スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#165 秋の色(在原にて)
~秋の色(在原にて)~


秋の色が見たい。そういう思いを持って訪れたのが、滋賀県のマキノ町の山間の集落『在原』。茅葺集落として有名で、観光案内の雑誌などでもよく紹介されてはいる。しかしあくまでもここは普通に人が住む集落であり生活の場。一般のイメージで言う‘観光地’というわけではない。

以前ここで見た‘ソバ畑と古民家の風景’が忘れられず、この時期になるといつもこの『在原』のことを思い出す。昨年は残念ながら訪れることはできなかったが、今年はうまく時間を取ることができ、早速の訪問。紅葉にはまだしばらくの時間がかかるのであるが、この時期独特の爽やかな秋の色も実に素晴らしい。畑一面に咲く真っ白なソバの花も、そういった爽やかな秋の色の一つ。周囲を見渡しても、少し前までは猛威を振るっていたあの暑苦しい夏の重々しい緑の色はもう無く、変わって爽やかで軽やかな緑の色が集落を彩っている。

休みの日だが、観光客の姿はほとんど無い。時おり思い出したかの様に外部からの車が通り、そしてサイクリングのグループやハイキング客が訪れる、そんな感じだ。空き地を利用した駐車場に車を停めて早速ソバ畑に向かう。小さな集落のこと、決して広範囲にソバ畑が広がっているわけではないが、それでも小さな畑に植えられた満開のソバの花の白さは際立ち、すぐに訪れる者の目にとまる。畑に近づくとソバの小さな白い花が細かく見え、そこだけを見るとその無数に咲く花が何ともにぎやかだ。そして畑の向こうに茅葺家屋と曇りがちの秋の空。何はともあれこの日の目的の満開の白いソバの花を見ることができたことにホッとし、それと茅葺家屋が作り出す秋の風景にしばし浸る。

この日はソバの白い花の他にも秋の色を見ることができた。道端に控えめに植えられた白やピンクのコスモスの花。道に落ちたか落とされたかわからないが、黄緑から茶色に変わろうとしているイガ栗や各庭々に植えられた様々な色の花。変わったところでは、秋の空をバックに巣を張る黄色と黒の女郎蜘蛛。この時期に成熟期をむかえるこの蜘蛛は、体も大きく色鮮やかで秋の色を彩る。また葺き替えられた茅葺屋根の一部黄金色というのも、それら秋の色にワンポイントを与えている。

たまたま空いた午後の時間を使っての訪問は、短い時間であったが秋の色を十分に満喫することができた。山間の隠れ里とも思えるようなこの小さな集落に人々が訪れ心癒やされる、このことに納得しながら集落にある蕎麦屋で蕎麦湯をすするのも心地よかったりするのだった。










http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2008/09/29 06:45】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。