スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#139 廃校にて思うこと
~廃校にて思うこと~

今年の春、いつものように山村巡りをしている時に何気なしに見えた風景、それはとても印象深いものだった。運動場と大きな銀杏の木、そして赤い屋根で白い板張りが施された見事な木造校舎。全く予期していなかっただけに驚きは大きかった。しかしその雰囲気には何か寂しさが漂っている。よく見ると一部の窓ガラスが割れて、そのまま。また壁面の塗装もひび割れて、はがれたりしている所もある。校庭隅にある碑を見ると、平成13年に閉校と書かれている。創立100年もの歴史ある学校だが、もう学校としての役目は6年前に終えていたのである。グランドはそのまま残り、校舎横にはプールも健在。どこからだろうか太鼓の音も聴こえてくるのは、学校の一部を太鼓の練習場所としているから。山村とはいえ周囲はひらけた感じで暗い雰囲気は全くない。しかしここにも過疎の波が押し寄せていることが、この寂しげな木造校舎の姿を見てわかったりもした。

廃校となった木造校舎を見た時に思うことがある。それは「この校舎をいつまで見ることができるのだろう‥」ということ。古びた校舎であっても、第二の人生を歩み、現在も活用中のものであればそこには‘温もり’を感じることができる。それはすなわち「この先もしばらく見ることができる」ということを意味している。しかし中には、もう使われることもなく時間の流れるままに荒れつつあるものもある。その校舎からは‘温もり’を感じることはできない。限りなく冷たく、そして寂しいだけなのである。いったんそのような様相を表に出すと廃墟となるのは早く、‘危険な建築物’ということになってしまう。そして程なくして取り壊されることになるのである。

春にここを訪れた時、他用途で使用されているにもかかわらず何か不安に感じるものがあった。それは校舎の規模が大きすぎること、それと壁面や窓ガラスの傷みよう‥。分校のような小さな規模の建物であれば、地域の公民館や集会所のようなものにも再利用されやすく、維持・管理費もまだましだ。しかし大きな建物になるとそうはいかない。宿泊施設や図書館、資料展示館などに転用されているものを見かけることはあるが、大きいだけに管理費や補修費だけでもかなりの費用となってしまう。それに何より安全面での問題が大きく、それを解消しようものならのさらに多額の費用が必要となってくる。そういうことからこの大きな校舎には何か不安な思いを持たざるを得なかったのだ。

それ以来ずっと気になっていたのだが、先日再び赤い屋根の白い木造校舎を訪れてみた。幸いまだまだ元気で、健在であった。校舎以外のグランドやプールなども前のまま。特に補修工事などがされた様子もないところを見ると、現状維持といったところなのかもしれない。大きな銀杏の木も健在で、時の流れとともに寂れて傷んだ校舎、校庭に短く伸びた雑草、それら以外は、きっと昔のままなのだろう。かつては賑やかな子ども達の声が響き、限りないエネルギーが集まり、そして弾ける場となっていたこの木造校舎も今はすっかり静まりかえり、わずかばかりの‘温もり’を感じるだけとなってしまっている。この日は太鼓の音も聞こえず近所の子どもの遊ぶ姿も見られない。冬の廃校舎は美しくもあり、そして切なくもあった。

ひと通り写真撮影をした後に「この先どれくらいこの姿を見ることができるのだろう」など考えながら、グランドのバックネット側にまわって最後の写真を撮ろうとする。その時、先ほどまで晴れ間も見えていた空が急に暗くなり、雨が降ってきた。撮影を切り上げざるを得ない程の雨ではなかったが、なぜか撮影の意欲も急に薄れてしまい、結局撮影を終了することにした。いつもなら多少濡れようが何しようが、そのまま撮影を続けるのであるが、この日はなぜかここで途切れてしまった。そして次回訪れる時にもこの美しい姿を見せてくれることだけを願い、その地を離れることにした。













http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2007/12/28 23:38】 | 木造校舎・廃校 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。