スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#120 林道の支線の向こう側
~林道の支線の向こう側~

15年ぶりに岐阜県の牧野道路を訪れた。前回訪れた時は、起点付近がケモノ道のようだったということだけが強く印象に残っており、他のことがどうしても思い出せない。道幅の狭さや薄暗い感じ、持ち上げれなければ車が通れないような倒木、ひょっとして道を間違えたのでは?などという不安に常につきまとわれての走行だった。尾根沿いの林道なので本当は美しい風景も見れたはずなのだが、その記憶がどうしても出て来ない。そしてそのことをもう一度確かめたかったのと、廃道になっているのではないかという不安を確かめるための訪問であった。

今回は青屋駄吉林道側起点からのアプローチ。いきなり飛び込んできたのは美しいブナ林、逆光に輝く木々の緑、鳥のさえずり…だった。こんなに美しい林道だったのか、と認識を改める。本当に美しい。ただ夏の林道につきものの、大小のアブの襲来には常に悩まされっぱなしだったのであるが…。

ふと見ると支線がある。さっそく行ってみた。本線に比べると林道脇の雑草がかなり伸びている。しかし明るく開けた雰囲気。さらに行ってみる。「う!林道の先が見えない!」林道がそこで途切れているように見えた。どうなっているのだろうかと車を降りて急ぎ足で見に行く。そして驚く。そこにあったのは、これまでのどの林道からも見たことのないようなパノラマ風景。詳しい山の名前はわからないが大きく広がる山々、その谷あいに見える小さな集落、そして適度な心地よい霞、それらの合わさった何とも絶景な風景が私の眼前に広がっていた。しばらくそこで我を忘れて風景に見入る。さわやかな風、青空と白い雲、美しい山々、乾いた土、草や木々の緑、すべての要素が揃った、これこそ林道という風景。来てみてよかったなぁ…と思う一瞬であった。


林道ではさまざまな出合いがある、それは季節や時刻、天候やその時の精神状態…などで、その印象は大きく変わる。今回は本当に爽やかな林道の風景を見ることができた。これだから林道散策はやめられない、と思ったのと同時にこの美しさをいつまでも保ってほしい、などと感じたりもした。更新がなかなか進まない当サイトのレポートであるが、この牧野道路については是非ともレポートをアップしたいものである。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2007/07/28 23:53】 | 林道 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。