スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#39 廃村『尾羽梨』分校のブランコ
~廃村『尾羽梨』分校のブランコ~

前回のこのコーナーで、針川にお住まいだった方に貴重なお話をうかがったことを紹介したのだが、その時に、当時の住宅地図なども見せていただいた。それを見て初めて、丹生小学校の尾羽梨分校や小原分校、奥川並分校などの位置を正確に確認することができた。『奥川並』。は1993年に訪れた際に校舎の建物を確認していたものの、その他は全くわからずじまいだったので、本当に貴重な資料であった。

今はもう全てが廃村となっている、丹生北部六ヶ字のうちの一つ『尾羽梨』。早速そこに、尾羽梨分校跡を確認に出かけた。これまでにも何度か来ているのだが学校跡に関するものは見つけられていない。現地に着いて、住宅図を元に学校があった所をじっくりと調べてみると・・「あった!」
夏場は大量の草に覆われて、とてもじゃないが見つけることはできないであろうという所にひっそりとそれはあった。ブランコである。錆びきった支柱は折れ曲がり朽ちようとしているものの、座面もまだ鎖につながっている。紛れも無く、まだ「ブランコ」であった。
『針川』『尾羽梨』の子どもたちが毎日通った、かつての木造校舎の姿はもうないが、学校があったこと自体さえ想像もできないような地に、今なお残るブランコ。ギーコ、ギーコというブランコの音が聴かれなくなって何年経つのか。このブランコの前に順番を争ってかけよる子どもたちの姿。村を去る直前に「最後に!」という思いで乗る子どもたちの姿・・。様々な思いが勝手に頭の中をよぎる。しかしなぜかその風景は全てモノクロ・・。

何十回と訪れた豪雪の冬にも負けず残るブランコ、あと何度の冬を越すのだろう・・。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2005/11/30 00:00】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。