スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#181 ひぐらしのなく頃に
~ひぐらしのなく頃に~





テレビの番組表を見ながら、何げに知らない映画などを適当に予約しておき、中途半端に時間があいた時とかに見ることがけっこうある。この日見たのは‘ひぐらしのなく頃に’という日本映画。若い人たちの間ではけっこう有名で人気があるという。後から調べてみると、元々はゲームということらしいが、それがブームになり漫画やアニメでも人気が広がり、ついにはこの実写版の映画になったということのようだ。

なぜこの映画を当コーナーで取り上げたかというと、それは冒頭のシーンで何ともなじみのある風景が出てきたからである。ひとつは合掌造り集落の風景。もう一つは主人公の少年が転校してきた分校という設定の木造校舎の風景。特に後者は、一目見てその特徴的な外観から、そこが以前に私が訪れたことのある所ということがわかった。その時の様子はこのコーナーでも紹介させていただいているが、たまたま訪れた長野県の静かな山村で、たまたま目にしたというもの。変則的な3階建てで長くのびた煙突が大変印象的で美しく、どこか古びた村工場のような、そしてどこか鄙びた老旅館のような、そんな感じもする独特の雰囲気をもった佇まいが大変印象的だった。訪れたのが2005年だから、もう4年近く前のこと。割れたガラス、開いたままの給食室の扉・・などなどその時の管理状態からみると‘明日知れぬ運命’という感じが強かったため、そう遠くない将来の解体も気になっていた。映画の公開が昨年2008年(続編も現在公開中らしい)だから、まずはその後も健在だったということがわかり、取りあえず嬉しく感じたりした。

映画の内容は、廃村や廃校を舞台とする映画に多くみられるようにミステリー・ホラー系のもの。ややグロいシーンもあるにはあるが、子どもにも(中学生以上)見れるようにそれなりに気をつかって作られている。閉鎖的な村に起こる、古くからの伝統や言い伝えの中に隠された残虐な殺人。よくある設定であるが、私のような人間はけっこうそれがハマってしまったりする。ただ舞台となる村や学校の風景が上映以前に知っていた風景であったので、面白く見ていた一方でどこか違和感を感じてしまったのも事実。特に合掌集落の風景には思いっきり違和感を感じてしまった。一般的には違和感は感じないのだろうが、どうしても「おいおい、ここは雛見沢村じゃないだろう」って感じがしてしまう。私が監督なら合掌造りという地域固有の風景は使わず、山間部の古びた普通の茅葺家屋の集落の風景を使うだろう・・など勝手に思ったりするわけだが、まあ、こうブツブツ思いながら見るのもなかなかおもしろかったりする。

現在、続編が地域によっては上映中のようなので、またこの木造校舎が使われると思うとけっこう嬉しかったりもする。ちなみに、これのアニメの絵柄は私にとってはどう転んでも受け入れ難いものだ。何も知らずに実写映画を見てよかった~など感じる。先にアニメを知ってしまっていたら、おそらく先入観を持ってしまって予約さえしなかったことだろう。何よりも、我々の世代の男がこのアニメや漫画を喜んで見ている姿を想像すると、それは映画より不気味なものになること間違いなしである。

廃校となった木造校舎や廃村などが映画やテレビのロケに使われることは珍しくない。中には失礼であるとわかっていても「こんな映画に使われてしまって・・」と思うような作品もある。そのシーンを見た視聴者が「こんな風景があったんだ・・実物を見てみたいなぁ・・」など思えるような作品に仕上がったものならば、きっと使われたロケ地も喜んでいることだろう。今回の映画を見た若い人たちの中には、きっと「ロケ地を訪れてみたい」など感じている人もいることと思う








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2009/04/30 05:15】 | 木造校舎・廃校 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。