スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#244 動く村 「越波(おっぱ)」
~ 動く村 「越波(おっぱ)」 ~






 これまでにも何度かこのコーナーでご紹介している岐阜県の山村「越波(おっぱ)」。本巣市の最北部(旧根尾村)にあるこの山峡集落は、いつ訪れてもたいそう美しい季節の風景を見せてくれる山里らしい山里だ。福井県境に近いこの周辺には「越波」の他に「黒津」「大河原」という集落があるが、いずれも冬場は雪に埋もれ、年間を通して居住している人はもういない。冬季に無住となってからもうずいぶんと年数が経つが、それでも「越波」では、雪解けを待つようにして今も人々が帰ってきて、畑仕事、家屋や周辺の手入れなどに精を出す。数多く残る老家屋や耕された畑、神社や古刹、木造校舎などの風景は、多くの人が住んで大いににぎわっていた頃の面影を今も残す。













 その「越波」に昨年の秋と、雪解けの林道開通を待ったこの春に二度ばかり訪れた。それはある一通のメールがきっかけだった。そのメール、差出人は松葉三郎さんという「越波」のご出身の方で、その時に公開していた当サイト ‘たまに一言’『#238 越波(おっぱ)集落と、リキさんのこと』をご覧になって連絡をいただいたのだった。そして松葉三郎さんは、その『越波のリキさん』に登場する、現地でお話をうかがったご夫婦のご主人の弟さんでもあった。連絡をいただいた時の「私の兄だと思います。」というその文面に、何ともいえない嬉しさを感じたものだった。





 これまでに、いろいろな山の集落を訪問した様子などをサイトでご紹介しているが、やはり実際にそこにお住まいだった方やその関係の方から連絡をいただくのは、また格別なものを感じる。もしかすると「勝手に人の村をネットで晒すな」といった苦情も来るかもしれないな、など思いながら村を実名のまま公開する時もあり、それだけにこうした集落の方からの連絡には心安らぐものがある。この時も、「越波」を取り上げたことを喜んでいただけていたようで、本当に嬉しい限りだった。そして、こちらの「いろいろお話をうかがわせてください。」という早速のお願いにも快諾いただき、急遽、秋の「越波」訪問となった。





 山深く積雪の多い集落が廃村に至るまでの過程を見た場合、通常は過疎が進んでいくとやがてはこの「越波」ように冬季無住となり、そうなることで家屋の傷みが一冬ごとに進み、程なくして家屋は倒壊して廃村状態へとなっていく。豪雪地帯と呼ばれるような地域では積雪などによるダメージが大きく、それはより早い時間で進む。









 ところが不思議なことに、この「越波」集落は豪雪地帯でありながらも、そういった多くの過疎集落がたどる廃村への道とは違い、今も美しい村の姿が保たれている。もちろん主が来ず傷んでいく家屋もあるが、新たに家が立てられたり、毎年畑に作物が実ったり、分校校舎が改修されたり、なんと最近になって携帯電話のソフトバンクが通話圏内になったりなどもしている。驚くことに、ここ数年は村が元気を失わない、というかより元気になっているような感じさえするのだ。これだけの山深い所であるのに、‘村が動いている’この感じがずっと不思議でならなかった。そのこともぜひ知りたいと思いながらの、松葉三郎さんとの出会いとなった。





  昨年の11月の初め、いよいよ秋本番というある日「今、ちょうど山に散策道を作って作業しているから、そっちで会いましょう」という事前の約束のとおり、山の作業現場へ向かう。折越林道の峠を越えて少し行った所に2~3台の車が停まり、その横に散策道の入り口と思える場所を見つける。早速登っていくが、日頃の運動不足ですぐに息が上がってしまう。ハアハア喘ぎながら10分くらい登っただろうか、やがて人の声が聞こえ、あちらでも「誰か来るぞ」という声。その声のする作業現場につくと3人の男性の姿があり、ちょうど散策道の終点の展望台の仕上げをされているところだった。
 自己紹介をする。3人は、メールをいただいた松葉三郎さん、そして後藤さん、クマさんと呼ばれている方。松葉さんと後藤さんは「越波」のご出身で、クマさんは他所から作業のお手伝いに来られているとのことだった。山の中での肉体労働は大変だろうが、3人からはそういったしんどさなどまるで感じさせない清々しさがあった。それは、散策道がちょうどこの日に完成ということもあったのかもしれないが、何よりその道を作ることに意義とやりがいを感じられているから、など勝手に思ったりもした。





