スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#198 県下一の小さな学校は今?
~県下一の小さな学校は今?~






間もなく卒業式の季節を迎える。最近、この時期になるといつも思うことがある。それは「この春が最後の春」となる学校が、今年は全国でどれくらいの数になるのだろう、ということ。ここのところ毎年この時期になると、統廃合により長い歴史の幕を閉じる学校の話題が、地域のニュースや新聞で取り上げられる。それは山間部の過疎化地域だけではなく、都市部にも多い。また校種も小学校から大学まで様々。おそらくこの春も、最後の卒業生を送り出すという学校が、全国でかなりの数になるに違いない。





数年前、ある小さな小学校を訪れた。周辺の川の水が大変美しい学校だった。静かな山村にあるその学校の名は、長野県の阿南町立和合(わごう)小学校。立ち寄った時、たまたま運動会がグランドで行われていたので、少し見せていただいた。学校の運動会という割にやけに人が少ない。しかも小学校だけではなく、町民、保育園との合同の運動会というのに・・。人が少ないことを不思議に思ったものの、少しして「全校児童6人なんですよ、県で一番小さな学校!」という地元の方のことばを聞いて大いに納得。しかもその声が、やけに元気のある声だったのが不思議な感じがしたり、嬉しく感じたり。その時の様子は『たまに一言#81』で紹介させていただいているので、ご覧いただければと思う。運動会を見学したのはわずかな時間であったのだが、その何ともあたたかい雰囲気に当時、大いに感動したものだ。美しい川、静かな村そしてあたたかでこじんまりした運動会、その時の様子は今も私の心の中に強く残っている。





その後も、たった6人の学校のことが気になりしばしばネットなどで調べたりしていたが、慌ただしく過ぎる時間の中で、そのこともいつしか日々の記憶の中に埋もれていってしまっていた。そして卒業式のシーズンを迎える時期になり、消えゆく学校のことを思ううちに「あの時のたった6人の学校」のことが思い出され、気になって早速調べてみた。『もしかして・・」という心配の中、ネットで検索してみると・・あった!今年度も和合小学校は元気だった。しかも今年度(2009年度)は3人もの新入生があり、生徒数も10人に増えていた。そしてそれに伴い、先生の数も1名増となっていたのである。





早速、学校ホームページの「学校だより」を見せていただいた。そこには入学式や様々な行事での子どもたちの元気な姿や笑顔の写真をたくさん見ることができた。なんだかその様子を見ると、思わず心温かくなってくる。もちろん子どもたちや先生、村の人たちも一緒に写っている。何とも生き生きしたその表情、それらが全て見るものに伝わってくる。本当にすがすがしい気持ちになってくるのである。まるで和合に流れる清流や山の緑、澄んだ空気、自然そのままのすがすがしさだ。そして、そういう環境の中で幼少時代を過ごす子どもたちを心からうらやましく思ってしまった。きっとこの先、大きくなって故郷を離れることになったとしても、ここで育った子どもたちにとって、この時期の体験や故郷への思いは一生の財産となることだろう。

いろいろな学校のサイトを見たりするが、学校のサイトも様々。子どもたちの様子をそのまま写真で伝えているもの、できるだけ個人が認識されないような写真を使っているもの、個人と認識されそうな写真には画質を劣化させたりモザイク処理などをしているもの、そして子どもの写真はサイトなどでは使用しないもの・・。今の時代、どれが良くてどれが悪いなど言えないだろう。しかし、見せ方によって見る側に伝わってくるものの違いが大きいことは間違いない。背景にある様々な問題を考えずにそれらサイトを見るとしたら、多くの人たちが求めるものが何なのか、多くの人たちが温かく感じるものは何なのか、は明らかなこと。しかしそれらが素直に表現できないところに、すがすがしくない今の社会の悲しさがあるように感じたりする。





今年は、この和合小学校から何人の児童が卒業するのだろう。そして新年度には何人の新入生が入ってくるのだろう。今、4年前に撮影した運動会の写真を見てみると、小学校に入る前の小さな子どもたちの姿も何人か写っている。この中にはきっと今年の4月に小学生になる子もいるはず。新春は、全児童数何人でスタートするのだろう、県下一小さな学校という称号??は今年も引き継がれるのだろうか、等々よそ者の自分であるが、思い入れを強くしてしまうのである。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2010/02/15 23:22】 | その他山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。