スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#170 秋の『加須良』
~秋の『加須良』~




豪雪の辺境の地で、寄り添うようにして長い歴史を刻んできた二つの集落『桂(かつら)』(富山県旧上平村)と『加須良(かずら)』(岐阜県白川村)、ともに地図から姿を消して約40年という、今は無き合掌造りの集落である。

前回にも書いたが、幸いにもこの二つの集落はいずれも村在りし頃の写真をネットや写真集などで目にすることができ、当時の美しい風景を今も感じることができる。中でも秋の紅葉の頃の写真は実に印象的だ。そういう写真を見ると、どうしてもその地を訪れてみたくなって我慢できなくなるのは、もはや私にとっては性のようなものなのかもしれない。残念ながら『桂』はダム湖の底だが、『加須良』ならまだ集落在りし頃の面影を感じることができる。以前当サイトの掲示板で、桂から加須良へつながる林道の情報をいただき、その直後(春)と夏に二度現地に訪れてみたが、その時から「何とかして秋の加須良も見てみたい」という思いを強く感じていた。

過去二度の訪問時は、いずれも『加須良』へと向かう林道にチェーンはかかっておらず車による移動が可能だった。しかし今回はしっかりとチェーンがかかっており、峠越えの林道を歩いていくこととなった。その昔、二つの村はお互いに何かあると峠越えの道を行き来して助け合っていたというが、今の両村を結ぶ峠道は昔のそれとは違っているので、当時の雰囲気をそのまま味わえるわけではない。それでもこうしてゆっくり歩きながら峠を越えると、少しでも当時の人たちに近づいた気分になったりする。林道途中からの集落を見下ろす風景は、村なき今は当然ながら見ることはできない。それでも周囲の山の景色などを見ながら歩いていると、「写真で見た地に来たなぁ」ということを感じたりもする。この日、『桂』から林道を少し行ったところを振り返ると、かつての桂集落の跡が、水位を下げたダム湖から一部姿を見せていた。今は石垣が見えるだけだが、その昔はここから美しい桂集落の合掌家屋やそこに生活する人々の姿、分校の子どもたちの声などの生活の温もりが感じられたはずだ。「桂分校はどの辺にあったのだろう」など考えてもみるが、今水面から見えている『桂』はほんの一部、ただ湖の水に遮られるだけである。

林道の木々は紅葉の雰囲気を作ってはいるが、まだ少し時期が早いのか遅いのか「秋真っ盛りの紅葉」というイメージは薄い。それでも所々に真っ赤に色づいた木々の葉が見られる。それらを味わいながら歩くと程なくして峠に着く。峠といっても見晴らしが良いわけではなく、何か標示があるわけでもない。そのまま愛想の無い峠を下ってゆくと木々の間から眼下に加須良川が見えてくる。このあたりに『加須良』集落や田畑が美しく広がっていたはずだとイメージが膨らむ。『桂』と違ってここは水に沈んでいないぶん、当時の写真とイメージをだぶらせやすかったりする。

さらにしばらく下ると『加須良』集落跡に着く。明るくひらけていた村の道は、周囲の木々が伸びたせいで、今はこの時期でも薄暗い。家屋の跡に石垣や水路のコンクリート跡などを見ることができるものの、ここも何十年という年月で伸びた木々の枝葉が空を覆い隠すため、昼なお薄暗い状態となっている。川の上流に向かって一本道がのび、その両側に堂々とした合掌家屋、そして一点投視法の先に見える特徴的な形の山。そういった『加須良』のシンボルともいえるような景色はここではもう見ることができず、「家屋が無くてもせめて道と山の風景を」という願いも、のびきった木々に遮られてしまうことになる。

それなら、ということで河原に下りてみた。河原には大雨時に土砂とともに流れ着いたであろう木々が不自然な形で立っていたり、そこに根を下ろしてのびていたりはするが、先の集落跡に比べると遥かに開放的で、村のあった頃の山の見える風景を思い出させてくれる。川向こうの山はかなり紅葉が進んで山肌はオレンジ色。そしてそれが秋の青空、清流の音とともに今の加須良の秋の風景を作り出している。写真で見た田畑の広がる風景は見れないものの、ここは写真で見た風景とつながる秋の加須良の風景だということを実感する。河原に腰を下ろし周囲の風景を眺めていると、写真で見た昔日の村の風景が次々と浮かび、谷に響く村の人たちの声までが聞こえてくるような気がしてくる。

間もなく厳しい冬がやってくる。そうすると真っ白な雪が全てを覆いかくしてしまうだろう。この地で人々が懸命に雪と戦ったのはもう昔の話。雪下ろしの男たちの声が響き、深い雪からほじくられるようにして合掌家屋の屋根が顔を出していたのも、もう遠い記憶の中だけのこと。今、この『加須良』はわずかに村の記憶を残しながら、ただ静かに自然に身を任せるだけなのである。









http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2008/11/16 20:55】 | 岐阜県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。