スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#124 『奥有道』の卒業記念樹
~『奥有道』の卒業記念樹~


卒業記念、卒業制作、卒業記念植樹、卒業記念の碑‥名称や形は変わろうとも、学校にはその年の卒業を記念して様々なものが残されている。そういえば私が小学校の時には、中庭の小さな山に杉の苗を植えたような記憶がある。どうなっているのだろう‥などたまに思い出すことがある。大きくなったら手に負えなくなるし、今はもうないのだろうなぁ‥という結論に達し、その後で「そういえば阪神大震災があったから、杉の木どころか校舎まで全て新しくされているのだろうなぁ。」という結論で最終的に落ち着く。

先日、岐阜県の久々野町にある『奥有道(おくうとう)』を訪れた。この村から人がいなくなったのは昭和38年。したがって廃村となってから45年もの年月が流れたことになる。残念ながら今はもう放送されていないが、岐阜テレビ放送の「ぎふ川物語」という番組の中でこの『奥有道』が取り上げられており、その中で村の分校の卒業生が記念植樹した白樺の樹が、今も元気に育っていると紹介されていた。わずか二人の卒業生によって植えられた白樺の樹。学校も村も無くなった後も、元気で成長し続ける。何かそのことが無性に嬉しかった。何とかしてそれを見たいと思った。廃校ならずとも、小学校や中学校では、卒業記念に創られた様々なものが残されている。中には長年雨風にさらされることで大きく形を変えてしまい、無残な姿になっているものも少なくない。しかしこの廃村『奥有道』では、記念の植樹が半世紀近く過ぎた今なお健在だったのだ。

『奥有道』、わずか10軒にも満たない小さな集落であったが、そこには久々野小学校有道分校があった。山を隔てた峠の向こうの集落『口有道(くちうとう)』にも久々野小学校有道分校があり、二つを合わせて有道分校だったという。1学期は口有道校舎、二学期は奥有道校舎で授業を行い、3学期は雪のため通学不能となるので、それぞれの校舎で授業がおこなわれていた。この『口有道』も『奥有道』の後を追うように廃村となったのだが、今は立派な道路がつき、校舎も何も、もう残ってはいない。

実はこの地を訪れるのは二回目。一回目は、時間の関係で訪れたのが夜。しかもみぞれが降るような寒い中だったので十分に調べることができず、白樺の樹を確認することはできなかった。そして二回目の今回、雑草がかなり背高く伸びてはいたものの、周囲に杉林がおおい茂る中、白樺の樹を確認することができた。半世紀もの年月を経て立派に育った記念植樹。今はその横に作業小屋のようなものが建てられているが、かつてはそこには校舎があり、子どもたちや先生の姿があったはず。静まり返った集落跡地だが、ここが以前は賑やかだったということは、紛れも無い事実。それでも今のその風景からはなかなかイメージできない‥。

山奥の小さな村の小さな学校の、たった二人の卒業生を皆で祝う。この樹を植えた二人の卒業生、この記念の植樹のことを思い出すことはあるのだろうか。姿を変えてしまった故郷のことを思い出すことはあるのだろうか。今このように立派に成長した白樺の樹を見たら何と思うのだろう。案外、毎年見に来ているのかもしれないなぁ‥??などなど勝手なことばかり考えてしまうのである。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2007/08/27 23:07】 | 岐阜県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。