スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#117 林道からの夕日(滝谷武奈林道)
~林道からの夕日(滝谷武奈林道)~

確かずっと以前にも、この滝谷武奈林道からの風景を紹介させていただいたと思う。林道自体は大部分が舗装されて普通の道になってしまっているが、そこから見える琵琶湖の風景はやはり美しい。

この日は久しぶりに『男鬼』を訪ねて、そのまま滝谷武奈林道に入った。いつものビューポイントから下界を見下ろす。「もう少し待てば夕日が見れるかな」など思い、車のエンジンを切る。聞こえてくるのは静かな風の音と鳥の声。時々けたたましく聞こえるのは、おそらく猿の鳴き声だろう。こうして時間をすごしながらいろいろ思い出す。そういえば、このあたりで以前、固まった雪に突っ込んでスタックしてしまったなぁ‥、今は舗装されているこの道もその頃は赤土の道だったなぁ‥、立派な舗装林道になる前は細い道があちこちにのびている感じでよく迷ったなぁ‥などなど思い出は少なくない。

そうこうしているうちに日が落ちてきた。真っ赤な夕日という訳にはいかなかったが、オレンジに光るその景色はなかなかのもの。琵琶湖に浮かぶ島や湖面の輝きまでが見える。やはり美しい。以前見た‘びわこ放送BBCニュース’の「地図から消えた村」のコーナーの中の男鬼にお住まいの方のインタビューで「片道10kmもの通学の帰り道に見た風景の美しさが今も印象に残っている」というようなことが語られていたが、まさにこのような景色だったのだろう。いや、鮮やかな夕日であればこの何倍も美しかったのかもしれない。

案外、林道から夕日を見る機会は少ない。林道を訪れる時のほとんどが単独走行であるため、危険を伴う夜間の林道走行をできるだけ控えているからだ。また、日没まで林道にいたとしても、うまく夕日に巡り合えないことも多い。峠からの風景、林道からの風景、やはり日が昇る時、日が沈む時が特に美しい。この夏はぜひともその景色に出合ってみようと思う。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2007/07/07 06:39】 | 林道 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。