スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#55 季節はずれの雪
~季節はずれの雪~

あと数日で4月、という時に季節はずれの雪が降った。といっても下界は雪ではなく、みぞれという感じだ。山を見ると白くもやがかかっているように見える。「おそらく雪だな・・」ということで早速行ってみた。

林道を上ってゆく。みぞれが次第に雪に変わってゆく。冬場は雪で閉ざされるこの林道も、今ではすっかり雪が融けて普通の道。その地面を再びうっすらと季節はずれの雪が覆う。林道の終点にある廃村も、うっすらと雪化粧をほどこしていた。今年の大雪は、この地域でも村のお堂がつぶされるなど多少なりとも被害が出たようであるが、この廃村も雪の影響か、かなり姿を変えている。シンボルとも言える家屋が解体されたのは別としても、その他の家屋の崩れが目立つ。しかしその残骸も雪で白く覆われることで少し雰囲気が変わって見える。
下界では梅が咲き始めているが、ここではまだ固いつぼみが見えるだけ。それも雪が覆い隠し、代わりに白い花を咲かせている。なかなか美しい。とは言っても季節はずれの雪のこと、おそらく明日までには姿を消していることだろう。まだ緑の少ない廃村の景色を明るくしてくれたこの雪が融け、またいつもの風景に戻る。

芹谷の本格的な春の訪れもあと少し。淡い雪景色を堪能しながらも、それを待ち遠しく感じる。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2006/03/29 00:00】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。