 山の散策道は、何もない全くゼロから工事で、全てが手作業で進められていた。もちろん観光地にあるようなコンクリートで固められた贅沢なものではなく、人一人が通れるくらいの幅の登山道だ。それでもこれだけの山道を数人の手作業で一から切り拓いていくのが大変な作業というのは、素人目に見てもわかる。その細い山道を少し歩いて辿り着く展望台、観光地でないこの自然に近い感じが、自分のような人間にはピッタリとはまる。そして、そこから見える越波の山のV字谷。その光景に思わず「うわー!」と声が出る。





 しかし「そんな驚くほどやないで、こんなん山に登ったらなんぼでも見えるで(笑)」ということで、地元の方にとってはごく普通に見慣れた風景であるようだ。あと少しというところで「越波」の集落そのものは見えないのだが、それでも腰をおろしてずっと見ていたくなる美しい山の風景。その幾重にも重なる遠くの山々のシルエットは、ここが山深い所であることを感じさせてくれる。この谷、そしてさらに先の谷にも集落があることなど、この風景だけではイメージし難いのだが、現実に視界のすぐ先に「越波」集落があるということで、ここが隔絶した山峡集落であることを再認識する思いだ。
 せっかくなのでそこからの越波谷の風景を撮影し、その谷をバックにして「越波」ご出身のお二人の写真も撮らせていただく。「春にはシャクナゲがきれいに咲くよ。」とのことで、春の越波谷への思いも高まる。下の写真は、左が松葉さん、右が後藤さんだ。









 山にこうして拓かれた散策道、自分などは山野草の盗掘などをよく話に聞くので、そのことが心配になってしまう。すると山野草どころか、集落では畑に育った芋なども平気で盗っていく輩がいるとのこと。そういう経験もされているのに、こうして散策道を拓いて外部の人を招き入れようというのは危険なのでは?などという思いがよぎる。せっかくのシャクナゲも乱獲されて持ち去られてしまったりしないのだろうか、とその時は理解できず不思議に思ったりもしたのだが、それは後になって実に視野の狭い発想であったことと気づかされることになる。









 この後、散策道現地から(旧長嶺小学校)越波分校跡に場所を移し、松葉さんにゆっくりお話をうかがうことになった。
 この木造校舎、自分にとってはずっと憧れだった。外からは何度も見ているが、分校の中に入るのは初めてなのでなんだか嬉しい気分だ。いきなり演歌のポスターが目に付く。「なぜ??ふるさと越波??越波ご出身の方なんですか?」「いや、違いますよ。」「??」
 この歌い手さんは、なんでも岐阜県のご出身で、「越波」とは全く縁の無い方ではあるが、「越波」のその風景に魅せられて「ぜひ歌にしたい」ということだったという。曲名からすると、「越波」に故郷のイメージを強く感じられたのだろうが、何だかそう感じられたことには大いに共感できてしまうものがある。自分も、「越波」には全く縁の無い外部者であるが、初めて見た時からその風景に故郷のイメージを強く感じたものだった。「越波」集落のこの風景、やはり訪れる者に何か訴えかけてくるものがあるようだ。





 この日、松葉三郎さんからたくさんの貴重なお話をうかがうことができたのだが、今回は「村が動いている、村が元気になってきている」という不思議に思っていた部分についてをご紹介したい。

 「越波」でお生まれになった松葉三郎さんは、小学校を卒業されるとともにこの地を離れ岐阜へと出られている。お話をうかがった時のお年が73才というから中学校入学は60年ほど前、1955年(昭和30)頃となる。その頃の「越波」は戸数40・人口210で、まだ山仕事でも生活ができていた活気のあった時代。「子どもだけでも70人はいました。」というから、村は子どもたちの声でさぞかしにぎやかだったことだろう。三郎さんが「越波」を出て岐阜市内の中学校に学習の場を求めたのは、地元に通う中学校がなかったとかという山間部の事情によるものではなく、分校の先生の強いすすめがあったからだという。これはおそらく、三郎少年に潜在する能力の高さを見抜き、それをこの深い山中に埋もれさせてはいけないという担任の強い思いがあったからなのだろう。





 といっても分校の教育は4~6年生が1学級で、そこに教師が1人という複式学級。1つの教室で1人の先生が、違う学年の子どもたちを順繰りに教えてゆき、他学年を教えている間は自習という学習形態では、都市部と比較するとその6年間の学力差は天と地ほどの開きがある。さらに、進学した岐阜市の中学校が全校生徒2000人を超えるマンモス校で、山奥から1人出てきた少年はまるで大海に放り込まれたメダカ。






