スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#154 杉林にて思うこと
~杉林にて思うこと~

山村が好きでよく訪れるが、その時よく目にするのが、杉や檜などが植林された人工林。枝がきれいに掃われて手入れのゆきとどいている林の木々は、空に向かって真っ直ぐにのび、整然とした雰囲気をあたりに作り出している。いかにも‘人の手が入っている’という感じだ。また幹に、鹿による害を防ぐ為のテープがグルグルと巻かれたりしていたりもするのも、人の手が入っていることを感じさせてくれ、山奥などで見るとホッとする。その一方、手入れのされなくなって放置されている杉林を見かけることもある。そういった所の木々は枝が掃われず雑然と広がり、歪な形で成長し続けている為、どこか不気味な雰囲気を感じてしまったりもする。

真っ直ぐに高く伸びた杉の木は陽射しを遮り、昼なお暗い世界を周辺に作り出す。あたりの植生も広葉樹の林とは大きく違って、シダ類やコケ類が主役となっている。わずかな木漏れ陽に、葉を広げたシダ植物が光って見えるのは、こういった林で見られる独特の風景だ。そういえば、廃村などの住居跡地に杉などが植林されているのをよく見る。注意深く見ると、かつての住居の名残である石垣や苔むした柱の残骸などを見ることができるが、廃村後30年余りが過ぎたような所では杉の木も高く育ち、当時の面影を感じることはなかなか難しい。当然ながら、そういった所は薄暗く湿気も多い。多くの人が、廃村に暗く怖い雰囲気を感じるのは、そういったことも影響しているのだろう。

しかし集落に人が住んでいた頃は、当然ながらこれらの杉はまだ植えられていないはず。畑や田、そして広葉樹が広がる集落の周辺はひらけており、山間部ゆえの日照時間の短さはあるものの、多くの陽射しを受けていた。今の薄暗い風景とは全く違った明るい風景がそこに広がっていたのである。集落からの延びる道も然り。現在は、廃村後に植えられた杉が高く伸びて陽を通さない為、何とも暗い道になってしまっているが、村在りし頃のその周囲は開けており、今とは比較にならないほどの光を受けていたのである。廃村を訪れた時「こんな暗くて細い道を通って、小さな子どもが学校に通っていたのだろうか‥。」と感じることがよくある。そのことを地元の方に尋ねると「今と違って、もっともっと明るかったよ。」という返事が返ってくることが多い。杉などの木が植林されている地域の多くは、今見るような暗い山の風景ではなく、明るい風景がそこにあったとということなのである。

山を訪れた時に圧倒的に目にすることの多い、杉や檜などの人工林。子の代、孫の代‥と何十年、何百年と林業を生業にすることを願い丹精込めて植林されたものだった。しかし時代は変わり、海外からの安価な輸入木材の為、今はこれらを頼りに生計をたてることは難しいという。切り出して製材すればするほど赤字になってしまうというのも、地元の方から良く聞く話。今でも山を訪れると、杉林などで木々の手入れをされている方に出会ったりする。もう何十年と途切れることなく山仕事を続ける生粋の山の男たちだ。そのある古老のことばが心に残る。

「そこらの山、わしらがほとんど杉林に変えた。杉林は広葉樹林と違い水を溜めることができん。また根も浅い。その為、川の水量が大きく減ったし、土砂崩れも起きやすうなった。それでも食ってゆくために、将来のためにと植林した。」少し間を空けてことばは続く。「山を大きく変えたんや。そやのに(林業では)食っていけん時代になってしもた。わしらのしてきたことは、間違いやったんかもしれん‥。」

製炭では生活できなくなる時代が来て、将来の道をひらくために山は大きく変貌した。しかし今見えるのは厳しい現実。そのことの是非は、誰がいつ判断すればいいのだろうか。











http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2008/06/22 18:57】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。