スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#25 過疎の村の住民
~過疎の村の住民~


滋賀県と福井県の県境の過疎の村『天増川』を訪れた。10年以上ぶりのことである。少し前に分校校舎が取り壊されたという新聞記事を読んだが、分校そのものはそれよりずっと前になくなってしまっている。
分校が消えてしまった地で子供の姿を見ることはほとんどない。子供がいなくなったから学校がなくなってしまったのか、学校がなくなってしまったから子供がいなくなってしまったのか・・どちらなのかといえば、それはやはり両方なのだろう。そして学校を失った地に、子供のいる世帯が再び戻ってくることはまずない。5年たち、10年たち、さらに高齢化が進んでゆき、やがて過疎の村は・・。

過疎の村の住民は人だけではない。犬がいる。そして猫がいる。ここで私は人より先に猫を見た。廃屋の前で実に気持ちよさそうに寝ている。近づいてゆくと顔を持ち上げ少し警戒の姿勢を見せるが、逃げることもなく私のカメラにおさまった。やがて警戒がとけると目を細めて、また眠りの中にはいってゆく。猫には過疎化も何も関係ない。のんきに眠る。人はそれを見てホッとする。「ここはもうお年寄りしかいいひんよ」とその猫の頭を撫でながらお話をしてくれたおばあちゃん。猫の次に出会ったのが、そのおばあちゃんだった。でもその後は誰とも出会うことはなかった。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2005/08/12 00:00】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。