スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#219 芹谷を走って下りる
~芹谷を走って下りる~






芹谷を走って下りる。「え?ここから谷まで?」と驚いて聞き返した私に、「そんなん、10分くらいで下りれたんよ。」というオバチャンのことば。それに更に驚いた。「10分で、山道を走って?」「そう、そう。今の道やったら40分くらいかかるけどねぇ。」
このオバチャンにはこれまでにも何度かお話をうかがっていて、この谷を走って下りる話は以前にも聞いたことがある。このコーナーでもそのことを既に書いたと思っていたのだが、調べてみても出てこない。どうやら前回お話をうかがった時に、書くつもりでいながら書いていなかったようだ。ということで、今回再びお話をうかがうことができたので改めて書いてみたのだが、それにしても芹谷中腹から谷の底まで10分で行けるなんて、本当に驚きだ。

















ここは芹谷の中腹に位置するある山村「桃原」、谷底の芹川沿いの道から分岐して車で車道を10分くらい登った所にある小さな集落だ。春は福寿草、夏は紫陽花、秋は紅葉、冬は雪化粧を施した老家屋の風景など四季折々の山村の美しさを、訪れる者に見せてくれる。私もそれが見たくて、年に何度かは必ず訪れる。それでもやはり時の流れの容赦なさは確実にこの村の形を変えている。歪みながらも体裁を保っていた廃屋の屋根は落ち、力尽きたとばかりに、ただ崩れるのを待つばかり。道路沿いにあった立派な土塀のある堂々とした老家屋も、昨年には解体されたのか跡形も無く、現在は更地となっている。集落内の家屋も、外観は普通に保っていても実はかなり傷んでいると思われるものも少なくない。そんな中、今でも庭がきれいに手入れされ、人の温かさが伝わってくる家屋も何軒かあり、そのうちの一軒にお住まいなのが、冒頭のお話を聞かせてくれたオバチャンだ。













その方は、この地で生まれ、この地で育ち、就労後もここを離れること無く生活をし、やはり同じ「桃原」生まれの方との結婚の後もここで生活を続けて子どもたちを育て上げた。そして老いた今もこの地で暮らす。「桃原」一筋に生きてきた、生粋の「桃原」の人なのである。「この辺は全部畑やったん。ゴンボ(ごぼう)とサトイモやったねぇ。タバコも作ってたよ。」ということで、現在杉が植林されている所はほとんど全てが畑だった。そしてその畑は冬場になると、そのままスキー場に変わる。スキー場自体は昭和30年代に廃業していたみたいだが、その頃のここの景色は今のうっそうとした感じとは全く違い、大変見通しのよい高原の風景だったという。そして学校に通う子どもたちは、畑の間の山坂道を駆けるようにして下って、谷底の学校に通っていた。芹谷小学校ならびに多賀小学校芹谷分校だ。そして、その谷底までの通学時間が10分。
それにしても、そのお話をうかがっても、どうしても10分で谷まで下りるということが、今の風景からは想像できない。以前、地元の方にこの地周辺の古い航空写真を見せてもらったことがある。その写真を改めて見てみた。その写真には、現在の「桃原」への道の、橋を渡ってから一つ目の大きなカーブあたりから上が全て畑になっている風景を見ることができる。開けた畑の風景の中に家屋が点在するという感じで、まさに高原の風景がそこに広がっていた。それを見ると「うん、これならば元気な子どもの足なら10分で駆け下りれるかもしれない」と納得できるのだが、やはり今の杉林の暗い風景からはなかなか想像がつかない。













有名な作家である大仏次郎(おさらぎ じろう:1897年~1973年)が、昭和42年7月にこの「桃原」の地を訪れ、その時のことが『今日の雪』という随筆集に書かれているという。「桃原」集落の集会所に掲示されている『私たちの字「桃原」の紹介』という掲示物の中でそのことが書かれており、随筆集に書かれている内容が紹介されている。そこには当時の「桃原」の、山の斜面が耕されてゴボウやタバコ畑になっている様子や、日当りの良い所は畑にあてられ人々は日陰に住んでいる様子、さらには家の周囲や畑に雑草が多く、歪んだ廃屋なども見られるなど、当時の過疎が進みつつある情景なども描かれている。また「桃原」の人たちが、相当裕福らしかったという表現も見られる。そして最後は、何も無い高い山の村で、「桃原」は決して桃源でなくわびしく淋しい、というようなことばで閉められていた。

