スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#16 最高の瞬間・最高の美しさ
~最高の瞬間・最高の美しさ~

先日、鈴鹿の山腹にひっそりと残る廃村『男鬼』を訪れた。この時期にここを訪れるのは初めてであった。自然に近ければ近いほど、季節の移り変わりは彩りに大きな影響を与える。この日見た初夏の『男鬼』、実に美しかった。家屋も完全に自然の一部となり、何の違和感もない風景を作っている。本当に美しかった。

しかし私はそこでもっと美しい風景に出会った。まるでタイムスリップをしたかのようだった。写真を撮る手が震えた。廃村となる前、もう何十年も前のことであるが、この瞬間だけは当時のままの風景を見せてくれた。私にとっては最高の瞬間、そして最高の美しさであった。
小川の石段を降り、川の水で洗いものをするおばあちゃん。ごく普通のように洗う。自然の中で自然の流れ。何度も言うが、私の中の「最高の美しさ」だった。

近々、この時の様子をアップしたいと思う。また、かねてより企画中であった新設コーナーでも取り上げてみようと思う。

『男鬼』は実に美しく、住んでいた方たちの愛情のこもった集落である。かけがいのない大切な「故郷」である。えらそうなことを言うようで申し訳ないが、訪れる者は「部外者」の礼儀として、大切にこの村に接してほしいと思う。このことを心より願う次第である。





http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2005/05/27 00:00】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。