スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#183 廃校前で記念写真
~廃校前で記念写真~





ゴールデンウィークの子どもの日に、福井県の小浜市にある上根来小学校(廃校)を訪れた。今は‘山の家’として第二の人生を送っているこの木造校舎が大好きで、私はこれまでにもよくここを訪れている。振り返るとこの時期に訪れていることが多いのは、やはり春の新緑の風景の中での美しさを求めてのことだろう。3年前も同じように‘子どもの日’に訪れており、その時のことはこのコーナーでも紹介させていただいている。この新緑の時期に勝るとも劣らない美しさを見せてくれるのが、秋の紅葉の季節。この時期の燃えるような校庭の紅葉、それと木造校舎の作り出す風景はもう言葉では言い表せない。今年は何とかして訪れてみたい、など今の時期から思ってしまったりする。

この上根来小学校に関してネット検索をしてみると、山の家としての情報は出てきても、歴史的なことや現役の頃の様子などの情報は皆無に近い。そのため私の中では、絵画的な美しさは感じても、どうしても学校としての現役の頃のにぎやかな映像がうかんでこない。子どもたちの温かみがイメージに加わってこないのである。訪れたこの日も、小鳥のさえずりしか聞こえない春の静寂が広がっていた。その中でのんびりと写真を撮る。時折横の道を車やバイクが通るが、エンジン音はすぐに遠ざかってゆく。これもいつものここの普通の風景。

玄関の写真を撮っている頃、また一台のエンジン音が聞こえてきた。また遠ざかってゆくのだろうと写真撮影していると、珍しくエンジン音が校庭の中まで聞こえ一台の車が入ってきた。そして中から出てきたのは一人の男性と、その方の母親?くらいと思われる女性。「こんにちは」と挨拶をすると男性が「ここで働いてたんや」とその女性を示す。突然のことに驚いた、その女性の方は元教師の方だったのである。急にこの地の静寂に過去の温もりが出てくる、そんな感じがした。女性に話をうかがうと、その方は以前に教師をしておられて「40年ほど前(かなぁ・・)」に僻地教育の研修会でこの上根来小学校を訪れられたという。ちょうどこのあたりに来て、懐かしくこの地に立ち寄られたということらしい。上根来小学校で勤務されていたわけではなかったが、現役当時のこの学校と大いに関わりをもたれていたのである。とその時、車からもう二人の女性。そのお二人は、この方の教え子だったということだそうだ。そしてかつての恩師の方と一緒に木造校舎の風景の中。

研修会の当時のお話しをうかがった。児童生徒は30人くらいで「そら、にぎやかでしたよ」とのこと。今のこの静寂さからは想像がつかないが、紛れのない事実。「クラスは3クラスあり、たぶん複複式学級やったん違うかなぁ・・」ということで、分校ならではの学年をまたがっての学級編成だった。「学校には教師をされているご夫婦がおられ、この校庭で女の先生(奥さん)が体育の授業をされていました。」「そら、にぎやかでしたよ」この「そら、にぎやかでしたよ」の言葉は、お話しをうかがう中で何度も出てきた。やはりこの元教師の方も、当時の活気と今の静寂とのギャップを強く感じておられるのかもしれない。その言葉の裏には、懐かしさと寂しさが混じりあう、そんな風にも思われた。

その時、校舎の裏にまわられていた男性の「タヌキやー!タヌキやー!」という声。タヌキが校舎の床下へコンクリート基礎の通気口から入っていったという。なるほどいくつもある通気口の格子がはずれて、まったくの出入り自由状態。かつては子どもたちの声で「そら、にぎやかだった」この木造校舎も、時の流れとともに自然の静寂の中で獣(タヌキ)たちの住居となっているのかもしれない。まさか月夜の夜にタヌキたちの腹鼓の音が鳴り響くということはないだろうが、今ここでは新たな住人たちの声が静寂の中で聞こえていることだろう。

お話しをうかがった後、その元教師の方から「あ、そうだ。写真撮ってもらっていい?」とのことば。「ええ、いいですよ」とすぐに返す。こういう自然の流れは大好きだ。「みんなで写真撮ってもらうよー」の声で、車に乗り込んでいた二人の教え子の方たちも集まり、急遽4人で記念撮影となる。ファインダーからのぞいた廃校の玄関前の4人の姿は、何とも温かい。何か自分の中では、今まで絵画的美しさしか感じることのできなかった上根来小学校の風景が、まるでタイムスリップでもして当時の温もりを運んできてくれて温かみあるものとなったような気がする。そして後日写真を送ることを約束し、エンジン音が遠ざかるとともに廃校は再び静寂の風景に戻っていった。

わずかな時間であったが、ここがにぎやかだった頃のお話しをうかがえたことで私の中の上根来小学校の風景は大きく変わった。この時のファインダーからのぞいた4人の記念撮影の姿は、この先もずっと忘れることはないだろう。自分の中で輝き続けるシーン、そんな気がする。このような写真を撮らせてくれた4人の方々に本当に感謝、そして写真撮影が好きでよかった・・そんな風に思ったりもした。











http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2009/05/10 07:33】 | 木造校舎・廃校 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。