 「(越波の)言葉が通じない、僕の言うことが通じない。相手の言うことはわかるんだけど。だから毎日図書館へ行って本を読んで勉強しました。」
 というように、学力だけではなく全てにおいて違った新しい世界での生活は、わずか12才の少年にとっては大変な壁となった。通常なら、まだまだ親元を離れるには早すぎる年齢であっただろう。ただそれでも、「やらなければならない」という使命感ともいえる思いだけで努力を重ね、やがては志望高校へと進学し、一般会社への就労を経た後には新たに会社までも興す。そこに至るまでの努力や苦労は、我々では想像さえできない厳しいものだったに違いない。現在はそこでの社長業も引退され、「越波」への時間がと取れるようになっているが、現役で働かれている頃は、切った張ったの厳しい毎日の中で、「越波」に帰ってくることはほとんどできなかったという。
『#238 越波(おっぱ)集落と、リキさんのこと』でご紹介したように、三郎さんのお兄さんも故郷「越波」で、全国でも先駆けとなるアマゴの養殖を起業されて、それを軌道に乗せることに成功されている。「越波」で生きる、「越波」を離れて生きる、それぞれ活躍の場は違うが、生きていく中で共に時代の流れにつぶされること無く新たに起業するという志は、共通していたといえるのだろう。









 現在の「越波」を語る上で大変重要なものの一つとして、上大須から越波までの林道「折越林道」の存在がある。それ以前の上大須~越波のルートは、車がまともに通ることができない山道だけだった。したがって折越林道ができるまで、車で「越波」へ行くには、酷道なるありがたくない名前で呼ばれるR157を通っていくしかなく、しかも「越波」はその最奥の村として位置していた。
 ご存知のように、この国道157号線は、崖崩れや崩落などで通行止めが大変多い断崖絶壁の危険な道。「落ちたら死ぬ」の看板で有名な、あの道なのである。実際何名もの犠牲者も出ている。地形的に改修がなかなか難しいようで、もし折越林道の存在が無ければ、今のように楽に安心して「越波」には行けなかったことは、容易に想像がつく。そうなると帰ってくる人の数も回数も必然的に少なくなり、家屋も今のような状態には保てていなかったはずだ。畑が荒れ、倒壊家屋が増えていくと、帰る人はより少なくなる、するとさらに村は荒れ人が帰らなくなるという悪循環が発生し、村は荒廃を早める。このことを思うと、新しい折越林道の完成は、今ある「越波」とは切っても切れないほどの重要な関係にあったということがわかる。
 もちろんこの折越林道の開通以外にも、村を離れても人々の故郷への思いが強かったことや、村に杉の植林がされず鬱蒼とした林にならなかったこと、なども荒廃しなかった大きな要因ではあっただろう。ただそれでも、その村の人たちが安心して通える道ができたことのメリットはやはり大きかったように思える。そして、その折越林道の開通が、実は松葉さんと大いに関わっているのである。









 折越林道が通っている山の多くの場所は、松葉家が先代より引き継いできたもの。そこに道を造りたいということで、当時の根尾村から話が来たそうだ。所有地に道が建設されるのであれば、所有者は当然土地の買い取りや補償金などを要求するところであるが、松葉家は「お金もいらないし、土地も自由に使ってください。」と返事されたという。村の予算が乏しいことへの配慮もあったかもしれないが、何より、安全に「越波」へ行ける道が早くできることが第一、と考えての英断だったと思われる。
 道ができることによって、元の住民も頻繁に帰ってくることができるし、外部の者が訪れたりもできる。ひいてはそれが「越波」集落の存続にもつながる、そう判断されたのだろう。補償金や土地売買など目先の小さなことにこだわること無く、その先を見据える、背景にそういう事情があっての折越林道の開通だった。その結果、国道であるR157より、今や折越林道の方が遥かにメイン道として利用価値の高い重要な道になっているのは、R157の大型工事車両がこの林道を利用していることからも明らかだ。






 この話は、先の越波谷の見える散策道造りにも通じる。植物の盗掘など、目先のチマチマしたことにこだわって道づくりを中止にしたり遅らせたりするより、まずそこに人が訪れ「越波」の美しさを見てもらう、訪れた人が楽しめたり、また来たくなったりできるような環境づくりを先決と考え、それを整える。その結果、「越波」に人が多く訪れるようになって、‘動く越波’となり得る、ということだ。
 「シャクナゲとか大丈夫でしょうか?」と質問した自分が何とも恥ずかしくなってしまう。






