スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#20 芹谷の美
~芹谷の美~

6月の中頃、芹谷のある過疎の村を訪れた。芹川沿いの道から林道に入り、細い舗装路を上ってゆく。杉林が多く、道の大部分は薄暗い。何度も道は折れ標高を上げ、もう一つの集落へ向かう林道の分岐点を越えるとその村は現れる。
村の入り口附近で、長い冬で傷んだ家屋の屋根を修理している人がおられたので、あいさつの声をかけて少しばかりお話をうかがう。最初は「何者?」という感じであったが、会話を交わすうちに少しずつ部外者の私への不信感がとれたようで、写真撮影をお願いした私に「どうぞ、どうぞ。奥には神社もありますよ。」と親切なことば。そして集落の道をさらに進む。

するとログハウス横に、青いTシャツにジーンズ姿の体格の良い男性が一人おられる。じっとこちらを見ているようだ。近づいて挨拶をすると気さくに返ってきた大きな声の挨拶に少しホッとする。そしてこの方にもしばしお話をうかがう。地域の歴史に興味を持っておられるようで、話がはずむ。とても親切にいろいろ教えてくださる。機会を改めてお話をうかがうことの約束??を勝手にさせていただき、さらに写真撮影に向かう。ひと通りの撮影が終わり帰ろうとした時に上ってきた山道を振り返ると、青い空に一本の飛行機雲が見えた。だいぶぼやけてはいるが、それがかえってやさしく感じる。そして手前には崩れかけた茅葺のトタン屋根の家屋。その間にある木々の緑。とても美しい色あいとコントラストの風景。

私は芹谷が大好きである。行けば行くほど魅せられる。いつも違った姿を見せてくれる芹谷の美が大好きだ。この日見た芹谷の美もそのうちの一つである。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2005/07/01 00:00】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。