スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#143 ダムの上と下の風景
~ダムの上と下の風景~

当たり前のことであるが、ダムから見る風景は、その上流側と下流側とでは全く違う。上流側では、堰堤でせき止められた川の水が全てのものを飲み込み、静かな湖面のダム湖が作られる。下流側では、ダムから放水された水が、かつての面影を残す風景の中を川となって流れる。そのためか堰堤で分断された二つの風景は、何とも不自然につながっているように感じられる。最近は平常時は水をそのまま流す‘穴あきダム’などもあるようだが、今目にする多くのダムは水を満々と貯えるスタイルのものが多い。

雪が降ったある朝、永源寺ダム(滋賀県東近江市)を訪れた。年末には湖底近くまで水位が下がっていたこのダムも、この日は鈴鹿の谷より流れ出た水が集められ、かなりの水位となっていた。いかにも山上湖という雰囲気のその湖面には、雲のわずかな隙間から顔を出した朝日が反射し、何とも美しい冬の風景を朝の山間に作り出していた。昭和47年に完成したこのダム、やはりその建設の際には多くの家屋が立ち退き移転となっており、いくつかの集落が水没している。今見える湖面に映る朝日の下には、多くの人たちの生活があり、人々の温かみがあったのである。

ふと、ダムの下流側を見る。そこにはかつてダム上流部にも広がっていたであろうと思われる、愛知川谷の風景の面影を見ることができた。この日は少し雪が降ったこともあり、谷の面影はうっすらと雪化粧しており、いかにも冷たそうな川の風景となっている。ダムから流れ出た水が作る川の横には雪化粧をした集落。きっとこのような風景がダムができる前は、普通にずっと上流まで続いたのであろう。愛知川谷ののどかな風景‥だったはずである。しかし残念ながら、ダムができる前には見られたであろう、斜面を利用した段々畑のある集落の風景は、もうここでは見ることはできない。

このダム建設の際には、やはり多くの地元の方たちの反対があったという。そしていくつかあった集落のたどった運命もまちまちだ。全く違った所への移転という道を選ばず、水没を逃れる形でかつての故郷の名を残し、ダム周辺に今も住まわれている方たちのいる集落。また一部水没が免れるものの、もう集落としての機能の維持が難しく、住民全員が移転して、地図から集落としての名前を消すこととなった集落。故郷の地に残った者、その地を離れた者、形は違っても、水の中に沈むとともに故郷への思いまでが水の中に消えてしまうということはないはず。果たしてその人たちの目に、四季折々に美しい風景を見せるこのダム湖の風景が、どのように映っていることなのか。

ダム湖畔を通る道は近い将来、鈴鹿をトンネルで貫き三重県とつながる。今も峠越えでつながってはいるものの、道は狭く冬季には閉鎖されてしまう状況。開通後は多くの車が通り、紅葉などの観光シーズンになると今の何倍もの交通量になるはず。トンネル完成による地元の経済効果も大いに見込まれるのである。それによりダムを訪れる人が増えることも間違いない。ただ、たとえ周辺の風景や状況が大きく変わっても、ダムから見える上と下の風景の違いを思う、そのことを忘れてはいけないと感じるのである。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2008/01/27 23:37】 | ダム | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。