スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#43 『越波(おっぱ)』の美人三姉妹
~『越波(おっぱ)』の美人三姉妹~

廃村などを訪れると、時に思いもかけない体験をする。

季節はずれの話題になるが、8月のお盆明けに岐阜県の廃村(正確には冬季無住集落か)『越波』を訪れた時のこと。初めての訪問であったが、この集落は予想通りの美しい風景を私に見せてくれた。太陽の照りつける猛暑の中、汗まみれになって集落の写真を撮っていると、思いもかけず女性の声がきこえてきた。「ねえ~、写真撮って~!」わが耳を疑った。廃村でこんな元気な声。しかも女性だ。確かに夏場で住民が帰ってきておられるとはいえ、ここは廃村。このようなことばが我が耳に入ってくるとは夢にも思わない。もちろんこれが街中であっても驚きであるが・・。
声の主の方を振り向くと、立派な家屋の前に3人の女性。「ねえ、写真撮ってるの?私たちも撮ってー!」と元気な言葉。うかがうと3人は越波で生まれ育ったご姉妹という。そういえばみなさん似ておられる。早速3人を玄関前で記念撮影。「モデル代は払えないけど、写真を送らせていただきますね。」と約束し、廃校横でしばし立ち話となった。この廃校は長嶺小学校越波分校。木造の美しい建物だ。資料を見せていただくと昭和53年に学級数1,生徒数1、教員数1となっているので、廃校(休校)となったのもその頃だろう。
一番元気で活発に話されるのは一番下の妹さん。この地で学校に通われてた頃は、さぞかし元気でにぎやかな3姉妹だったんだろうなぁ・・など勝手に想像する。
日なたの中での立ち話で汗をダラダラ流している私をみて、一番上のお姉さんが「普通の水やけどね」と冷水を持ってきてくれる。しかしこれがやけに美味い。生き返った気分になる。小1時間の立ち話の後「秋はもっときれいよ。ぜひ見に来たらいいよ。」「○○の収穫もしてるから見においで(○○は聞き取れなかった)」とのことばで、秋に訪れる決心をし写真撮影に戻った。

寂しさ、切なさが限りなく漂いがちの廃村訪問でこのような体験ができたことが、何かやけに嬉しかった。そしてこの3姉妹を「越波の美人三姉妹」と勝手に呼ばせていただくことにした。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2005/12/23 00:00】 | 木造校舎・廃校 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。