スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#103 白川町の大山小学校
~白川町の大山小学校~

山村などを訪れている時、何の前ぶれも無く出合う木造校舎、どれも思わずドキッとするもののその姿は様々だ。古びるままに傷んで今にも取り壊しがされそうなもの、再利用されているようだが傷みが目立つもの、再利用の為の大幅な改装でかつての校舎の面影が失われてしまっているもの、手は加えられてはいるがかつての面影を残しつつ現在は別の用途に利用されているもの、そして本当にまれではあるがいまだ現役校舎として元気に使用されているもの・・。

昨年秋に岐阜県を訪れた時に出合ったこの木造校舎、車窓から遠くに見えた時、その立派で美しい佇まいから「ひょっとして現役?」と感じる程だった。しかし近づいてみると校門の門柱からは学校名が剥がされており、既に本来の学校としての役割を終えていることがわかった。それにしてもこの美しく保たれた外観(明らかに改装されて他用途に使われていることがわかるのだが)、これほど建物の規模が大きく立派で、今なお威厳ある風貌を堂々と誇る木造校舎は珍しい。真新しく感じる玄関の赤い屋根瓦が、黒く塗られた壁面板と調和して美しく映える。そしてその玄関には新たな第二の人生を物語るかのように「濃飛建設職業能力開発校」と書かれた看板と「見知食作(みちくさ)館」の看板。帰宅後に調べてみると、現在は伝統建築の技術者を養成する学校と地元の公民館の二つの用途に使用されているということがわかった。

この日は休日ということで学校関係者の姿は無かったが、校庭では自転車に乗って遊ぶ小さな子どもの姿。そしてしばらくしてキャッチボールをする親子の姿も見られた。広いグランドも廃校にありがちの荒れた様子は無く、本当に今でも沢山の小学生が授業終了のチャイムと共にグランドに出てきそうな、そんな感じがする。昭和60年に廃校となったというから、小学校としての役目を終えてからもう20年以上もたっているはずだが、子どもが遊ぶ姿に全く違和感は感じない。ふと校庭の隅に目をやると、そこにはかつて小学校であった頃の名残を見ることができた。卒業制作らしきものや学校跡の碑、そして木造校舎の定番である二宮金次郎像。ここの金次郎も植木に隠れ少し控えめだが、何とも可愛らしい。この校舎自体が昭和9年の竣工というから、おそらくこの金次郎も同じ頃に作られたのか・・。それならもう70年以上もここにいることになる。金次郎像自体が苔むしかなり風化しているようだが、この先何年ここに居続けるのだろう。

廃校後も元気に第二の人生を歩んでいる岐阜県加茂郡白川町の白川町立大山小学校、全く縁もゆかりもない私であるが、なぜか嬉しくなってしまった・・のである。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2007/03/26 20:19】 | 木造校舎・廃校 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。