これは当時の「桃原」の様子が書かれた大変貴重なものであるが、「裕福ではなかったよ。そんなんあんたー、ゴンボとサトイモだけで1年間暮らせるはずないやん」というオバチャンの切実なことばが、そのパッと見の印象とは違った当時の実態を物語る。確かにそうだ。ゴボウとサトイモだけで十分な収入があったなら、畑を潰して植林することもないだろうし、何より人々が山を下りる必要も無いはず。もちろん中には持ち山の豊富な巨木を切り売りして裕福な生活をしていたところもあったかもしれないが、大多数はそうではなかったはずだ。実は私もこのオバチャンのお話を聞くまでは「桃原」は周辺の中では裕福な山村だと思っていた。他の芹谷集落に比べると土地も広く、一軒一軒の家屋も大きい。しかしやはり現実は、山の生活の厳しさだけではなく、高度経済成長の影で進む過疎化にも、大いに苦しんでいたのである。
大仏次郎さんは彦根の取材に訪れた時に、「桃原」のような村が山中にあるということを運転手に聞き立ち寄ったという。そして「桃原」を去る際に、お話をうかがった現地のおばあちゃんに、お昼ご飯として東京から持ってきた稲荷寿司を差し出している。めっそうもないと断るおばあちゃんだったそうであるが、何とか渡すことに成功したようだ。何かこのエピソードに、当時急激な変化を遂げつつある社会と、そこから取り残されようとしている山の村の光と影の部分、そのギャップがうかがわれるような気がしてならない。都市部が活気に溢れ、それとは対照的に全国の中山間地で過疎化減少が目立ち始めた時代の中で、この小さな山村の風景に、都会からのふいの訪問者は少なからず衝撃を受けたことだろう。













この日、オバチャンはたくさんの話を聞かせてくれた。そのどれもが嘘偽りの無い現実の話ということで、全てが大変興味深く貴重なお話だった。「私、年代が苦手やから、いつの話かはっきり言えんで申し訳ないわ」と何度も気にしてくれていたのだが、こういった地元の方の生活に密着したお話というのは何よりも説得力がある。お話ししてくれたこと全てが、生粋の桃原の人だからこそ話せる内容ばかりで、学者や研究者からは決して得ることはできない本当に貴重なものだ。そしてそこから得るものや学ぶことは大変多いと、聞く度に感じるのである。





今「桃原」には、1年を通してここで生活をされる方以外にも、冬場のみここを離れ子どもたちと暮らす方、年に何度か遠方からこの地に帰ってくる方、住んではいないが頻繁にここに帰ってくる方、離れていたがこの地を消さないよう再び畑を始めようとしている方等々、様々な思いで様々な立場で人々が帰ってくる。しかし帰ってきている人の大部分は、この「桃原」で生まれ、故郷として「桃原」を見ている人たちである。当たり前と言えば当たり前なのだが、それより若い世代になると故郷は別の地となるのでほとんどこの地への関心は無いという。このオバチャンの息子さんも「桃原」育ち。「息子は、いずれここに帰ってきたいって言うてるん。そやけど、やめとき!って言うてんのよ。そんなん、ここはなんにもあらへんでしょう。生活できひんよ。それに何かあった時に危ないやん」と言いつつも、その息子さんの望郷の思いが何より理解できているだけに、そのことを語る時の表情は何とも言えない笑顔になる。そして今、自分自身が息子さんから同じような心配をされていることもよくおわかりなのだろう。









雪どけを待つようにしてこの「桃原」の地に帰ってきてからは、静かになった故郷で静かに暮らす。「なんでやろう、ホッとするん。なんでかってことは説明できひんのやけど、ほんとうホッとするんよ。」「息子も嫁もほんまにようしてくれるし、下の生活には何の不満も無いんやけど、それでもここに帰ってくるとホッとするん。」これまでにいろいろな地で、いろいろな方に消えゆく故郷や、既に消えてしまった故郷のお話をうかがったが、大部分の方がこのオバチャンと同じような思いを話される。不便極まりない山奥の地、それでもそこはその人たちにとっては心の拠り所となる場所。これこそまさに故郷への思い、それ以外の何ものでもないということを強く感じる。





10分で谷へ下りた道、そのことが最後まで気になって「子どもだった頃に走って下りた道は、今どうなっていますか?」と尋ねてみた。今はもう杉が植林されてしまい、当時の面影はほとんど残っていないという。それでも「行ったらすぐにわかるよ。わたしも足が大丈夫やったら、すぐに行って教えてあげるんやけどなぁ・・」と何度も残念そうに言ってくれた。ぜひ教えていただきたかったのだが、やはり健康と安全は第一である。それでもそう言ってもらえたことが、とても嬉しかった。そして、オバチャンからこの話をうかがって以来、杉の木で鬱蒼とした桃原の風景の中にも、明るく爽やかだった頃のかつての風景を普通に感じられるようになった。山村を訪れる度に好きになっていくのは、やはり今の風景だけではなく昔の風景もそこに見ることができるようになるから、そのことを改めて思ったりするのである。





http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2012/07/18 05:08】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。