スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#108 桜、スノーフレーク、もみじ・・
~桜、スノーフレーク、もみじ・・~

もう満開状態の桜は見れないと思っていた。でも、ここ小入谷林道入り口にある桜は今が満開。そういえば昨年もここで少し時期遅れの桜を見ることができた。美しい山の集落『小入谷』を抜けて林道起点に向かう川沿いには何種類かの桜が並んでおり、その最後に並ぶこの桜の木、見事に咲き誇っている。まだ小さなミツバチがその咲き誇る花の蜜を求めて無数に集まり、その羽音がブーン、ブーンと心地よく響く春の風景。詳しいことはわからないが、よく見るとこの桜の木の花びらは一般に見るものより花びらが少し大きい?ような気もする。

この日の小入谷林道は実に空気が爽やかで、遠くの山の稜線もはっきりと見えている。滋賀県に残る数少ない峠越えの未舗装林道となってしまったこの林道、いつ訪れても素晴らしい風景を見せてくれる。林道起点の『小入谷』の風景、林道から見える風景や植物たち、峠からの若狭の青い海、そして林道を福井側に抜けた後の美しい『上根来』集落や旧上根来小学校の木造校舎、そこに咲くもみじ・・等々、あげたらきりが無い程見所がいっぱいだ。

この日も当然、旧上根来小学校に立ち寄った。昨年訪れた時は、もみじの木に可愛らしい鯉のぼりが結わえられており、それに心癒された。「今年は昨年の訪問より少し早いけど、鯉のぼりあるかな・・」など考えながらの訪問。

残念ながら今年は可愛い鯉のぼりを見ることはできなかった。しかし木造校舎とその周囲の風景は相変わらず美しく保たれ、新緑の緑の中で爽やかな風景を見せてくれていた。今でもこの老校舎が利用されていることの証を確認し、嬉しい気持ちになる。ふと校舎前の花壇を見ると、花びらの枯れかかった水仙に混じって小さなスノーフレーク。「そういえば保月でも見たなぁ・・」など思い出しながら、白く可愛い清楚な感じの花が今年は迎えてくれたことを喜ぶ。

さらにもみじを撮影中にあることに気づいた。それはもみじの花・・。緑のもみじを遠くから見ると、緑の中に少し赤が混じっている。それがもみじの花の色。赤いもみじを見ると、それにはもっと赤いもみじの花・・。まったく知らないことだった、もみじに花が咲くなんて。それに気づいたことも私にとっては感動の一つ。知っている人たちにとって当たり前のことなのだろうが、それを知らない私にとってはけっこうな感動。「知らないってことも、なかなかいいもんだ」なんて思ったりもする。

この日も多くの感動を与えてくれた小入谷林道の訪問だった。しかし峠から福井県側の多くの部分が簡易舗装されていたのが気になる。この林道にも完全舗装の波が押し寄せているのだろうか。この美しい風景が変わってしまう日も近いのかもしれない。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2007/04/30 22:23】 | 自然・動植物 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。