるがほとんど雪は無いように見える。実際、栗栖の集落から杉坂峠までは全く雪がなく、車も順調そのものに進んで行った。そして久しぶりの杉坂峠、車を停めてのんびりと下界の景色を味わう。夏場は木々の葉に隠れて見えない景色も、こういう時期には見ることができる。それでも「絶景!」と言えないのは、残念ながら枝が多く伸びて視界が邪魔されているからである。とは言ってもこうして下界を見おろすのは何とも気持ちが良い。そうして峠からの風景をしばし味わった後、『杉』を目指して出発する。









峠からはいったん下り坂になる。この辺りからは山の陰になるので路面にも残雪が目立つようになってくるが、さすが四駆、車は順調に進んでいく。しかし進むにつれて雪は増え、完全に道を覆う。それでも積雪量そのものはそんなに多くないので、「ここを乗り切ればいけるだろう」と思いそのまま進んでいく。しかしそれが大きな判断ミスだったのである。

実際車は雪の下り坂を、そう苦にすることも無く進んでいったのだが、この雪がどうもたちが悪かった。先に書いたように、積雪量そのものも大したことないし、これまでにもそれ以上の積雪の道を何度も走ったことがある。しかし、暖かい冬の雪は多くの水分を含みかき氷のように柔らかく、車を簡単に沈ませてしまうのだった。それに気づいた段階でバックして戻れば良かったのだが、「あと少し行ってUターンできる場所を探して引き返そう」と判断したのが二つ目の判断ミス。結果、無事にスペースを見つけてUターンしたものの、下り坂が一変して上り坂となる引き返しの道では、進めば進むほど沈んだ車の下に雪をかき集めてしまい、遂には前には進めなくなってしまう。





いったんバックで下がって、深くえぐれた轍をさけて再び前進。しかしすぐに車の腹の下に雪を集めて進めなくなる。またバックするが、幅員の無い極狭路にはもう新たな轍を作るだけの余裕はなかった。こうなると次は勢いをつけてえぐれた轍を乗り越えるしかなく、それを試みる。するとえぐれた轍は見事に超えることができたが、その先でまたすぐに同じように、柔らかい雪で沈んだ車体の腹の下に雪をかき集めて動けなくなってしまう。そしてとうとう後ろにも前にも進めなくなり、完全にスタック状態となったのである。

単独走行がほとんどの私は、いざという時に備えて折りたたみシャベルやエアージャッキなどを携帯している。これまでに何度かこういったスタックに遭遇しているが、いずれもこの二つで何とか脱出に成功してきた。しかし今回は結局どうにもならなかった。もちろんエアジャッキも使ったが、一度は脱出できたものの、またすぐに動けなくなり、何度か繰り返していくうちにエアジャッキに穴があいてしまって使えなくなってしまった。シャベルで車の腹の下の雪をかき出すこともしてみたが、あまりもの雪の量とシャベルの長さが足りないこともあり、これも功を奏さなかった。そして体力を失っていくとともに、自分でできることも無くなってしまったのだった。





人の来ない山中でのスタック、で最終的にどうなったかというと、携帯電話がなんとか受信できる峠まで歩いて戻り、JAFに救援を頼んだのである。そして冷えきった身体を動かしながら杉坂峠で待つこと2時間、JAFの救援車ランクル70の前バンパーに取り付けられたウィンチで何とか引きずり出してもらって脱出に成功し、結果的には事無きを得た。

今回のことでは多くの反省すべき点があったのだが、何よりも反省すべきは、無理に通行止めの道に侵入した上に他人様に迷惑をかけたことであろう。いかに仕事とはいえ、日も沈んで暗い中こんな所まで救援に来ていただいたJAFの方には本当に申し訳なく思う。それと自分の判断の甘さと、脱出用装備の不十分さも強く感じたりした。こういった所を訪れる時、おそらく今後も単独走行が基本というのは私の中で変わることはない。そのためには、もう一度基本に帰ってオフロード走行(今回はオフロードではないが)への構えを確認したいと思っている。無理はしない、人に迷惑はかけない、自分でできるだけの装備をしておく、適切な判断能力をつける・・等々、考えておかなければいけないことは少なくない。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
【2010/03/14 10:37】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。