スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#131 秋の山村にて
~秋の山村にて~


秋を味わいに、ある湖西の集落を訪れた時のこと。集落の中心には1.5車線道路が走る。しかしそこを通る車はほとんど無く、時たま地元車が通るくらい。道の脇の石垣に咲く植物が、飾り気が無く美しい。道の端にしゃがみ、壁にへばりつくようにして植物写真を撮っていると、自転車をこぐ音が近づいてきた。気にしながらも写真を撮っていると、カメラのファインダーに自転車の姿が入ってくる。「お!なかなかいい感じ!チャンス!」とばかりにシャッターを押す。そしてすぐに顔を上げて、「こんにちは」と挨拶をする。すると60代くらいかと思われるその男性からも「こんにちは」と返ってくる。そして、そのまま自転車はゆっくりと走ってゆく。

ゆったりと流れる時間、それとこの石垣の植物と道路の風景が気に入って、しばらくそこで写真撮影を続ける。するとまた聞こえてくる自転車の音。どうやら先ほどの自転車が帰ってきたようだ。すぐ近くの簡易郵便局での用事が終わって帰宅するところ?など勝手に想像する。すれ違おうとする時、今度はあちらから「花の撮影ですか?」と一言。「ええ、そうです。きれいですねー」と返す。すると自転車をゆっくりと走らせたまま「うちにも少し花があるから、よかったら見ていってくださいー」とのことば。思いもかけない一言に「ありがとうございます!」とそのまま自転車についてゆく。自転車はすぐ先の角をまがる。その先にあったのは黒いトタンをかぶった美しい茅葺き家屋、そして家の周りには色とりどりの様々な美しい花。山里の故郷の家、そんなイメージがピッタリな感じの美しい風景だった。

その方はこの地で生まれ育ち、そして仕事のために生活の場を京都に移した後、定年退職後に再びこちらへ帰ってこられたという。庭先に用意された二つの椅子、そこでしばらくお話をうかがう。秋の爽やかな青空の下で流れるゆったりした時間、まわりを見ると色とりどりの花がいっぱい。その中でも特に目立つのは、色鮮やかな大きなダリア。そこにいると、穏やかな秋の風景の中に自分も入り込んだ、そんな感じがした。

故郷ということばのイメージにピッタリの実にのどかな風景であるが、やはりこの地も激しい過疎化に襲われているという。かつては多くあった家屋だが、若い者は仕事を求めて故郷を離れていった。そして家を守っていた者の高齢化とともに家屋は次々と廃屋となり、やがては崩れて自然にかえってゆく。結果、家屋があったはずの地は、まわりの田畑とともに荒地へと姿を変えてしまう。雪が多いこの地域の冬の生活の厳しさは、並大抵のものではない。この方も冬場には京都に帰られるという。林業、農業などでは到底生活できないこの時代、他の仕事が皆無という地に人々は暮らしてゆけないのだ。

しかしこの地域には全校児童は6名という小学校が、今でも残っている。通常なら、とうに姿を消していそうな感じなのに‥。というのも、実はこの学校の児童6名全てが山村留学生で、遠くは京阪神以外からも来られているとのこと。超小規模ゆえ、都会と違って一人一人に教育が行き届く。この美しい自然の中でぜひ幼少期の教育を受けさせてやりたいという思いから、けっこう希望もあるようだ。それならばもっと留学生を受け入れれば学校も存続するし、人も増えるし、何より子どもがいることで村が活気づくのでは?など単純に思ってしまう。しかし様々な事情があるようで6人にとどまっているようだ。人が去って困っている所に入ってきたい人がいる、このような歓迎すべき状況があるのにそれを受け入れられないという事実がもしあるとしたら、どうにも納得できなく思ってしまうのである。

「今の生活は最高!」という、その方のことばに強い故郷への思いを感じる。しかし「冬に都会に帰ると何もすることが無くて退屈で仕方がない。春が待ち遠しい。」と、いうことばの裏には、冬場は高齢の者だけでは生活し難く、都会に帰らざるを得ないという現実が含まれている。

今のこの老家屋たちの同化した山里の美しい風景、それらは日本の宝。そこに人が戻ることができる社会、再び村に子どもたちの声が聞こえるようになり得る社会、切り捨てのない社会、そういう社会がいつの日か訪れるのだろうか。







http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2007/10/27 22:18】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。