 分校校舎の改修と将来計画、ソフトバンクの通話圏内なども‘動く越波’の一環で、この動きは今も進行中だ。‘地域おこし協力隊’の方もインターネット等で積極的に「越波」の情報発信をされ、それを見た若い人たちがやって来る。さらに三郎さん自らも「ふるさと越波」というホームページを立ち上げて「越波」の歴史や魅力などを詳しく紹介したり、facebookなどによる情報のやり取りの場も作る。それらを活用して、この春にはボランティアを募り、集まった若い人たちとともに雪で崩れた散策道の補修を行ったという。昨夏に企画した「蛇池で遊ぼう」という昔の遊び場を蘇らせたいというテーマのイベントでは、全国から多くの若い人たちが集まり、今年もいろいろ企画されるそうだ。おもしろいのはリピーターの人たちが多いこと。やはり「越波」の魅力を感じられたのだろう。
 このように 「越波」は、現在の区長でもある松葉三郎さんを軸としながら、地元の人たち、これらを応援・支援してくれる内外の人たち、など様々な力がうまく噛み合わさって、こういう厳しい状況下にある集落としては類い稀ともいえる‘動く村’を作っている、そう感じるのである。









 これまでにない新しい動きゆえ、地元の中でも全ての方が賛成しているわけではないのかもしれないし、外部の人が入ってくることで今後様々な問題も起こってくるのかもしれない。そこは、将来のどんな「越波」をイメージするかで分かれてしまう部分なのだろう。しかし何より、この時代の流れの中で、廃村になりかけていた一つの歴史ある山深き集落が新たに元気を取り戻していることは、本当に画期的なことであるように感じてならない。そしてそれが、一つの企業が営利目的でやっているのではなく、地元の人たちが中心になって動いていることに大きな意義を感じるのである。
 この従来の過疎集落とは違った「山深き集落の動き」はやはり注目されているようで、今はTVや新聞などの取材も少なくないという。岐阜、愛知など地元のテレビ局が中心で、残念ながらこちら(滋賀)では目にすることはできないのだが、そういった地域の方々なら目にしたり聞いたりしたこともあるのではないだろうか。









 不思議に思っていた ‘動く越波’のこと、お話をうかがう中で自分なりにその理由が理解できたように感じる。その‘動く越波’の中心となられている三郎さんだが、ご本人は故郷再生などの大それたことは思っておられないようで「ただ自分が動ける限り越波が生きててほしい」という気持ちで「自分でできることをやってみようかな」ということだそうだ。そしてその奥底には
 「自分が生まれた所って、全てのものに見覚えがあるものなんですよね、岩一つにせよ、せせらぎ一つにせよ、全部が子どもの頃と同じじゃないですか。朝起きて体の調子のいい時はついつい車に乗って、こちらにやってきて、あそこの草刈ろうかな・・とか」
 という故郷への温かい思いが流れている。それは「越波」集落をゆっくりと流れるあの小川のように、自然によどむことなく流れているように感じる。一方で「村を盛り返すということがどこまでできるか・・、ここで生業に出来るものがあるのかといえば・・、コンビニもないですしね・・。」という厳しい現実も冷静に見る。そして、個人や地域だけではどうしようもない問題が、そこには見えてくる。









 春の「越波」と展望台からの風景が見たくて、連休明けに急遽訪れた。ついた時刻が遅くゆっくりはできなかったのだが、展望台からの美しい越波谷を見ることができた。満開とはいえないがシャクナゲも咲いていた。この冬の大雪で散策道のあちこちは崩れていたものの、道は健在。集落を歩くと、あちこちにきれいに耕された畑が見える。そして、小川の清流と道に咲く花が春を感じさせてくれた。きっと連休に多くの方が帰ってこられて、春の心地よい故郷を味わいながら畑仕事に精を出されたことだろう。













 やがて村の端にあるお寺が見えてきた。願養寺だ。薄暗くなった寺の境内にある鐘撞き堂、最後にそこで鐘を撞いた。控えめに3度撞いた鐘の音が、静かな村に響く。その音の余韻にひたりながら集落をふり返ると、そこには春の山里の風景が見える。そして、しばらくボーッとしながらこの日見てきた風景を思い出す時、「春の越波は、より美しい」そう感じるのだった。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事

テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報

【2015/06/24 11:20】 | 岐阜県山村・廃村・自然 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://tamanihitokoto.blog87.fc2.com/tb.php/252-4254fe86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。