スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#66 ダムに沈む村の、ダムに沈まぬ集落
~ダムに沈む村の、ダムに沈まぬ集落~

他に選択肢があったのかと言えば、それは「なかった」のである。選択肢なく村の人たちは全員故郷の地をあとにし、村全体が廃村となった。

ダムが完成し、その村にいよいよ水が貯められる。その村で唯一水没から免れる地域へ訪れてみた。眼下に谷を見下ろしながら進む山間狭路に、ひっきりなしに工事用ダンプが通る。できる限り工事の邪魔にならぬよう車を走らせる。途中の集落跡は工事でけずられ、ほとんど何も残っていない。その集落跡からさらに奥へ8kmあまり走らせると、その最奥の村に着いた。
そこは静かだ。新たに小さな小屋も建てられている。川向こうにも家屋があり、前の畑で女性が何か収穫している。それだけを見れば村があった頃の風景と変わらないのかもしれない。しかし集落の大部分はもう何もなく、家屋の痕跡を思わせるコンクリートの基礎が、のびてきた草の合間に見えるだけ。
その中にポツンと地蔵様が見える。きれいな花が供えられている。その横にはまだ草に覆われていないコンクリート基礎が見える。きっと家屋があったのだろう。しかし他とは違い、そこだけは草に覆われてはいない。なぜ?と思いながら地蔵様に目をやる。沈む夕日に照らされる地蔵様の寂しげな様子が、強く印象に残る。

帰宅後、名古屋テレビで放映された『ふるさとの記憶~カメラばあちゃんの伝えたかったこと~』という番組を見た。感動・・。その中にその地蔵様も映っていた。そして私が見た、地蔵様横のコンクリート基礎の謎も解けた。
このコンクリート基礎には今年の春、つい1ヶ月前まで家屋があった。徳山に残る最後の民家だったのだ。映像には、先祖代々伝わった土地の、我が家の最後を見守る老家屋の主の姿も映されていた。語り尽くせぬほどの思い出が詰まった我が家。壊されてゆくその老家屋をじっと見守る主の表情は、あまりに悲しく痛ましく、そして切ない。ご先祖様からの語りかけで、最後まで残しておいたというその家屋、ダム工事も終わり、何もかも終わり、最後に取り壊されることとなった。そして故郷は終わりを告げる・・。

故郷でありながら、もう故郷ではない。故郷が残ってはいるが、そこで生活することは許されない。故郷は既に独立行政法人水資源機構の管理下。
徳山村はいよいよダムに沈み始める。しかしこの集落「門入」だけはダムに沈まず、いつまでも残る。その様子を静かに見守り続ける地蔵様、今は一体何を思うのか・・。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2006/06/25 00:00】 | 岐阜県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。