スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#62 廃村の住人
~廃村の住人~

先日、とある廃村を訪れた時のこと。この日は私にしては珍しく早起きして出かけた。8時過ぎに着いた廃村の風景は朝の風景。風が涼しく、光もやわらかい。いつものように写真を撮りながら場所を移動する。するとどこからか声が聞こえてくる。
「コロロロロ・・・、コロコロ・・」
こういう自然がいっぱいの場所なので、獣や鳥、虫などの声が聞こえるのは不思議なことではない。しかしこの時聞いた声はあまり聞きなれない「コロロロ・・」だった。しかも数が多い。カエルだろうということはすぐにわかった。しかし普段聞くのとは少し違うカエルの声。声の聞こえる方へ行ってみると、パチャパチャと水の音も聞こえる。それもけっこうひっきりなしに聞こえてくる。
「あの水溜めだ。」
その声の主は、近くに見える水溜めにいるらしい。近づいて見てみる。
「おお・・!」思わず声が出る。そこには数多くのカエルたちが集まり産卵の真っ最中。それぞれのカップルが求愛しあっている。そしてその多くがモリアオガエル。卵を産みつけるための特有の泡状の塊もいくつか見える。このモリアオガエルの泡を見るのは初めてではないが、モリアオガエルそのものをじっくりと自然の中で見るのは初めてだった。雌カエルの上に雄が乗っている。中にはその雄を払いのけようと数匹の雄が群がり寄る。

この村が廃村になって久しい。人が住んでいた当時もこのような光景が見られたのだろうか。それとも人が去って無人となった後に、この場所を産卵場とするようになったのか。まあ、それはどちらでもよいこと。いずれにしても彼らが、人がいなくなった後の村の住人(人ではないが)であることには間違いない。

何か思いがけずほのぼのとした廃村の朝を味わうことができた。そしてこの可愛い住人たちに感謝、感謝である。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2006/05/27 00:00】 | 自然・動植物 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。