スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#116 土倉の淡い恋
~土倉の淡い恋~

『土倉』のご出身の白川雅一氏の、土倉での遠い日の想い出を綴った手記をご紹介する。


粒の大きな霰(あられ)が、家に入るために造った雪の階段を、まるで豆がころげてくるように激しく飛び落ちてくる。
そのあとに粉雪が風と共に舞い落ちて来て、霰の表面を埋めていった。
軒下のつららが、まるで槍が突き刺さっているかのように長く何本も並び、相馬さんの部屋からもれてくるランプの光を受けて輝き、美しい。

飯場頭(はんばがしら)の相馬さん宅では、二十歳を過ぎた秋田美人の文子という娘さんが、選鉱場で働くお母さんを待ちつつ、囲炉裏端で夕飯の仕度をしていた。りんごのような真っ赤な頬とおさげ髪、それが可愛さをいっそう増す。

鉱山の看板娘として、いつも若い衆にもてはやされていた文子さん。
だが雪が消えかける春先、相馬さん一家は帰郷のため山を下って行った。

幼き日、大正時代の想い出の一節である。



これは、幼い頃(8才頃)の白川雅一少年の脳裏に今も残る、土倉での淡い初恋?を綴ったもの。今から80年以上も前のことである。土倉の厳しい冬のある日の光景だ。飯場頭とは工夫たちのまとめ役、当時の感覚で言えば、全国を渡り歩く腕っ節自慢の工夫たちをまとめ上げる‘親分’といったところか。その親分の愛娘の文子さんという秋田美人に、幼い白川少年は憧れに近いであろう淡い恋心を抱く。しかしその飯場頭の相馬さん一家もやがて山を下り、故郷秋田へ帰ることとなる。

今も文子さんがお元気であれば100歳を越えるはずだが、秋田へ帰った後のことは遠く離れた滋賀の地では知る由も無い。白川氏の幼い頃の淡い恋の想い出は、土倉の想い出とともに、何十年過ぎた今も薄れること無く、みずみずしく残る。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2007/06/25 23:43】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。