スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
たまに一言#11
ここのところ毎週のように滋賀県多賀町の芹谷地域を訪れています・・っていつも言ってますが、先日も『杉』『保月』へ行ってまいりました。
下界では桜が満開で、そろそろ散ろうとするこの時期、山里の春はどうかな?なんて思って訪れてみました。しかし標高500mあたりのこの地域の春はまだまだ始まったばかりで、桜の花は全くのつぼみ状態。今はやたら背の高いツクシと黄色い水仙の花の最盛期でした。下界で言えば3月下旬といったとこでしょうか。山里の春は思いのほか訪れるのが遅いようです。でも道の脇、学校の周りなどにはたくさんの桜の木・・、満開になるのがとても楽しみです。
雪に覆われた長い冬が過ぎ、ようやく訪れた里の春、一足遅れでいよいよ本番ってところでしょうか。この日の『保月』は、厳しい冬を越した家屋の手入れや畑の手入れをされていたのか、地元の方の姿も見られました。また散策をされる人の姿や小学校跡の広場からは山里の春を楽しむにぎやかな人の声も聞こえていました。静まり返った『杉』の集落とは対照的な姿です。
しかし私は、春を待ちかねたかのように枯れ草を押しのけて元気に咲く『杉』の集落跡の水仙の花がとても印象的でした。


保月、杉



http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2005/04/21 00:00】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。