スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#127 故郷への思い・奥川並
~故郷への思い・奥川並~


先月、本サイトの県内廃村の項で『奥川並』を大幅に修正し、再公開させていただいた。その中でもふれているように、奥川並にお住まいだった方の多くは、離村時に同じ余呉町内に集団移転されている。先日その移転された地を訪れてみた。といっても、そこに住まわれている方と何らかのつながりがあるわけではなく、全くの飛び込みで行ってみたのである。以前からそこはぜひとも訪れてみたい、と思っていた。一つは離村と共に移された村の八幡神社を見たかったこと、もう一つはもしかしてそこに住まわれている『奥川並』出身の方からお話がうかがえるかもしれない、などの思いがあったからだ。事前に古い住宅図であらかじめ場所を確認しておいた。しかし離村が昭和44年というから、既に40年もの年月が流れていることになる。その間ずいぶんと様子も変わっているはず、という不安を抱きつつ蒸し暑い中を大汗をかきながら歩く。

意外なことにそのあたりの風景は古い住宅図とさほど変わることも無く、すぐに見つけることができた。そして住宅図に示されている所には廃屋もあるものの、今も何人かの方が住んでおられる様子。しかし暑いせいもあるのか、屋外に人の姿は見られない。思い切って玄関先を訪ねてみることにした。見ず知らずの人間がいきなり現れて昔の生活のことを聞くなど、誰しも警戒する何とも無謀で失礼な行為ではあるのだが、それを承知で訪ねてみることにした。縁もゆかりもない人間のこの訪問、「いったい何者?」とばかりに、やはり警戒されてしまった。しかし少しずつ話ししていうるちにこちらの思いも少しずつでも伝わったのか、その方は時折笑顔も交えながら「私はもう年やから、昔のことは覚えとりません。○○さんやったらもっと詳しいこと教えてくれるよ。」と、ある方を紹介してくださった。そして突然の無礼を詫び、紹介いただいた方のお宅を訪問することにした。

そこでもやはり最初はいろいろ警戒されてしまったが、怪しいなりにもあれやこれや資料を抱えていろいろなことを質問する姿に安心感を持たれたようで、結果的にはじっくりとお話をうかがうことができた。そして『奥川並』の項のサイト公開に向けて調べていく中で感じていたいくつかの疑問などについても、地元の方ならではのお話がうかがえることができた。私にとって何とも貴重な時間となったのである。

本当に突然の無礼な訪問であるに関わらず、その方は小一時間にわたって、丁寧にお話をしてくださった。一つ一つの質問に丁寧に答えてくださった。そしてその方に最後にうかがったお話が、今回うかがった中でも特に印象深いことばであったので、ここで紹介させていただくことにした。それは、今でも月に1回は訪れると言う奥川並について、「訪れた時に、昔のこととか思い出されることがありますか?」という私の質問に対してのことばである。

「今も{奥川並に)帰った時は懐かしいよ。もちろんもう家も何も残ってないけど‥、ここに家があったんやなぁとか‥小さい頃のことをよう思い出すなぁ。川で魚採りをして遊んだこととか‥。その頃のことは一番よう憶えとる。‥そう、今でも奥川並のことを夢に見ることがあるなぁ。‥よう夢に出てくる。夢の中の奥川並は昔のままで、家がいっぱいある。(実際の奥川並は)家もなんもないけど‥夢の中では家がいっぱいある。昔のままの姿の奥川並を夢では見ることができるんや‥」

このことばをうかがった時、寂しさや切なさを超えた何ともいえない感動を私はおぼえた。姿を変えてしまった故郷、しかし何十年過ぎようと、そして如何に姿を変えようとも枯れることの無い故郷への思い。今もよみがえる、少年の頃の故郷の姿。人間にとって‘故郷’とは何なのか‥ということへの一つの答え、そんな気がしたのである。

奥川並の共同の墓碑はいつもきれいにされている。ダム工事で一般の者が立ち入れない時でも、この墓碑はかつての村人たちによって常にきれいにされていたという。そのことが先ほどのことばと全く自然につながってゆく。生まれ育った故郷への思いと先祖を思う心、家族を思う心、感謝の気持ち、そして今でも現れるかつての故郷の姿‥それらが一つになってつながってゆく。そのことへの感動、その余韻を感じながら、私はその足で移転された八幡神社を訪れてみた。大変こざっぱりときれいにされている。一目見て、そこが大切にされていることがわかる。人々とともに故郷を離れた八幡さまであるが、やはりそこでも変わることなく、村人たちから大事にされていたのである。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2007/09/18 22:44】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。