スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#36 公開1周年と「名も無き林道」
~公開1周年と「名も無き林道」~

現在、岐阜を訪門中である。雪が降る前にいくつかの廃村を訪れておきたいと思ったからだ。出発前に候補をしぼり岐阜に向かう。幸い天気も快晴、言うことはない。
・・と思った。

しかし爽やかな青空とは裏腹に、私の心は思いっきり曇り空となってしまった。行く先々、そこへのアプローチの道がことごとく通行止めとなっているのである。廃村をめざして長い距離を移動し、山道に入り、ようやくというところで無情の通行止め看板。仕方がないとは言え、やはりやりきれない。落ち込んだ。

諦めと落胆で車を走らせ、もうすぐ日が沈むという時、ふと一本の道を見つけた。何気なく入ってみた。舗装路がしばらく続き、その脇に未舗装路の起点がある。特に林道名の標示もない。何の期待もなく入ってみた。
ところが路面は適度に荒れており、なかなか面白そう。いや、路面だけではない。けっこうまわりの紅葉が美しい。
やがて夕陽の赤い光がさしてくると、風景は更に美しくなる。その光は赤や黄色の木々の葉をさらに引きたて、林道脇そして向こうの山々までを赤く、そしてオレンジ色に輝かせる。陽が低くなると更に光は赤みををび、まるで山全体が燃えているかのように見える。その手前ではススキの穂が逆光の中で美しく光る。何とも言えず美しい風景が目の前に広がっているのだ。そしてそれは、林道を進むたびに新しい風景として次々と私の視界に飛び込んでくる。
沈んでいた心が一度に晴れてしまった。 フラれ続けた廃村のことはもう頭にはない。起死回生の逆転ホームランが、旧荘川村の「名も無き林道」から生まれたのである。

ということで、このホームページも今日で公開以来ちょうど1年になりました。予想以上の多くの方に来ていただき、たくさんの励ましや応援をいただきました。本当にありがとうございました。これからもがんばりたいと思いますので、よろしくお願いします。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2005/11/06 00:00】 | 岐阜県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。