スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#157 庭で見た花
~庭で見た花~

私は花や植物の名前がどうしても憶えられない。林道や山村を訪れると目にする様々な草花や木々を見て美しく感じ思いっきり心癒やされるのだが、どうしてもそれらの名前が頭に入らないのである。写真を撮って、帰宅後早速図鑑で調べたりして「なるほど」と納得はしても、数日するとその名前は頭から消えてしまい思い出すことができなくなる。とは言っても形や色は忘れることが無いので、次に現場で見た時も「あ、前に見たやつ」となる。しかしその後に「名前はなんやったかいな」「思い出せない」「まあええか」となり、最終的には「名前はわからんけど知ってる花」ということになる。

そんな中でも忘れずに憶えているものがある。よほど相性がいいのか、それとも特に美しく感じたものか姿かたちが印象深いものかなのだろう。福寿草やねじ花、スノーフレーク、マムシグサ、オオハンゴンソウなどがそれにあたる。その中でも特に‘ねじ花’は私にとっては印象的なもの。気にしていないと単に雑草として見落としてしまいそうだが、その姿かたちが何とも可愛らしく感じてしまう。夏場の林道などで見かけた時、その可愛らしい姿に嬉しくて、ついつい写真撮影に没頭してしまうのはそのためだ。

今年の夏の林道訪問でも、ぜひともねじ花を見てみたいと思っていた時、意外な所でそれを見ることができた。灯台下暗しとはまさにそのことで、何とねじ花を見たのは自宅の庭。朝ふと起きて、雑草がジャングルのようにのびた荒れ放題の庭を見ると、のびた雑草の葉の間に、まっすぐにのびたねじ花の姿。全部で5本ぐらいであるが、くるくるとねじれて赤い花をつけるそれは間違いなくねじ花。やはり嬉しくてカメラを持ってすぐに庭に出る。そして大量の蚊に襲われながらも約1時間、じっくりと写真撮影に浸る。

ずっと以前のこのコーナーで、庭にキジがやってくることを書いたことがあったが、嬉しいことにその後も動物は訪れてきてくれている。キツネやたぬき、野ウサギ、モグラ、カスミサンショウオ、マムシ、ヤマカカシなどの他、この季節はウグイスやキツツキが大いに賑やかしてくれている。また新たな大物の獣の訪れも確認できている。この大物の獣については、何とか写真撮影に成功したあかつきに、このコーナーで紹介できればと思っている。

荒れ放題の庭で、最近はその中に獣道があるのも確認した。庭の中に獣道を有する家は少ないのでは?など自分自身はそのことを大いに自慢したい気分である。決して広くは無い庭であるが、裏が山である為にこのような自然の動物の訪問があるのだろう。しかしそれよりも何の手入れもせずに荒れ放題になっているところが、多くの動物が現れたり、野生の山野草を見ることができることの要因になっているのかもしれない、など考える。やはり自然に残すのは大事なことなのだ‥など改めて思ってみるが、実のところは単に草刈などの手入れが面倒なだけだったりもする。まあいずれにしても、身近な所で大好きな花を見ることができることを、何よりも嬉しく感じている今日この頃なのである。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2008/07/20 20:49】 | 自然・動植物 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。