スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#188 山がにぎやかだった頃
~山がにぎやかだった頃~





トラックの荷台いっぱいに満載された子どもたち。そしてその何とも嬉しそうな表情。子どもたちは丹生小学校小原分校の5、6年生の子どもたち。そしてトラックは,当時周辺の山の伐採作業に入っていた王子製紙の関係の作業トラック。これは1960年11月のことというから、今から49年も前の写真。写真を撮影されたのは、当時小原分校に勤務されていた肥田嘉昭先生である

本サイトの写真帳コーナーの「ふるさと針川」は現在諸事情で公開を控えているが、その時にお話をうかがった『針川』出身の中谷幸子さん、そして幸子さんを紹介いただいた越川登代子さんとは、その後も話をうかがったり廃村にお住まいだった方を紹介いただいたりなど大変お世話になっている。今回その中谷さんの丹生小学校小原分校時代に担任をされていた肥田嘉昭先生を、やはり越川さんにご紹介いただきお話をうかがうことができた。この肥田先生は、余呉町の丹生小学の学校長を最後に教職を退職され、その後も湖北野鳥センター所長として、また観光ボランタリーガイドや読み語りボランティア、そして本の出版等々多岐にわたってご活躍されている方である。3時間以上のお話の中のどれもが貴重なものばかりであったが、その中で今回は針川や尾羽梨の谷に出入りしていた王子製紙に関するエピソードを紹介したい。







王子製紙はかなりの規模で針川や尾羽梨の奧の谷の原生林の伐採を行っており、一日に何回も伐採された木々を満載したトラックが、谷の林道そして針川~尾羽梨~鷲見~田戸~小原を結ぶ高時川沿いのガタガタ道を行き来していたという。半世紀近くたつ今でも、谷奥の荒れた林道にコンクリート擁壁や車用の標識など当時の面影を見ることができ、本サイトの掲示板でもこのことの報告をいただいている。

山において水の貯蔵庫ともいえる役目を担い、多くの命を支えている原生林。それが大規模な伐採により姿を消す。このことは、山やその周辺に大きな自然環境の変化をもたらす。貯められなくなった雨水や雪解け水はすぐに川に流れ出る。杉が植林された保水能力のない山は、水とともに多くの土砂を川に流す。それにより多くの命を育んでいた川の底は上がり、水量も大いに減る。また原生林で生活していた動物たちは豊富なエサを失うこととなり、その数を減らす。ここ北丹生地域でも、紙の材料を求めて製紙会社が谷の木々を大規模にわたって伐採したことが周囲の自然にもたらした悪影響、それらは決して少なくなかったはずである。もちろん法を犯してそういうことがされているのではなく、製紙会社を責めることなどできるはずもない。企業が、できる限り効率よく材料調達から生産までの過程を考えるのも当たり前の話。社会が、というより国も世界も自然環境への配慮など全くなかった時代、消費は美徳といわれたそういう時代の普通の出来事だったということなのだろう。







しかしそういう木々の伐採による自然への悪影響とは別に、伐採作業などに従事していた人たちは当時の村の人々と温かいふれあいを残している。今回お話をうかがった肥田先生は、初任でランプ生活の僻地の分校に赴任し(赴任されたのは昭和35年、電気が通ったのは昭和36年)、店もなく日常品の買い物のできないこの辺鄙な地で大いに困ることになった。その時助けになってくれたのは、材木運搬で町と山を行き来する製紙会社のトラックの運転手。いくつかの品目の書かれた小さな紙切れを運転手に渡すと、そこに書かれたものを材木搬出の帰りに町で買って先生まで届けてくれていたという。宿直という形で分校で寝泊まり自炊をされていた先生にとって、これは大いに助けとなってくれたことだろう。もちろん肥田先生のお人柄によるものも大いにあることと思うが、トラックの運転手が一定でないことを考えると,個人的なつき合いがあったからしたことということではないようである。また冒頭の写真にあるように、小原分校から尾羽梨ダムへ鍛練遠足へ出かけた時には、通りかかった製紙会社のトラックが子どもたちを荷台に満載して、山道を乗せていってくれた。「こんなとこ歩いて,どこ行くんやー?乗っていかんかいー!」そんな感じだったのだろう。写真を見ると子どもたちの嬉しそうな様子がよくわかる。きっとこの時のことを50年過ぎた今でも覚えている人たちは多いことだろう。今の時代なら「なんて危険なことを!」と大問題になりそうなことだが、そんなこと当時は誰も問題にするはずがない。問題にするかしないか、どちらがいいのかというような問題ではなく、「そういう時代だった」ということなのだろう。




この他、伊勢湾台風で強い風雨の時に村人の中にケガ人が出てどうすることもできず困り果てている時、たまたま通りかかった製紙会社のトラックが町のお医者さんまで連絡してくれ、それによってケガ人が一命を取り留めることができたということもきいた。その時「迎えに来てくれるなら往診に行く」といったお医者さん、そのことばを村に再び伝えに帰ったトラック運転手、お医者さんを車で迎えに行ってくれた人、台風によるひどい風雨、もちろん今のような舗装路ではなくぬかるんだ道、いつがけ崩れが起きても不思議ではないという命さえ脅かそうという大変危険な条件が重なる中で、それぞれの人の温もりがつながって人一人を救うことができた。今のようにそれぞれの家庭に車があるという時代ではなく、電気や電話さえまだ通じていなかったこの辺境の地では、誰もが助け合うということは普通のことだったのかもしれない。

この春、針川や尾羽梨川の谷を歩いた。その時に見たかつての山のにぎやかさの跡、そこには山から木を切り出すトラックと作業員の姿しか思い浮かばなかったのであるが、実は人と人との温もりも含まれていたということを、今回お話をうかがって知ることができた。当時の写真を見る幸子さんと肥田先生の「この人は力(りき)さんやわ」「おお、わしも知ってるわ」という会話を聞きながら、その思いをより強く感じたりした。

この日、肥田先生ならびに中谷幸子さんからは当時の大変貴重なお話を聞かせていただいたり写真を見せていただいたりした。またこのコーナーでもその時のお話などご紹介できれば、と思う。なおこの欄のモノクロ写真は肥田嘉昭先生ご自身が撮影されたものである。ただ私がその写真を撮影する際に手ぶれやピンぼけなどを起こしているものが多く、実際の写真の素晴らしさが十分にお伝えできないのが誠に残念だ。しかしその辺を差し引いても、写真から伝わってくるものは限りなく大きいのである。




http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2009/07/31 12:00】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。