スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#58 廃村とゴールデンウィーク
~廃村とゴールデンウィーク~

今年も間もなくゴールデンウィークをむかえる。そういえば昨年のこの時期は岐阜県の林道や廃村を訪れていた。そのうちの一つ神岡鉱山の『栃洞』を訪れた時のこと。

栃洞地区の入り口あたりに1台の車が停まっている。見ると一人の年配の男性が感慨深げにかつての集落の方面を見つめている。声をかけてみようかとためらっていると、その方は車に乗り込みエンジンをかける。もしかしてと思い、思い切って声をかけてみた。「地元の方ですか?」「ずっと前にここで働いていた者です。」非常に丁寧に答えてくださるその年配の方は、やはりここの出身の方だった。
私が何か話したそうにしているのが伝わったのか、その方はエンジンを切り、車から降りて色々なことをお話しくださった。私自身、神岡鉱山についてあまり情報を仕入れずに来たものだから、ほとんど的を得た質問はできなかったのだが、その方は親切にそして非常に丁寧に質問に答えてくださった。その一言一言に故郷を思う気持ちがこめられているのがよくわかる。その話に聞き入ってしまい、かなりの時間足止めをさせてしまったことを少し後悔しつつ、最後にお礼を言って別れた。
そして私は栃洞の集落の散策に向かった。するとまた一人の男性の姿。集落の奥からゆっくりと歩いてくるその男性は、先ほどの方より年齢はかなり若い。廃虚マニア?とも思ったが明らかにその表情が違う。声をかけてみると、やはりその方もここの出身の方だった。この方はここで少年期を過ごしたという。先ほどの方が親の世代としたら、この方は子の世代である。連休を利用して久しぶりに故郷を訪れたという。穏やかに語るその表情から、やはり故郷を思う気持ちがよく伝わってくる。私のような部外者とは明らかに違うのだ。たくさんお話を聞きたかったのだが、時間の関係もあり挨拶程度で終えざるをえなかったのが残念だった。

故郷を離れても、また故郷が廃墟となろうとも、故郷を思う心は消えることはない。しかし故郷の姿を見たいと思っても、現実には日々の生活に追われ、訪れることは難しい。できるのは、せいぜい大型連休かお盆休みの時くらい・・。
今年もこの時期に、かつての故郷を思い訪れる方が多いことだろう。そんな中、部外者の私であるが「少しだけお邪魔したいなぁ・・」など考える連休前である。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2006/04/29 00:00】 | 岐阜県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。