スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#162 旧・坂内村川上にて
~旧・坂内村川上にて~

国道303号線の滋賀県の木ノ本町と岐阜県の旧坂内村川上地区周辺は、以前は‘酷道’などと表現されるほどの山間峡路だった。今では八草トンネルが開通し、滋賀県側はトンネルまでの全てのバイパスが今年で開通する。そして岐阜県川の川上地区も道路工事はあとわずか、といったところか。細いくねくね道を何時間もかけて走り、峠越えをして滋賀から徳山へ行ったというのも、もうずっと以前のことなのである。

まだまだ暑さの厳しいある日、この道を通って旧坂内村(現・揖斐川町)の川上地区を訪れた。すると川上集落の手前あたりで道路工事を行なっている為、迂回せよとの看板。仕方なく川上集落に入ることにした。山村などでは、集落までの道が立派な道に着けかえられていても、集落内はまだまだ昔のままの細い道ということが少なくない。そしてその道は集落住民にとっては生活の場。そういうこともあって、私は集落内を車で走ることはやむを得ない場合を除いて極力避けることにしている。生活道はそこに住む人たちの道であって、部外者の車は似合わないと考えるからだ。

やはりここの生活道も思っていたように、その大部分が一車線とちょっとの細い道。そこを遠慮がちにトロトロと車を走らせる。幸い人も車も通らない。静かな集落の風景を味わいながらゆっくりと進んでいくと、前に一輪車を押して歩いてゆく麦藁帽子のオバチャンの姿。畑仕事か何かの帰りなのだろうか、一輪車には何か荷が積まれている。山奥の小さな集落の中の生活道、日頃通る車は少ないのだろう。道の真ん中をゆっくりと歩いてゆく。気づいてくれるかな?など思いながら車をゆっくり進めるが、どうも気づいてくれそうな気配は無い。といってクラクションを鳴らすには何か申し訳ない感じがする。というわけで結局、一輪車を押すオバチャンの後をゆっくりと車で行く。

1分くらいその状態だっただろうか、ふいにオバチャンがこちらに気づき笑顔とともに頭を下げて、慌てて一輪車を道の傍に寄せてくれた。その「あら、ごめんなさいねー」という感じがなんとも爽やかだった。しかし「ごめんなさい」は、こちらである。狭い生活道にでかい車で入っていってるのだから。そこで車の窓を開けて「ありがとうー、すいません」と一言お礼とお詫び。それに対しても爽やかな笑顔が返ってくる。で、こちらも頭を下げて横を抜け、爽やかな気持ちで先に進ませてもらうことにした。

生活道を出て空地に車を停め集落を散策する。すぐ裏が山というこの集落は道と川に沿って細長くのびており、山と川の間が狭い。雨量が多い時などは山崩れなどの恐怖にさらされることが、砂防ダムが集落のすぐ上の山肌に造られていることからもよくわかる。晴天の今は何とも穏やか雰囲気だが、悪天候や大雪の時などはそれが一変するのだろう。通りすがりの者では所詮わかりようのないことかもしれないが、現実の厳しさは地形を考えるだけでも想像がつく。

そんなことを考えながらふと下を見ると、三段になった洗い場。ひかれたパイプからは、水が流れ続けている。おそらく山からの湧き水を引いてきたものなのだろう。洗い場は上・中・下の三段に分かれている。上段にためられた水は飲用水、次の中段は野菜や果物を洗ったり冷やしたりする、下段では食器などの洗い物に使用などという‘水舟’が郡上八幡で有名だが、同じような用途で使用されているものなのだろう。いっしょにタワシが置かれていることからも、ここが現役だということがわかる。夜叉ヶ池の竜神様を祀るこの地、豊富な水は竜神様からの授かり物といったところか。

一通り村を散策してふと見ると、先程の一輪車のオバチャンが石段に腰を下ろして休憩中。「こんにちは」と改めて挨拶を交わす。さっきのこともあり、初対面でありながらも初対面で無いという感じで話がはずむ。日焼けした笑顔が何とも健康的で爽やかで、80歳を越えられるという年齢だそうだが、とてもではないがそれが信じられない感じだ。こちらの質問にもハキハキとしっかりと実にわかりやすく丁寧に答えてくれる。その為、暑い中にもかかわらずついついいろいろうかがってしまい、長話になってしまった。もっとお話をききたかったのだが、あまり長くなってしまってはいけないと思い、お礼を言って先に進むことにした。

思いつきで訪れた旧坂内村川上地区だったが、思いもかけず爽やかな気分になったことが嬉しかった。爽やかさを少し分けてもらった、そんな感じだ。当たり前のことであるが、お礼や挨拶の大事さを改めて感じたりもした。普段はしかめっ面で無愛想な自分、そういうことができていないんだろうなぁ、など感じる。そんな自分でも山に行くとやけに素直で穏やかな人間になることが不思議であり、それを嬉しく感じたりもするのである。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2008/08/31 21:51】 | 岐阜県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。