スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#34 峠の向こうの秋
~峠の向こうの秋~

急に肌寒くなってきた。半袖ですごすのもそろそろ限界に感じる今日このごろ、いよいよ本格的な秋到来というところだろうか。

秋といえば紅葉。緑一色だった山の色も少しずつその彩りを変えつつある。今年の紅葉は、どのような風景を見せてくれるのだろう。そういえば一昨年の秋は、滋賀県の湖西地方の西端にある「小入谷峠」を越えて福井県のある集落を訪れた。そこにあった過疎の村の風景、何とも寂しく、そして美しかった。
ある茅葺屋根の家屋は、周りの秋の風景と一体化して自然にかえろうとしていた。先祖代々続いてきた家屋を、長年にわたって守り続けてきた主も、もうその地を訪れることはないのだろうか、手入れされなくなった茅葺屋根は全面にわたって緑の苔に覆われ、当然かのように周囲の色にとけこもうとしている。これから迎える寒い冬、屋根に雪が積もって柱をきしませようと、その雪が降ろされることはもうない。老家屋は一人で冬を越す。主を失ってから、もういくつの冬を一人で越したのか・・。そしてこの先、いくつの冬を一人で越そうとしているのだろうか・・。

あれから2年、あの老家屋は今はどうなっているのだろう。無性に見たくなってきた。この秋、もう一度見に行こうと思う。秋の紅葉とともに。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2005/10/21 00:00】 | 福井県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。