スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#146 学校跡の風景
~学校跡の風景~

「文」という学校マーク、少し前の地図では山奥の山村にもずいぶんとたくさん見ることができた。中にはもうずっと以前に姿を消してしまっているにかかわらず、「○○分校」という表記のみが残っているものも少なくない。それらを見ると、建物はとっくに取り壊されてしまっているだろうと思いつつも、もしかして‥とついつい訪れてしまう。これはもう、私にとっては‘性(さが)’のようなものなのかもしれない。その時は、滋賀県との県境に近い福井県敦賀市のとある集落に「文」マークを見つけた。そこはまだしっかりと分校の表記がされている。ネットで調べると、数年前までは確実に分校校舎が残っていたようで、写真も掲載されている。そういうことでかなりの期待感を持って、その地を訪れることとなった。

集落に着いた。山間部のその村は、小集落と言うイメージがピッタリの雰囲気で大変静かな所だった。寺や神社、そして何軒かの家屋が健在であるのだが、今ではもう人が住むのは4戸のみになっているという。早速、分校らしき建物をさがす。しかしそういう感じの建物は全く見あたらない。ちょうどここの住民と思われる方が道を歩いてこられたので、うかがってみた。すると「学校はそこの空き地にあったけどな、2年ほど前やったか、壊されてしもたなぁ‥」と先程車を停めてきた空き地の方を指差す。うかがうと学校跡の碑も、それを示すようなものも何も残さず「知らん間に」壊されてしまったという。実際そこには全く何も残されていない。こうしてうかがうこと無しには、絶対に学校跡ということはわからない感じなのである。こういうのも何とも寂しいものだと思いながら、集落をしばらく散策した後にそこをあとにする。

車で15分ほど走っただろうか、隣の集落が見えてきた。ここもかなり過疎が進んでいるようだが、先程の集落よりははるかに戸数が多い。ふと見ると、集落のはずれに何か学校跡らしきものが見える。早速立ち寄ってみる。やはりそこは学校跡。敦賀市東愛発小学校という碑と門塀が残されている。校舎などの建物はもちろんもう残されてはいない。統廃合により閉校となったのが昭和59年というから、姿を消したのは25年ほど前のこととなる。

その昔は、登下校の子どもたちで集落からの通学路が賑わい、時を知らせるチャイムが集落に鳴り響いたことだろう。そして春の訪れとともに、小さな新入生が期待に胸を弾ませやってくる。そんな光景が普通の光景としてこの地でも見られたはずだ。しかし今その地から子どもたちの声が聞こえることはなく、聞こえてくるのは風の音、そして遠くを走る車のエンジン音くらい。校庭跡に作られたゲートボール場にお年寄りたちが集うのは、もう少し暖かくなってからだろう。今は本当に静か‥なのである。

ふとグランドに目をやると、何か視界に‘賑やかな感じ’が入ってきた。ふきのとうだ。いくつものふきのとうの芽が、何とも可愛らしく学校跡を賑やかに彩ってくれている。子どもたちの声が聞けなくなった寂しげなこの地を、春を知らせるたくさんの薄緑色のふきのとうの芽が賑やかす。この元気な春の住民、過疎が進む風景の中では、何とも微笑ましく可愛らしく、そしてたくましくも感じたりするのである。山村の春、もう間もなく本格的にやってくる、と感じさせてくれた。













http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2008/03/31 02:46】 | 福井県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。