スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#49 雪の分校跡に残るもの
~雪の分校跡に残るもの~

うっすらと雪に覆われた道を上ってゆくと集落に着いた。下界と違い雪は多いが、ずいぶんと水分を含んでいる。同じ鈴鹿山系でも、ここよりずっと北に位置する芹谷あたりはもっと雪が残っているのだろうなぁ、など考えながらその集落の住宅図に目をやる。

やはり、あった。何の根拠もなくやって来た集落だが、思った通りそこには分校跡があった。何の下調べもしていないので学校名などはまるでわからない。地元の方にきこうと思ったが、寒いせいか人の姿は見られない。小一時間ほどブラブラしていたのだが、結局誰と出会うこともなかった過疎の村。
分校へと向かう小径は雪に覆われて真っ白だ。あるのは動物の足跡だけ。訪れる人もないその分校跡に残されているものといえば、コンクリートの門柱と定番の二宮金次郎像だけ・・。あとは真っ白な雪に覆われた広場。もちろん校舎など残っておらず、あるのは獣の足跡だけだ。
それでも、この分校跡を見て妙に心癒された。古びたかつての学舎を壊す時に、おそらく邪魔であったであろう門柱と金次郎像、それをあえて残したところになぜかホッとするのだ。

寒く乾いた心が少しだけ暖かくなった。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2006/01/28 00:00】 | 木造校舎・廃校 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。