スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#99 廃村帰りの峠の風景
~廃村帰りの峠の風景~

ある廃村を訪れた。それは峠を越えると程なくして現れる。その昔、台風による土砂災害で集落が壊滅的なダメージを受け、それを機に村を廃村として集団移転を決意したという所である。

今では、快適とまでは言えないもののきちんとした道が着いており、国道からも30分もかからずに行けるので廃村にありがちな‘山奥’というイメージはあまり感じられない。また、廃村跡に新たに人々の生活施設などもでき、人の気配もずっと感じることができるので、廃村独特の寂しい雰囲気もさほど無い。

この時期の廃村訪問は夏場とは違って遮る雑草が少ないために、普段見ることができないものが見れたり、歩くことができない所に行けたりなどで新しい発見がけっこうある。そういえば以前『尾羽梨』の分校跡のグランドで錆びたブランコを見つけたのも、冬場の時期だった。この日の新たな発見は・・御神木だろうか。夏場は高く伸びた雑草で一部しか確認できなかったのだが、この日は完全に姿を現しており、後ろに回ったりしていろいろな角度から見ることができた。その老木は根の部分がとても複雑で、パッと見ると何本かの木が集まって一本の木になっているように見える。この形の不思議さや樹齢年数の高さ、それらが人々から崇められたのだろうか。あるいはこの村が消える大きな要因となった土砂災害とも何か関係しているのだろうか、それはわからない。しかしこの御神木を含めて、今なおこの地がかつての住民に大事にされていることは、集落内の神社がきれいに手入れされていることからもよくわかる。

この冬は暖かいとはいえ吹く風は大変冷たく、撮影にまわっていた私の体は芯から冷え切ってしまった。撮影を終え車に戻ってヒーターをガンガンにきかせても、なかなか体が温まらない。さらに例年より早い花粉症が強烈に襲い、鼻や目が最高に不快となってくる。早く帰宅し風呂にでも入って体を温めたい、など考え急いで帰路につく。

しかし車が峠にさしかかった時、思わず車を停める。そして慌てて外に出た。そこから見える風景が一瞬にして私を魅了したのだった。夕焼けというには赤味が足りないその黄色い夕陽、峠から見える下界がその夕陽を反射させるかのように輝やいて見える。そして家屋の窓だろうか、それが散りばめられたガラス片のようにきらきら光っている。冷えきった体の寒さはあっという間に吹っ飛び、不思議なことに鼻水も止る。そして上着も着ないでひたすら撮影に入る。

その時のタイミングでしか見れない美しい風景。そういうタイミングにたまたまめぐり合わせた時、それは私にとって至福の一瞬で心癒される一時となる。たとえその代償として、後でより強烈なくしゃみと鼻水に襲われることになったとしても・・である。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2007/02/25 00:00】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。